作品紹介

『エゴイスト』

©2023 高山真・小学館/「エゴイスト」製作委員会

イントロダクション

 様々なテーマを愛と毒のある切り口で、数々のコラムを世に送り出してきた高山 真の自伝的小説「エゴイスト」が、主人公・浩輔役に『孤狼の血 LEVEL2』の怪演で第45回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞をはじめ多くの賞を受賞し、今最も勢いに乗る俳優である鈴木亮平、龍太役には『騙し絵の牙』、NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」など話題作への出演が続く宮沢氷魚を迎えて映画化、2023年2月に公開することが決定した。
 監督を務めるのは『トイレのピエタ』『ハナレイ・ベイ』などを手掛けた松永大司。
 今最も勢いに乗る2人の俳優が魅せる深く静かな愛と赦しの物語がここに誕生した。

©2023 高山真・小学館/「エゴイスト」製作委員会

ストーリー

 14歳で母を失い、田舎町でゲイである自分の姿を押し殺しながら思春期を過ごした浩輔。今は東京の出版社でファッション誌の編集者として働き、自由な日々を送っている。そんな彼が出会ったのは、シングルマザーである母を支えながら暮らす、パーソナルトレーナーの龍太。
 惹かれ合った2人は、時に龍太の母も交えながら満ち足りた時間を重ねていく。亡き母への想いを抱えた浩輔にとって、母に寄り添う龍太をサポートし、愛し合う時間は幸せなものだった。
 しかし2人でドライブに出かける約束をしていたある日、何故か龍太は姿を現さなかった。

(2022年、日本、R-15)

キャスト&スタッフ

原作:高山 真「エゴイスト」(小学館刊)
監督・脚本:松永大司
脚本:狗飼恭子
音楽:世武裕子
企画・プロデューサー:明石直弓
プロデューサー:横山蘭平、紀 嘉久
ラインプロデューサー:和氣俊之
撮影:池田直矢
照明:舘野秀樹
サウンドデザイン:石坂紘行
録音:弥栄裕樹 小牧将人
美術・装飾:佐藤 希
編集:早野 亮
LGBTQ+inclusive director:ミヤタ廉
スタイリスト:篠塚奈美
ヘアメイクデザイン:宮田靖士
ヘアメイク:山田みずき、久慈拓路
助監督:松下洋平
制作担当:阿部史嗣
制作プロダクション:ROBOT
出演:鈴木亮平、宮沢氷魚、阿川佐和子、中村優子、和田 庵、柄本 明ほか

ギャラリー

特報

オフィシャル・サイト

www.egoist-movie.com(外部サイト)

公開表記

配給:東京テアトル
2023年2月全国公開

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました