作品紹介

『アウトレイジ 最終章』

©2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

イントロダクション

 裏社会に生きる男たちの、仁義なき抗争を描いた大ヒットシリーズが、3作目にして最終章を迎える。抗争の舞台はシリーズ最大スケールの日本と韓国で展開。些細なトラブルをきっかけに、過去を清算する機会をうかがう大友と、花菱会トップの座をめぐる幹部らの“暴走”がはじまり、【張グループ】【花菱会】【山王会】【警察】が入り乱れる“全員暴走”の全面戦争へと突入。
 キャストには前作で生き残った、ビートたけし、西田敏行、塩見三省、白竜、名高達男、光石 研、松重 豊、中村育二、金田時男に加え、新たに大森南朋、大杉 漣、ピエール瀧、岸部一徳、原田泰造、津田寛治、池内博之など、最終章に相応しい“豪華強面”の男たちが集結。彼らが表で見せる暴力や傲慢な振る舞いの裏で、背負ってしまった苦悩や悲哀、滑稽な姿も、本シリーズの核心に迫る要素として重厚に描かれる。
 《怒号》《大金》《銃弾》が飛び交い、《裏切り》《駆け引き》《騙し合い》が連続する、アウトレイジ(極悪非道)たちの全面戦争!

©2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

ストーリー

 《関東【山王会】 vs 関西【花菱会】》の巨大抗争後、大友(ビートたけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下にいた。
 そんな折、取引のため韓国滞在中の【花菱会】幹部・花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。
 これをきっかけに、《国際的フィクサー【張グループ】 vs 巨大暴力団組織【花菱会】》が一触即発の状態に。激怒した大友は、全ての因縁に決着をつけるべく日本に戻ってくる。
 時を同じくして、その【花菱会】では卑劣な内紛が勃発していた……。

(2017年、日本、上映時間:104分、R15+)

キャスト&スタッフ

監督・脚本・編集:北野 武
プロデューサー:森 昌行、吉田多喜男
音楽:鈴木慶一
出演:ビートたけし、西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重 豊、大杉 漣、塩見三省、白竜、名高達男、光石 研、原田泰造、池内博之、津田寛治、金田時男、中村育二、岸部一徳ほか

ギャラリー

予告編

オフィシャル・サイト

http://outrage-movie.jp(外部サイト)

公開表記

配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野
10月7日(土)、全員暴走!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました