最新ニュース

『ファミリア』特報映像・ティザービジュアル解禁

©2022「ファミリア」製作委員会

 

 役所広司主演映画『ファミリア』が2023年1月6日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開となる。
 先日、役所広司・吉沢 亮の初共演が明らかとなり、話題となった本作の特報とティザービジュアルが解禁となった。

 本作は山里に暮らす陶器職人の父・誠治と海外で活躍する息子・学、そして隣町の団地に住む在日ブラジル人青年・マルコスの3人を中心に国籍や育った環境、話す言葉などの違い、血のつながりを超えて強い絆で“家族”を作ろうとする人々を描いたオリジナル作品。
 主人公・神谷誠治(かみや・せいじ)には名優・役所広司。約10年ぶりの成島組への参加となる本作では、息子の幸せを願う不器用な陶器職人を演じる。一流企業のプラントエンジニアとして海外赴任している誠治の息子・神谷学(かみや・まなぶ)を吉沢 亮。本作のキーとなる在日ブラジル人青年・マルコスと彼の恋人エリカを演じるのは、共にオーディションで選ばれた在日ブラジル人のサガエルカスとワケドファジレ。さらにマルコスら在日ブラジル人を執拗に追いかける半グレのリーダー・榎本海斗(えのもと・かいと)をMIYAVI、誠治が唯一心を許すことのできる友人の刑事・駒田 隆(こまだ・たかし)を佐藤浩市、地元のヤクザ・青木(あおき)を松重 豊が演じるほか、中原丈雄、室井 滋も顔を揃えた。メガホンを取るのは人間ドラマの名手・成島 出監督。
 このたび豪華キャストと国際的キャストによる鮮烈な演技が印象的な特報が解禁となる。映像は誠治たちが一人息子・学と、赴任先のアルジェリアで出会った難民出身のナディアとの結婚を祝福する幸せなシーンから始まる。久しぶりに焼き物の粘土を父子一緒にこねるなど、ささやかながら幸せな時間を過ごす家族のもとに、ケガを負った在日ブラジル人青年・マルコスが迷い込んできたところから物語が動き出す。厳しい生活を送る中で半グレ集団にも目をつけられ追い詰められたマルコスは、亡き父の面影が重なる誠治に「日本人にもなれない! ブラジル人でもない」とやり場のない憤りをぶつける。そして映像後半は壮大な音楽とともに、理不尽な出来事に慟哭する誠治の姿や、彼を慕うマルコスやエリカの姿を次々と捉え、「父さん! 話す言葉も育った環境も違うのにさ、俺たち家族になるんだよ」という学の幸せそうな言葉と、それを噛みしめるかのような“父”誠治の姿が胸を打つ。先日の公開決定ニュースに合わせて出したコメント内で役所と吉沢は演技初挑戦の国際的キャストについて「オーディションで出演が決まった演技経験のない若い俳優たちがとてもフレッシュで魅力的です」(役所)、「国際色豊かなキャストの皆さんの、とてもフィクションとは思えない、生々しくもキラキラしたお芝居が本当に素晴らしいです」(吉沢)と絶賛。演技初経験ながらその熱演は、当事者ならではの存在感を特報でも放っており、本作の物語の衝撃度と深い感動が期待できる映像となっている。

 併せて解禁となるティザービジュアルには「その願い、絶望より深く、憎しみより強靭」とコピーが添えられ、大切な人々と共に生きることを強く願う父・誠治の表情が印象的なビジュアルとなっている。
 映画『ファミリア』は2023年1月6日(金)、新宿ピカデリーほか全国公開。

配給:キノフィルムズ
2023年1月6日(金) 新宿ピカデリーほか全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました