作品紹介

『ザ・レイド』

©MMXI PT. MERANTAU FILMS

イントロダクション

世界の映画祭で話題沸騰!ハリウッドも認めた10年に1本のアクション映画、日本上陸!

 第36回トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門観客賞受賞、第44回シッチェス・カタロニア国際映画祭ほか世界各国の映画祭を席巻、さらにはアクション描写の完成度の高さから全米公開され、続編の製作、そしてハリウッド・リメイクが決定。世界が熱狂したインドネシア発のノンストップ・ハイテンション・アクション『ザ・レイド』がいよいよ10月27日に日本公開!
 麻薬王が支配する30階建ての高層ビルに強制捜査(=RAID/レイド)に入った20人のSWATと、迎え撃つ無数のギャングとの、エンドレス・バトルが勃発! 銃撃戦、剣斬戦、そして世界50ヵ国以上で軍隊正式採用の最強格闘術“シラット”が炸裂。
 本作で主人公ラマを演じるのは、プロのシラット選手として国際的に活躍するイコ・ウワイス。世界的スターであるキアヌ・リーヴスの監督デビュー作『Man of Tai Chi』でハリウッド・デビューも決まった注目株を筆頭に、達人級の格闘家たちが繰り広げるハードな肉弾戦。ノンストップで駆け抜ける全編102分はまさにノンフィクションともいうべきアクション! アジアからハリウッド、そして世界へ……今アクション映画の新たなる伝説が始まる。

ストーリー

 ジャカルタのスラム街にそびえ立つ30階建ての高層ビル――麻薬王タマ・リヤディが支配するそのビルは、ギャング、殺し屋、ドラッグの売人たちのアジトだった。
 強制捜査に入ったジャカルタ警察のSWATチームは、麻薬王タマを逮捕するため、悪の巣窟たるビルの奇襲計画を実行に移す。だが突入は全て筒抜け……20人のSWATと無数のギャングとの激しい闘いが勃発する。激しい銃撃戦を経て、ひとりまたひとりと命を落としていく隊員たち。進めど進めど襲いかかってくる敵。使える武器は、銃、爆薬、ナイフ、家具、そしてインドネシア拳法“シラット”。
 残されたSWAT隊員は、全住人を倒し、難攻不落の犯罪ビルから脱出できるのか――。

 (英題:The Raid: Redemption、2011年、インドネシア、上映時間:102分)

キャスト&スタッフ

 監督・脚本:ギャレス・エヴァンス
 音楽:マイク・シノダ(リンキン・パーク)、ジョセフ・トラパニーズ
 出演:イコ・ウワイス、ジョー・タスリム、ドニー・アラムシャ、ヤヤン・ルヒアン、ピエール・グルノ、テガール・サトリヤ、レイ・サヘタピーほか

ギャラリー

公開表記

 配給:角川映画
 2012年10月27日、シネマライズ・角川シネマ有楽町他 全国ロードショー!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました