最新ニュースTVドラマ・ネット映画

WOWOW「連続ドラマW フィクサー」制作決定!

制作・提供:WOWOW

主演・唐沢寿明×脚本・井上由美子のタッグによるノンストップサスペンス超大作、制作決定!

 2008年に「連続ドラマW」の第1弾として始まった「パンドラ」シリーズをはじめ、「白い巨塔」、「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」など数々のヒット作を生み出し、2020年秋の紫綬褒章を受章した脚本家、井上由美子が“フィクサー”を題材に描く大作のWOWOWオリジナルドラマ。フィクサーを主人公として本格的に描く連続ドラマはこれまで日本にはなく、初めての試みだ。
 政界、財界、法曹界など、どこの世界にも物事には表と裏がある。本作は世の中を裏から操る“フィクサー”の暗躍と金と権力に群がる人間たちを描き、3Seasonにわたる大型ドラマシリーズとして展開する。
 昨今、日本では数多くのドラマが作られているだけでなく、海外ドラマも含めると無数の作品に溢れている。「本当に面白いドラマなのか」「視聴者に選ばれる作品か」という真価がこれまで以上に問われるようにもなった。そして誰もが満足できる珠玉の一作との出合いを待ち望んでいる――。本作はそんな方々にご覧いただきたい、WOWOWドラマの真骨頂とも言える“目の肥えた大人のためのドラマ”だ。
 主人公のフィクサーに扮するのは、今回連続ドラマW作品では初出演そして初主演となる唐沢寿明。謎めいた人物・設楽拳一を演じる。「白い巨塔」「メイドインジャパン」「ハラスメントゲーム」の唐沢寿明×井上由美子という注目のタッグに期待だ。

豪華レギュラー出演者陣が解禁!

 また、主演と併せて、3Season を通して出演するレギュラー陣も解禁となる。まずは、新聞社の政治部記者・渡辺達哉役に町田啓太、警視庁捜査一課刑事・板倉晃司役に小泉孝太郎、拳一の秘書兼運転手・丸岡慎之介役に要 潤、達哉の母の渡辺響子役に斉藤由貴、TVの報道番組の人気キャスター・沢村玲子役に内田有紀、そして、拳一にとって因縁深い相手であり副総理の須崎一郎を演じるのは小林 薫、と豪華役者陣が揃い踏みとなっている。
 Season1(全5話)は2023年春からWOWOWプライム、WOWOW4Kにて放送、WOWOWオンデマンドにて配信スタートを予定している。ドラマ好きな主婦からドラマを普段見ない多忙なビジネスマンまで目の肥えた大人が本当に楽しめるサスペンス超大作。WOWOWが贈る、観る者の知的欲求と感情を刺激する一大エンターテインメントにぜひご期待を。
 各Season のゲストキャストなどキーマンを演じる豪華共演陣の今後の発表にも注目だ。

<Season1 ストーリー>
 ある夜、総理大臣を乗せた車が崖から転落するという事故に遭う。死亡した運転手には飲酒運転の疑惑が……。さらに、その裏には新薬の認可をめぐる密約スキャンダルとの関係性も疑われ始める。そんな中、事故の対応に追われる総理の秘書官に近づく一人の男がいた――。「フィクサー」とも呼ばれるその男の名は設楽拳一(唐沢寿明)。拳一は過去に総理の不祥事をもみ消し、今回の事故直前にも総理と電話で話をしていたのだった。
 果たしてこれは偶然の事故なのか? 様々な欲望がうごめく政界で仕組まれた事件なのか? 取材に没頭する新聞記者の渡辺達哉(町田啓太)の元に、何者かからタレコミ情報が入る。その後、意識が戻らない総理は辞任に追いこまれ、総裁選が幕を開ける――。そして、拳一はキングメーカーとして与党総裁候補たちを手玉に取り、権力を掌中にしていく。

登場人物紹介

■ 設楽拳一(したら・けんいち)/唐沢寿明
 謎のフィクサー。政財界のトラブル収拾から企業間の揉め事回避まで、警察や法律では解決できない事案を処理する。彼がこれまでどんな人生を送ってきたのかを詳しく知る者はいない。この物語は拳一が服役を終えたところから始まる。現職総理の殿村は事故に巻き込まれる前に、拳一と電話で話していた……。

唐沢寿明様(設楽拳一役)コメント

① 連続ドラマW作品に初出演、そして初主演が決まった時の印象や意気込み
 地上波のテレビドラマではなかなか描けないような、WOWOWならではの重厚な社会派ドラマができると思うのでとても楽しみです。

② 井上由美子さんの脚本について
 政治を舞台にした予想がつかないストーリー展開で、今回さらに井上由美子さんの脚本に気合が入っているのが伝わってきました。社会派というだけではなく、骨太のエンタメ作品になっています。緊張感のあるサスペンスを軸に、とにかく筋書きが緻密に作り上げられていて面白いです。

③ 演じられるキャラクターについて
 私が演じる設楽拳一は、裏から人を操る謎めいた人物で、一見何を考えているかわからないので、視聴者の皆様はきっと随所で騙されると思います。
 他の登場人物も一人ひとりのキャラクターが立っていて、それぞれが抱える“人間の欲深さ”が魅力的です。
 “読めない男”、設楽拳一を再現できるように、そして視聴者の皆様を上手く騙せるよう、演じていきたいと思います。

④ 視聴者の皆さまへメッセージ
 WOWOWでしか見られない面白い作品になると確信しておりますので、ぜひご覧いただきたいです! 目の肥えた視聴者の皆様にも必ず満足していただけると思います。

■ 渡辺達哉(わたなべ・たつや)/町田啓太
 大手新聞社政治部記者。母・響子は看護師で、シングルマザーとして達哉を育て上げた。何事にも真剣な母の生き方を尊敬しており、周りに流されることなく、真実を追い求める実直な男だ。今回起きた総理の事故の関係者に接触し、真相に近づこうとする。

町田啓太様(渡辺達哉役)コメント

 気が付いたら台本を一気読みしていました。
 普段見聞きするものの表面上だけではなく、もしかしたらその奥には何かあるのかと、僕自身、物事の捉え方を改めて考えさせられるようになりました。
 新聞記者として大きな力に巻き込まれ、真相に迫っていくさまを皆さんと楽しめるように、渡辺達哉を前のめりに演じたいと思います。楽しみにしていてください。

■ 板倉晃司(いたくら・こうじ)/小泉孝太郎
 警視庁捜査一課刑事。ルールにとらわれることを嫌うアウトロー。総理を乗せた車の事故について事件性や違和感を覚えて、上司の助言も無視して捜査を進める。今回の一件に昔自分が関わった事件の関係者・設楽拳一の影が見え隠れしてきたからだ。

小泉孝太郎様(板倉晃司役)コメント

 全編通して設楽を追いかける刑事・板倉晃司を演じさせていただきます小泉孝太郎です。
 この作品は個人としても大変興味深く、唐沢さん設楽の不気味さ、そして設楽を取り巻く人間関係が交差していくさまをぜひご覧下さい

■ 丸岡慎之介(まるおか・しんのすけ)/要 潤
 拳一の秘書兼運転手。ある一件以来、拳一と付き合いがある。義理堅い男で、受けた恩は決して忘れない。
 情報屋として政財界の裏情報を集めるばかりでなく、拳一の運転手もこなす片腕。寡黙で謎に満ち溢れており、余計なことには一切口を出さない。

要 潤(丸岡慎之介役)コメント

 僕の演じる丸岡という役は、唐沢さん演じる設楽拳一を心から尊敬し、献身的に支える一番身近な存在です。個人的には唐沢さんとは15年ぶりの共演で、そんな丸岡と素の自分とリンクする部分が多いと思います。若き日の自分も唐沢さんには役者のイロハをたくさん教わりました。そんな気持ちを丸岡に投影しながら精一杯演じさせていただきます。

■ 渡辺響子(わたなべ・きょうこ)/斉藤由貴
 達哉の母。都内の総合病院に務める新人看護師だった頃、ある男と出会い、交際をするうちに達哉を身ごもった。一人で子どもを産み、看護師をしながら息子を育て上げた。私立病院の女性師長として、患者や後輩に慕われる存在でもある。

斉藤由貴(渡辺響子役)コメント

 以前、脚本の井上由美子さんが書かれた別の作品に出演させていただいた時、その打ち上げの席で井上さんから、「私の頭の中には小さな箱があって、その中には斉藤さんがいて、難しそうな役をさて誰にやってもらおうかと考えた時、斉藤さんをその箱から取り出すんです」こんなふうに言われて、本当に嬉しかった記憶があります。以来、井上由美子さんの作品にご縁をいただいた時には必ず喜んで参加させていただきたい、とお願いしています。今回も、楽しみでなりません。

■ 沢村玲子(さわむら・れいこ)/内田有紀
 報道番組の人気女性キャスター。ある事件を通して拳一と知り合い、お互いに通じ合う面があると認め合うようになった。総理の事故に関して拳一と情報交換をしているが、拳一が事件に巻き込まれるのではないかと心配している。

内田有紀(沢村玲子役)コメント

 時に自分の知らない世界の扉を開いて、垣間見たい、怖いけど知りたい、覗いてみたいと言う欲求が生まれることがあります。その扉を進んで開くのが、今回演じさせていただく沢村玲子と言う女性です。
 女性であるが故の業を抱えながら、子どものように真っ直ぐに真実に迫ろうとする玲子が、皆さんを『フィクサー』の世界にお連れ出来るよう真摯に作品に向き合って行きます。
 「世の中の裏」を描いたドラマです。どうぞご期待ください。

■ 須崎一郎(すざき・いちろう)/小林 薫
 殿村政権下の副総理。ジェントルマンな立ち居振る舞いで一見物腰は柔らかく、政党内でも強い発言権を持つが、本音では話さない怖さを持ち合わせた得体のしれない人物。実は拳一にとって、須崎は因縁深い相手だった……。

小林 薫(須崎一郎役)コメント

 この度WOWOW制作の「フィクサー」に出演させていただくことになりました。
 主演の唐沢さんは実は初共演で、どんな芝居になるのかワクワクして、今から楽しみにしています。
 私の役どころは副総理という難役でドキドキしているのですが、監督である西浦さんとは1年前にご一緒させていただいていて、そのねばりのあるきめ細かな演出には信頼感がありますので、安心して全てお任せしようと思っています。

脚本・井上由美子 コメント

 常に新しいドラマを仕掛けているWOWOWの「連続ドラマW」で、新たなチャレンジが出来ることにワクワクしております。
 先が見えない世の中ですが、一筋縄ではいかない大人の俳優たちが、人間の表と裏、光と影を存分に演じるエンターテインメントを楽しんでいただきたいと思います。
 主演の唐沢さんとは、「白い巨塔」「メイドインジャパン」「ハラスメントゲーム」に続き四度目の作品です。何度、お会いしても初めて会ったような懐の深さが唐沢さんの魅力です。本作でもこれまで描かれてこなかったフィクサー像を新鮮に演じて下さることと期待しています。

作品概要

番組名:「連続ドラマW フィクサー」

 Season1:2023年春スタート(全5話)
 毎週日曜午後10:00 放送・配信
 WOWOWプライム・WOWOW 4K:第1話無料放送
 WOWOWオンデマンド:無料トライアル実施中

 出演:唐沢寿明、町田啓太、小泉孝太郎、要 潤、斉藤由貴、内田有紀、小林 薫
 脚本:井上由美子
 企画・プロデュース:青木泰憲
 監督:西浦正記
 音楽:得田真裕
 プロデューサー:村松亜樹、髙田良平、黒沢 淳
 制作協力:リオネス
 製作著作:WOWOW

 ■ 番組特設サイト:https://www.wowow.co.jp/drama/original/fixer1/ (外部サイト)

WOWOWオンデマンド

 WOWOWがお届けするオンデマンドサービス。BS 視聴環境が整っていなくてもネット環境があればWOWOWにご加入いただけて、テレビでもスマホでもWOWOWが気軽に楽しめます。無料トライアルも実施中。
 詳細はコチラ→ https://www.wowow.co.jp/join/streaming/ (外部サイト)

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました