作品紹介

『STAR SAND -星砂物語-』

©2017 The STAR SAND Team

イントロダクション

 本作品の監督は、米国出身で、現在はオーストラリア在住の作家・劇作家・演出家である、ロジャー・パルバース。日本に住み、日本を行き来した約半世紀の間、日本の文学や映画作品に数多く接し、文壇・映画界をはじめとする著名な文化人らとの交友を重ねてきた彼の内奥には、さまざまな日本への想いが存在している。

 この映画は、そんな彼が初めて日本語で書いた小説を原作とし、さらに72歳にして初めてメガホンを取った「日本映画」である。

 映画『戦場のメリークリスマス』では、大島渚監督の助監督として、俳優とのコミュニケーション役や台詞指導などを担当し、国際合作の要となる一員だったロジャー・パルバース。その時から長らく友人関係が続いている作曲家・坂本龍一は、この作品のテーマに深い理解を示し、美しい旋律をこの映画のために生み出してくれた。

 ヒロイン・洋海(ひろみ)役を演じるのは、映画『秘密 THE TOP SECRET』で大友啓史監督に大抜擢されスクリーンデビューを果たした織田梨沙。流暢な英語を操り、時に感情をむき出しにする役どころを、物怖じすることなく演じている。

 脱走兵・隆康役には、沖縄出身の満島真之介。彼は真摯に役と向き合い、この両義性ある複雑な人物像に息を吹き込んだ。また、もう一方の脱走兵・ボブに扮しているのは、オーストラリアの実力派若手俳優、ブランドン・マクレランド。監督のいわば分身ともいえる、戦いを拒否して軍を抜けた若者を、深い理解をもって演じきった。

ストーリー

 1945年の沖縄。戦火から遠く離れた小島に渡り暮らし始めた16歳の少女・洋海(ひろみ)は、洞窟で日本軍とアメリカ軍からの脱走兵、隆康とボブに出会う。隆康とボブ、そして彼らの世話を焼く洋海の間には、不思議な関係が築かれてゆく。

 ある日、戦いで脚を負傷し、除隊を余儀なくされた隆康の兄・一(はじめ)が、養生のために洞窟にやって来るが、それは悲劇の幕開けだった──。

 2016年、東京。大学生の志保は、卒業論文のために教授から一冊の日記を手渡される。それは、戦時中に沖縄の小島で暮らしていた少女のものだった。志保は日記を読み、そこに封印されていた過去の出来事にわれ知らず迫ってゆく……。

英題:STAR SAND

(2017年、日本=オーストラリア、上映時間:110分)

キャスト&スタッフ

原作:ロジャー・パルバース「星砂物語」講談社刊
主題曲:坂本龍一
出演:織田梨沙、満島真之介、ブランドン・マクレランド、三浦貴大、吉岡里帆、寺島しのぶ、渡辺真起子、石橋蓮司、緑 魔子、ダンカン・ハミルトン、近谷浩二、沼田康弘ほか

公開表記

配給:The STAR SAND Team
2017年8月4日(金)から8月10日(木) 東京・ユーロライブ、8月5日(土)より横浜シネマ・ジャック&ベティにて公開 ほか順次公開

ギャラリー

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました