作品紹介

『の方へ、流れる』

イントロダクション

 主演・唐田えりか×遠藤雄弥、国際的にも注目を集める新鋭・竹馬靖具監督待望の最新作『の方へ、流れる』が2022年11月26日(土)に全国順次公開となる。

 思ったことを素直に口にしているようで、どこか本音がつかめない里美を演じるのは、唐田えりか。一方、そんなミステリアスな里美に戸惑いながらも惹かれていく智徳役には、遠藤雄弥。そのほか、加藤才紀子、足立智充、小水たいがが脇を固める。

 監督は、デビュー作『今、僕は』が異例の大ヒットとなり、2作目『蜃気楼の舟』が世界七大映画祭の一つ、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭フォーラム・オブ・インディペンデントコンペティションに正式出品。続く『ふたつのシルエット』では“愛の変化”を描くなど、国内外で注目を集める新鋭・竹馬靖具。本作で描くのは、初めて出会った男女が、流れるように街をさまよう物語。本当か嘘か分からない。噛み合っているようで交わらない。どこかねじれた会話のその先に、果たして恋は生まれるのか? ふたりが迎える1日の終わりが、観る者の心に不思議な余韻を残す。

ストーリー

 会社を辞め、姉の雑貨店で店番をする主人公・里美。そこに現れた、恋人を待つ男・智徳。店を出て東京の街を歩きながら語り合うふたり。

 「お互いのことを知らないから言えることもある」―――やがて彼らは互いに話していることが事実なのか分からないまま、惹かれあっていくのだが……。

(2021年、日本、上映時間:62分)

キャスト&スタッフ

監督・脚本・編集・プロデューサー:竹馬靖具
撮影・照明:倉本光佑
音楽:守時タツミ
出演:唐田えりか、遠藤雄弥、加藤才紀子、足立智充、小水たいが ほか

公開表記

配給:chiyuwfilm
11月26日(土) 池袋シネマロサ、下北沢K2、横浜シネマ・ジャック&ベティほか全国順次公開

オフィシャル・サイト

https://nohoue-nagareru.studio.site(外部サイト)

ギャラリー

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました