イベント・舞台挨拶アニメ

『それいけ!アンパンマン ロボリィとぽかぽかプレゼント』公開目前イベント

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV ©やなせたかし/アンパンマン製作委員会2023

 1988年10月からTVアニメがスタートし、翌年の1989年3月には劇場版が初公開。昭和、平成、そして令和と3つの時代を通じて日本中に「愛と勇気」を届けてきたみんなのヒーロー、アンパンマン。映画&テレビ35周年、絵本『あんぱんまん』誕生50周年というアニバーサリーイヤーにあたる今年、“思いやり”と“笑顔”の大切さを描いた劇場版最新作『それいけ!アンパンマン ロボリィとぽかぽかプレゼント』が6月30日(金)より全国公開となる。
 6月15日(木)、横浜アンパンマンこどもミュージアムにて本作のゲスト声優を務め、〈ロボ彗星〉に住む、なんでも作れるロボットの女の子・ロボリィ役の桐谷美玲、なんでも作れるロボットたちでもたった1つだけ作れない“大切なもの”があることをロボリィに教える、ロボ彗星の長老・ロボじい役で人気お笑いコンビのトレンディエンジェル・斎藤 司、ばいきんまんとロボ彗星で大暴れするロボ・カビルンルン役のトレンディエンジェル・たかし、さらにみんなのヒーロー・アンパンマン役の戸田恵子、そしてアンパンマンの仲間たちも駆けつけた超豪華アンパンマン・ファミリーが大集結した公開目前イベントが実施された。

 イベントが始まりアンパンマンが登場すると、アンパンマンこどもミュージアム内の“パンこうじょう前ひろば”に集まった大勢の子どもたちは早くも大盛り上がり! さらに、ばいきんまんとの楽しい掛け合いも披露するとMCからの呼び込みで本作のゲスト声優を務めた桐谷美玲、トレンディエンジェル、そしてアンパンマン役の戸田恵子が登場! 特別ゲストの登場に会場からは割れんばかりの拍手が巻き起こり更なる盛り上がりを見せた。

 映画&テレビ35周年、絵本『あんぱんまん』誕生50周年というアニバーサリーイヤーにアンパンマンファミリーの一員となった桐谷はオファーを受けた時の心境を聞かれると「お話を頂戴して二つ返事で『やります!』ってお応えしてから、アフレコもドキドキしながら一所懸命やったので本当に公開を迎えるんだなって思うと緊張しますね。皆さんに受け入れてもらえるのかなって不安もあるのですが、私自身すごく楽しかったです。ロボリィちゃんの成長が素敵に描かれているので皆さんにも楽しんでもらえたら嬉しいです」と公開を目前に控えた想いを明かす。

 斎藤も「子どもがいますので、(映画に出ると話したときは)喜んでくれて、家族での地位がひとつ上がりましたね(笑)。携わることができて感激です!」と感謝を伝えた。対してたかしは「ロボ・カビルンルンをメインにしたスピンオフ映画が噂されていますよね?」とユーモアを見せると、斎藤が「そんなものやるか!」と即座にツッコミを入れる場面も。

 満面の笑顔で『アンパンマン』に携われたことへの喜びを語るゲスト声優に対して、1988年の放送第1回からアンパンマンの声を担当している戸田は「おかげさまで35年周年ということで、1年に1本、映画を作ってまいりました。私たちもこんなに長くやるなんて思ってなかったです。毎年あたたかいものを皆さんにプレゼントしようという気持ちでやってこられたことが嬉しいです。今年は桐谷美玲さんとトレンディエンジェルさんをお迎えして素晴らしい声を入れてくださってパワーアップしてギュッと締まった映画になっていると思います! ぜひ劇場で観ていただきたいですね」と記念すべき年に公開を迎える作品に自信を覗かせた。

 さらに35年間、アンパンマンを演じてきて心掛けていることを聞かれた戸田は「私たちは毎週集まって35年間やっているんですけど、そこで疲れた心を洗い流しています(笑)。逆にアンパンマンから教わることがたくさんありますので、絵の通りに私たちは吹き込んでいけば間違いはないと思いここまでやってきましたね」と振り返った。

 日ごろからお子さんと一緒に「アンパンマン」のアニメなどを楽しんでいるという桐谷は本日のイベント会場にもなっている横浜アンパンマンこどもミュージアムでの思い出について聞かれると「よく子どもを連れて遊びに来ています! いつもは皆さんと一緒でショーを見る側なので、今日はステージに立っているのが不思議な気持ちです」とプライベートでも遊びに来ていると話すと、斎藤も「横浜2回、福岡4回行ったことあります! 僕は奥さんの地元なのでよく福岡のアンパンマンこどもミュージアムに行っていますね」と家族とのアンパンマンエピソードを披露。

MCから映画の内容について聞かれた戸田は「アンパンマン たちが赤ちゃんになるというシーンがあって、私もよく泣きましたね(笑)。人間の心を持ちかねて戸惑うロボリィちゃんがいろいろ学んで赤ちゃんをあやしてあげるシーンがすごく可愛らしいです。あとロボリィの歌もあります。本当に泣けます! 感動! 今回はいろいろな要素がありますね」とアピール。
 そんな可愛らしいロボリィを演じた桐谷との共演に戸田は「昔、美玲ちゃんとはドラマで共演したことがあって、よもや母になって同じステージに立つとは思っていなくて、感無量です! ママになってアンパンマンに出てくださってありがたいですね。美玲ちゃんのロボリィがすごく合っていて、可愛いだけじゃない、戸惑いながら成長していくさまが声に生かされていてすごく良かったです!」と絶賛すると、桐谷さんも「すごく嬉しいです! アンパンマンの声が入っている状態で私はアフレコさせていただいたので、私がロボリィとして素直に反応していけるようにしてくださっていたのでありがたかったですね。あと先ほどおっしゃっていた赤ちゃんをあやすシーンもリアルに子どもと遊んでいた記憶を思い出しながら演じていました」とアフレコの舞台裏エピソードを披露。

 本作は〈ロボ彗星〉に住む、なんでも作れるロボットの女の子・ロボリィが、アンパンマンたちと一緒にたった1つだけ作れない“大切なもの”を見つける宇宙の大冒険に出かける物語。その大冒険を通してひとりの笑顔がみんなを笑顔にする【笑顔のプレゼント】のすばらしさを描いていることにちなみ、「最近プレゼントしたもの」を聞かれた戸田は「最近ようやく有観客で舞台ができるようになって、お客様の声を出して良いご時世にもなってきたので、皆さんから頂いた拍手が最近では大きなプレゼントでしたね」とコメントすると、桐谷は「息子がビーズを使ってママとパパにふたつ指輪を作ってくれたんです! それが本当に嬉しかったですし、心がポカポカしましたね。宝物です!」と満面の笑みを見せた。

 そして、会場にカレーパンマン、メロンパンナちゃん、ドキンちゃん、しょくぱんまんが登場し、戸田、桐谷、トレンディエンジェルとなおなじみの曲「サンサンたいそう」のダンスを生披露! 子どもたちも一緒に手拍子をして、踊りを楽しみ笑顔が溢れる一幕も。
 イベントの最後に戸田が「ぜひとも皆さんに劇場で観て欲しいです! 映画館では泣いちゃっても気にしないで大丈夫です。劇場は少し明るくなっているので怖くないです。映画館デビューは『アンパンマン』でしていただけたら嬉しいです。原作者のやなせたかし先生は『いつも人生は喜ばせごっこ』って、とにかく人が喜ぶことをやりなさい、とおっしゃってくださっていたので、その“やなせイズム”を引き継いで皆さんに届けようと私たちも35年やってきました。今年も素晴らしいゲストを迎えて素晴らしい作品になっていますので劇場でお待ちしております!」と公開を待ちわびるファンを前に挨拶し、温かい雰囲気に満ちた公開目前イベントを終了した。

 登壇者:戸田恵子、桐谷美玲、トレンディエンジェル、アンパンマン、ばいきんまん、カレーパンマン、しょくぱんまん、メロンパンナちゃん、ドキンちゃん

 (オフィシャル素材提供)

公開表記

 配給:東京テアトル
 6月30日(金)より元気100倍!全国ロードショー

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました