最新ニュース

『映画ネメシス 黄金螺旋の謎』2023年3月31日(金) 劇場公開決定!

©2023映画「ネメシス」製作委員会

 広瀬すず、櫻井 翔W主演、江口洋介共演による大人気ドラマシリーズが映画化! 『映画ネメシス 黄金螺旋の謎』2023年3月31日(金)全国公開決定。2021年4月期の日本テレビ系連続ドラマ「ネメシス」は、天才的なひらめきで事件の真相を見破っていく探偵助手のアンナ(広瀬すず)と、ポンコツだが人望に厚い自称天才探偵の風真(櫻井 翔)が、探偵事務所「ネメシス」に集まるさまざまな依頼に挑む物語。新時代の探偵物語として、視聴者数1,700万人突破(※)、幅広い年代に大好評を博し、今回、ドラマの最終話から2年後の世界をドラマでは描くことができなかったスケール感で、ついに映画化が決定。
 監督は『SRサイタマノラッパー』『22年目の告白―私が殺人犯です―』など数々のヒット作を手掛け、当ドラマシリーズの総監督も務めた入江 悠。そして映画化にあたって新たに脚本家として起用されたのは『アンフェア』シリーズの原作者・秦建日子。サスペンス映画のヒット・メーカーである入江が、謎解きミステリーの名手として知られる秦と組んで、今回の映画に仕掛けた超難解な映像トリックの数々に、キャスト一同も驚愕!?
 映画での再会を喜ぶ広瀬、櫻井、江口の3人だが一方で、広瀬「どんな作品になるか私にも分かりません」櫻井「これをどうやって映像化するのだろう」とコメント。合わせて解禁するティザービジュアルは、サブタイトルの“黄金螺旋の謎”に因み黄金一色にあしらわれインパクト大! “謎を解くたび、誰かが死ぬ”という不穏なコピーは一体何を意味するのか? 笑顔のアンナの横で、鋭利なハサミを持つ風真の不穏な表情も気にせずにはいられない。
 また、広瀬、櫻井、江口によるスペシャルコメント映像も、ワーナー ブラザース公式YouTubeチャンネルにて公開!映像内では、映画の脚本を読んだ時点では映像化のイメージができなかったと声を揃える三人だが、ドラマ撮影時を振り返りながら、映画の完成に期待を寄せている。息の合った三人の様子は必見だ。

広瀬すず、櫻井 翔、江口洋介のコメント映像

 2022年5月~6月にかけて撮影は終了し、現在絶賛編集中の本作。果たしてどんな大事件が待ち受けているのか!? ドラマからスケールアップした超ミステリーエンターテイメントにぜひご期待を!
 ※ ビデオリサーチ調べ、全国総合到達人数(推計・30局・放送分数55分)

キャスト&スタッフ コメント

広瀬すず/美神アンナ(みかみ あんな)役

 ネメシスの3人がどう帰ってくるのかは、純粋な楽しみになりました。
 笑いが絶えず、楽しい現場にまた戻れることは素直に嬉しいです。
 皆さん、どんな作品になるか、分からないとおっしゃっていました。私にも分かりません。ただ、間違いなくパワーアップしてることだけは分かる!
 きっとすごい映画が出来ると思います!
 私も早く観たいです!

櫻井 翔/風真尚希(かざま なおき)役

 「これをどうやって映像化するのだろう」
 幾重にもストーリーが折り重なる台本を読んだ直後の感想でした。撮影を終えた今なお、とても楽しみにしているところです。
 2021年。入江監督の下、映画スタッフを中心に臨んだドラマ「ネメシス」には、さまざまなチャレンジが詰まっていました。
 それから1年。再び揃ったキャスト、スタッフと映画『ネメシス』の撮影をする日々は、“共に過ごす人たちは同じなのに、見据える先が今までとは違う”という刺激的なものでした。
 一帯の道路を封鎖しての撮影や、汗まみれのアクション・シーン。現場にいると包まれる、緊張感と高揚感。
 次から次へと湧き出て、絡み合うような物語を、大きなスクリーンで楽しんでいただけたらと思います。

江口洋介/栗田一秋(くりた かずあき)役

 台本を最初に読んだとき、この物語はどう展開していくのか?と想像がつきませんでした。
 しかし、いざ撮影を始めると、ドラマの時と同じチームでつくるこの世界観は、間違いなく面白くなるだろうとワクワクした気持ちで撮影に挑んでいました。
 撮影を終えた今でもどんな作品に仕上がっているのかイメージできていません。
 ちょっと見たことのない世界観に仕上がっていると感じています。
 今から観るのが本当に楽しみです。皆さん、ぜひご期待ください。

監督:入江 悠
 映画『ネメシス』の脚本を初めて読んだとき、驚愕しました。いったいこれをどうやって映像化すればいいんだ!と。
 今まで観たことのない世界観とトリック。
 監督として新たな挑戦です。
 でも、ドラマ版で、広瀬すずさん、櫻井 翔さん、江口洋介さんが作り上げたキャラクターがどっしり居てくれたので、撮影中に迷うことはありませんでした。
 めくるめく“幻惑的な謎”に立ち向かう新生ネメシスを、ぜひご期待ください。

脚本:秦建日子
 自分がチーム『ネメシス』の一員になる日が来るとは夢にも思っておらず、オファーはとても嬉しい驚きでした。既に完成している世界観への途中参加でしたので、当初は不安もありましたが、連続ドラマとはまた趣きの違う新たな『ネメシス』を目指すのだという監督・プロデューサーの言葉に背中を押していただき、思う存分自由に楽しく書かせていただきました。日本発のオリジナル・サスペンス映画として、世界中の人に観ていただきたいです。

プロデューサー:北島直明
 テレビドラマ『ネメシス』を応援して下さった皆様のおかげで、映画『ネメシス』を製作することができました。
 “続編を見てみたい”という声に応えたくて、キャスト・スタッフ一同、もう一度集まって頑張ることができました。
 本当にありがとうございます。せっかく続編製作のチャンスを皆様に頂けたので、テレビドラマとは違う驚き、楽しみを感じていただきたくて、キャストも監督も「映像化が想像できない!」と驚愕する程の“見たことがない世界”に挑戦しました。
 ですので、テレビドラマをご覧になっていない方、途中で離脱された方にも楽しんでいただけると思います。
 兎にも角にも、映画『ネメシス』をご覧になって下さる方に楽しんでもらいたい、その一心で絶賛製作中です。
 ……この映画、スゴイです……。

公開表記

配給:ワーナー・ブラザース映画
2023年3月31日(金) 全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました