イベント・舞台挨拶

『トップガン マーヴェリック』ジャパンプレミア・レッドカーペットセレモニー

©2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

 全世界待望のスカイ・アクション・ムービー最新作『トップガン マーヴェリック』が、5月27日(金)からいよいよ日本公開。遂に待望の来日を果たした、主演のトム・クルーズとプロデューサーを務めるジェリー・ブラッカイマーが公開を待ちわびる大勢の観客の熱気と拍手に包まれながら、満を持してレッドカーペットに登場! 『トップガン マーヴェリック』ワールドプロモーションツアーの最終地点・日本で、150発の花火と共に盛大なフィナーレを華々しく飾った!

 ついに待望の来日を果たし、多くのファンのみならず数多のメディアにも迎えられ、熱狂の中スタートした日本でのプロモーション。サンディエゴを皮切りに、メキシコ、カンヌ、ロンドンと、本作のプロモーションのために世界各国を飛び回った彼らが最後にプロモーションのため訪れた最後の地は、日本・横浜! 本作のワールドプロモーションツアーのフィナーレを華々しく飾る、ジャパンプレミアがついに開幕し、横浜大さん橋に設けられたレッドカーペットにトム・クルーズとジェリー・ブラッカイマーが登場した。コロナ禍で、サインといったファンとの接触が制限される中、行ったファン・サービスはなんと1時間以上にも! そしてイベントのクライマックスには、胸熱極まる盛大な花火が打ち上げられ、華々しいジャパンプレミアイベントを執り行った。

 23日(月)、100以上のメディアに迎えられた、熱気に包まれた記者会見場から一日。サンディエゴを皮切りに、メキシコ、カンヌ、ロンドンと、本作のプロモーションのために世界各国を飛び回ったトム・クルーズ。そんな彼が最後にプロモーションのため訪れた最後の地は、日本・横浜! トム・クルーズ、ジェリー・ブラッカイマーと、正にベスト・オブ・ザ・ベストの面々の来日を祝福するかのような晴れやかな空の下、横浜・大さん橋で執り行われたジャパンプレミア・レッドカーペットセレモニーには、全長93メートルにも及ぶド派手なレッドカーペットが設けられ、来日と本作の公開を待ちわびる400名もの招待客、そして数多のメディアが集結した。久々の超大型来日イベントとあって、開始前から会場が徐々に熱気と興奮に包まれていく中、まず初めに登場したのはトム・クルーズ! 登場したその瞬間、場内は歓喜の拍手に包まれ、会場のボルテージはMAXに! コロナ対策のため、サインができないといった制約があったものの、日本のファンを大事にするトム・クルーズらしく、グリーティングエリアに集まった招待客一人ひとりにしっかりと写真撮影対応でファン・サービスを行い、その時間は1時間を超すほどに。本来の予定時間を大幅に超えてしっかりと行った交流はファンを大いに喜ばせ、トムと会話を交わす方々の中には思わず涙を流す方の姿も……。多くの観客がトムの“神対応”に胸熱極まる様子をうかがわせた。そんな中、続いて登場したのはジェリー・ブラッカイマー。伝説のプロデューサーの登場に、再び会場は大盛り上がり! レッドカーペットに招待客と同様にズラリと並んだメディア陣による二人へのインタビューで「数年ぶりの来日でファンと対面した感想は?」という問いに対し、トムは「僕のほうが興奮しています! 本当にうれしく思いながら、特別な夜になりました。一生懸命この映画を作ったので。本物のジェット機も登場していますし、自分の飛行機も登場しています。みんなに笑顔をもたらすことができればと思って作りました。素敵な夏を過ごしてもらいたいと思います」と述べ、ジェリーは「エキサイティングでした。とにかく早く観ていただきたい。大きなスクリーンで観ていただきたいです」と熱く語った。

 晴天の下行われたレッドカーペットから一転して、夕暮れで横浜の街が夜景へと変貌していく中、プレミア会場も華やかにライトアップされ、最後には特設ステージへ登った2人。壇上に上がったトムは、改めて今回のイベントに来場した大勢のファンへ向けて「本日はお越しいただき、ありがとうございます!」と感謝の言葉を述べ、ジェリーは「日本にはもっと早く戻りたかったのですが、この最高の作品、最高のムービー・スターと戻ってこられて本当に嬉しく思っています!」と久々の日本へのカムバックに大興奮の様子。

 また、今日この場に来ることができなかった方に対してもトムは「この作品は皆さんのために作った作品です。ぜひ、皆さんにはこの映画を楽しんでいただいて素敵な夏を過ごしていただきたいと思います。そして本日ここに来ることができなかった皆さん、心配なさらないでください。来年の夏、『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE(原題)』で必ず戻ってきますし、また翌年も戻ってきます!」とサプライズ発言! 会場を大いに沸かせた。華々しいイベントの締めくくりには、トムからの、日本へのプレゼントとして、なんと花火が打ち上げられることとなり、150発もの打ち上げ花火が二人のバックで盛大に打ち上げられ、最後の最後まで大盛り上がり! いよいよ本作の公開に向けたクライマックスの到来をまじまじと感じさせるビッグイベントとなり、胸熱極まるジャパンプレミアイベントは幕を閉じた。

登壇者:トム・クルーズ、ジェリー・ブラッカイマー(プロデューサー)

 (オフィシャル素材提供)

公開表記

 配給:東和ピクチャーズ
 5月27日(金) 全国ロードショー

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました