最新ニュース

『BAD CITY』予告編及び豪華キャストのコメント解禁!

©2022「BAD CITY」製作委員会

 【顔面凶器】【Vシネマの帝王】など、 数々の異名を持ち、映画やドラマ、そしてバラエティなど数々のフィールドで活躍する俳優・小沢仁志が“還暦記念映画”として、生きざまのすべてをぶつけ、「俳優人生で最後の無茶」を繰り広げる怒涛のアクション映画『BAD CITY』は、小沢によるオリジナル脚本(製作総指揮・脚本はOZAWA名義)。製作総指揮として、映画の企画段階から撮影のコーディネートまでこなし、主演として本格的なアクションに挑戦! この映画のために徹底したトレーニングを行い、強靭な肉体を作り上げた小沢は、なんと100人以上にのぼる敵を相手に、CGなし、スタントなしのガチンコ・アクションに挑んだ。なかでも「日本統一」シリーズの山口祥行と死闘を繰り広げるクライマックス・シーンでは、60歳になろうとしている男とは到底信じられないほどの動きで、息つく間もない肉弾戦を披露! 300を超える出演作に、自身の破天荒な生きざまを刻んできた【日本映画界最後の破滅型俳優】小沢仁志の背中は、観るもの全員の胸を熱くさせるはずだ。

 本作は、2022年12月9日(金)よりロケ地である福岡県のユナイテッド・シネマ キャナルシティ13、シネプレックス小倉、ユナイテッド・シネマなかま16で先行上映を行い、2023年1月20日(金)より新宿ピカデリー他にて全国順次公開される。

 12月9日(金)&12月10日(土)の福岡先行上映での小沢仁志、かたせ梨乃らが登壇する舞台挨拶回の上映時間が決定。各劇場の公式サイトで11/21(月)0:00(=11/20(日)24:00)より先行販売。(※劇場窓口は残がある場合のみ同日OPEN時より販売。)
 1月10日(火)には、新宿ピカデリーで小沢仁志、かたせ梨乃ほか9人の豪華キャスト、本作のために主題歌「こわもて」を書き下ろしたクレイジーケンバンドの横山 剣などが登壇する完成披露上映会の開催が決定。ぴあの以下のURLにて11月22日(火) 11:00より発売開始となる。https://w.pia.jp/t/badcity/(外部サイト)

 この度、予告編および豪華な共演者によるコメントが解禁となった。

 小沢演じる刑務所に服役中の元強行犯警部・虎田誠と特捜班のチームを組むのは、坂ノ上茜、勝矢、三元雅芸。

 4人を指揮する公安0課の小泉香役に壇蜜、その上司・検察庁検事長の平山健司役に加藤雅也。韓国マフィアの首領・マダム役にかたせ梨乃、開港市を影で操る巨大財閥・五条財閥の会長・五条亘役にリリー・フランキー。

 韓国マフィア・金数義役に山口祥行、マダムの側近・パク役に本宮泰風、桜田組若頭補佐・村田役に波岡一喜、金数義の右腕・ハン役にTAK∴、刑事役に小沢和義、中野英雄と、実力派の面々が小沢の還暦に華を添える。

 監督・アクション監督は、デビュー作『HYDRA』(2019)が海外映画祭でも評価され、アクション監督を務めた『ベイビーわるきゅーれ』がロングランヒットとなった園村健介。

コメント

野原 恵(開港警察強行犯新人刑事)役 坂ノ上茜
 今回、小沢さんの還暦を記念する作品に関わることができて光栄に思います! 
 アクションはデビュー作で初挑戦させてもらって以来、いつかがっつりとチャレンジしたいと目標にしていたので、それが一つ叶った作品になりました。
 ベテラン揃いで、クランクインする前は不安もありましたが、キャストやスタッフの方々に支えられながら撮影を乗り越えることができました。
 物語が進むにつれて、呼吸と瞬きを忘れてしまうほどの迫力です。
 ぜひ劇場でご覧下さい!

熊本 聡(開港警察強行犯警部補)役 勝矢
 小沢さんはいつも「昔の先輩たちは化け物が多かった」と言いますが、あなたも充分化け物です。
 そんな兄ぃも還暦。おめでとうございます。
 でもこの映画『BAD CITY』はただの小沢さんの還暦記念作品ではなく、小沢さん筆頭に化け物の集まってる作品です。
 この歪んだ現実世界にはまだまだ化け物が居る。
 そんな世界のいろいろな化け物同士のぶつかり合い。
 あなたはどのタイプの化け物に共感するかな。
 スクリーンから何かが飛び出す感じ。
 それぐらい最高に泥くさいクールな映画です。
 観た後、あなたの中の化け物が目を覚ますかもしれない(笑)。
 何を感じるか楽しんでください。

西崎亮太(開港警察強行犯・刑事)役 三元雅芸
 オファーを頂いた際、よし、次はいよいよ小沢アニイと激闘か!?そう思ってワクワクしました。僕はこれまで主人公と闘ったりテロリストなどの単独行動する役のオファーが多かったのですが……今回は僕に仲間もいて、いつもと様子が違う!?
 とても新鮮な思いで参加させていただきました!
 今作ヤクザも出てくれば刑事も出てくる。ただ、これまで観てきたこのジャンルの映画のフォーマットにはまらない。一番の要因は小沢アニイのファイト・スタイルがこれまでのアニイのそれと全然違うから! 60歳でここまで熱くスタイリッシュにアクションできる俳優は日本いや、世界にいるだろうか。とにかくも、渋イケオヤジの大暴れ、ご覧いただきたい!

金数義役(韓国マフィア)役 山口祥行
 小沢兄ィの祝還暦映画『BAD CITY』
 こりゃあ出ないわけにはいかない! やるゼ!!
 という思いだったんだが……後悔した!
 兄ィが気合い入りまくりで、顔面凶器を超えて、もはや格闘家の拳に髪の毛が生えてる妖怪に見えてたよ!
 この作品は園村監督しか撮れない!
 センス、アクション構成も最高。
 肉弾戦は日本アクション映画に風穴を開ける!
 ゴリゴリのフルボッコ・アクション映画を楽しんでもらえたら嬉しいです!
 そして、もう二度と小沢兄ィと殴り合いは御免だ……。

パク役(マダムの側近)本宮泰風
 小沢仁志の生き様に刮目せよ!
 グダグダ抜かすな! これが兄ィだ!!

村田(桜田組若頭補佐)役 波岡一喜
 アニィの還暦記念作品。
 それに声をかけていただいて、断る道理がありません。
 僕はアニィのことが大好きです。
 尊敬しております。
 それに尽きます。
 そして出来上がりがまた面白い!
 十分期待してください(笑)。

ハン(金数義の側近)役 TAK∴
 還暦を迎える人間とは思えないアクションの動き、そしてこだわりに感服しました。小沢さんの記念すべき作品に携われてとても光栄でした!

小泉 香(検察庁・公安0課警部)役 壇蜜
 名前通りの街があり、奪い合い傷つけあうことが当たり前の日常を送る者たちがいて、搾取に耐え忍ぶ者たちもいて……。フィクションとは思えない内容と展開に「私がこの街にいたとしたら……」と考える時間が多かった撮影現場でした。このご時世、いつ、どうなるかますます分からない日々を過ごしている私たちにとって、この作品が「いつか起こりかねない極めてリアルよりの映画」として観てくださった方々の脳内にザクッと刺激の刃が刺さることを願います。
 「小沢の兄さまが始終かっこいい映画」として観ていただくのも可ですが。

平山健司(検察庁検事長)役 加藤雅也
 兄ィ(あにい)との出会いは、僕の初主演映画『クレージーボーイズ』でした。
 “とにかく自分がベストのパフォーマンスができる環境を現場で作れ”とのアドバイスもらいました。
 初めて会った日のことは今でも鮮明に覚えています。
 時は流れていくものなんですね……。
 どんな時も本気印の兄ィも還暦ですか……。
 その記念すべき作品に参加できたことは、非常に嬉しいです。
 兄ィと肉弾戦をする相手でなかったことは良かった(笑)。
 兄ィの衰えなきど迫力肉弾戦を多くの人に目撃してもらいたい!

マダム(韓国マフィア・首領)役 かたせ梨乃
 韓国マフィアのマダムとして、大事な一人息子の母として、哀しみを胸に揺るがない強い姿勢で警察とマフィア、2つの組織に立ち向かう。
 時には涙降るアクション映画の世界に一緒に旅をしませんか?

五条 亘(五条財閥会長)役 リリー・フランキー
 小沢さんの還暦記念映画に参加できて、本当にうれしかったです。
 そして、最高の現場でした。
 小沢さん、ありがとうね。

公開表記

 配給・宣伝:渋谷プロダクション
 12月9日(金)より福岡先行上映
 1月20日(金)より新宿ピカデリーほか全国順次公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました