イベント・舞台挨拶

『宵闇真珠』初日舞台挨拶

© Pica Pica Media

 『ブエノスアイレス』『恋する惑星』など、映画史に燦然と輝く傑作を多数撮ってきた世界的撮影監督クリストファー・ドイルが監督を務め、現在シアター・イメージフォーラムほかにて絶賛公開中の『宵闇真珠』(読み:よいやみしんじゅ)が12月15日(土)に公開を迎え、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで開催された舞台挨拶に、主演のオダギリジョーが登壇。劇中で使用されているオダギリジョー作曲による音楽も披露された。

 数々の名作で撮影監督を務めてきたクリストファー・ドイルからの主演オファーについて、オダギリは「僕らの世代からすると、クリストファー・ドイルとウォン・カーウァイのコンビは偉大な存在。その方から声をかけていただけたのは、嬉しかったし驚きました」と喜びを口にする。

 映像の魔術師が監督を務める現場はどのようなものだったのか? オダギリは「大変だったというよりも楽しかったです」と述懐。「ほとんどテストもしないし、説明もなく『とりあえず、やってみようか』という感じなんです。(共演の)アンジェラ(・ユン)との2人でのシーンでも、とにかく1回、カメラを回して何が起こるか見てみようという感じで『いまのは○○だから、こう変えていこうか?』とか、やりながら作り上げていく感じでした」と明かす。

なお、映画のあるシーンで、オダギリ自身が作曲した「JellyfishSyndrome」が使用されているが、自身の曲が使われることになった経緯も、撮影の現場同様に行き当たりばったりのよう。

 「いきさつということもなくて(笑)、クリスとはよく飲みに行ってたんですが、そこで『いま何やってるの?』みたいな話になって、『最近、曲を作ってる』と話して、聴かせたら『使いたい』となった」とのこと。「軽いノリで飲み会で話してたことが実現されていく感じ(笑)。そういう感じですね、この作品自体が。最初から決まっていることなんて何もない――それが面白さだと思います」とオダギリジョーも先の読めない展開の中で映画が制作されていくのを楽しんだ様子だった。

 舞台挨拶では、その「JellyfishSyndrome」が改めて流されたが、オダギリは元の楽曲があって、それはジャズなんですが、自分でリミックスしました。(女性の)ボーカルだけで作っていて、ボーカルを加工してドラムやベースのように聴かせています」と説明しつつ「じっくり聴くようなものじゃないんですが……」と楽曲に耳を傾ける観客を前に照れ笑いを浮かべていた。

 登壇者:オダギリジョー

公開表記

 配給:キノフィルムズ/木下グループ
 2018年12月15日(土)、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました