最新ニュース

『バビロン』日本公開決定!&予告編 世界同時解禁!

©2022 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

 

 『ラ・ラ・ランド』のアカデミー賞受賞監督デイミアン・チャゼルが、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビーほか、豪華キャストを迎え製作した最新作『バビロン(原題:BABYLON)』が、2023年日本公開されることが決定し、合わせてファースト・ルックが解禁となりました。

 ハリウッドを舞台に、夢を叶えようとする男女の甘く切ない恋を、極上のミュージカル・エンターテイメントで描き第89回アカデミー賞®6部門を受賞し、世界中で特大の大ヒットを記録した『ラ・ラ・ランド』。自身も最年少でアカデミー賞監督賞を受賞した、まさに最も映画に愛された若き天才デイミアン・チャゼルが、再びハリウッドを舞台に物語を描いた『バビロン』。今作では、『ラ・ラ・ランド』以来初めて自身で脚本も執筆するなど、作品への強い熱意が感じとれる。
舞台はゴールデンエイジ(黄金時代)と呼ばれた1920年代ハリウッド、サイレント映画からトーキー映画へと移り変わる時代に、映画業界で夢を叶えようとする男女を描く。主演は、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で第92回アカデミー賞®助演男優賞を受賞し、先日の来日の記憶も新しいブラッド・ピット。その『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でブラピと共演し、『スキャンダル』で第92回アカデミー賞®助演女優賞にノミネートされ、DCのハーレイ・クイン役が有名なマーゴット・ロビーといった、賞レース常連の監督とメインキャストによる夢の組合せが実現した。ほか共演者には、トビー・マグワイア(『スパイダーマン』シリーズ)、サマラ・ウィービング(『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』)、オリヴィア・ワイルド(『ブックスマート 卒業前夜のパーティデビュー』)、キャサリン・ウォーターストン(『ファンタスティック・ビースト』シリーズ)、新鋭ディエゴ・カルバ(「ナルコス:メキシコ編」)、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシストのフリー、など多彩なキャストが集結。
 また楽曲は、現在もCMで連日使用される『ラ・ラ・ランド』のあの名曲を作曲し、第89回アカデミー賞®作曲賞・歌曲賞を受賞したジャスティン・ハーウィッツが担当。ジャズ・エイジと呼ばれたジャズ全盛期の音楽をいかに作曲するかも注目のポイントとなっている。

 合わせて公開された予告編では、シャネルに代表されるような豪華な1920年代ファッションに、毎晩繰り広げられるド派手なパーティー、大スケールの映画撮影といった、ゴージャスでクレイジーなハリウッドゴールデンエイジが、躍動感あるジャズのリズムに乗せて描かれる。未だ全貌がベールに包まれた本作の続報に引き続きご注目を!

公開表記

 配給:東和ピクチャーズ
 2023年2月10日(金)『ラ・ラ・ランド』監督が贈る“最高のショー”が始まる!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました