最新ニュース

『フェイブルマンズ』第95回アカデミー賞®にて主要含む7部門ノミネート!

©2022 Universal Pictures. ALL RIGHTS RESERVED.

 50年にわたるキャリアの中で、『ジョーズ』から『E.T.』、『ジュラシック・パーク』など史上最も愛され、変幻自在なフィルモグラフィを世界に送り出してきた巨匠スティーヴン・スピルバーグが、“映画監督”になる夢を叶えた自身の原体験を描いた最新作『フェイブルマンズ』が2023年3月3日(金)より全国公開が決定! 本年度アカデミー賞🄬の最有力候補として期待が高まっている。

 この度、第95回アカデミー賞®において、本作が作品賞、監督賞(スティーヴン・スピルバーグ)、主演女優賞(ミシェル・ウィリアムズ)、助演男優賞(ジャド・ハーシュ)、脚本賞(スティーヴン・スピルバーグ&トニー・クシュナー)、作曲賞(ジョン・ウィリアムズ)、美術賞(リック・カーター)の計7部門で堂々のノミネーションを果たした!
 昨年9月に行われた第47回トロント国際映画祭の最高賞である観客賞の受賞に続き、先日発表された第80回ゴールデン・グローブ賞においても作品賞(ドラマ部門)、監督賞という主要2部門で『プライベート・ライアン』から24年ぶりにスティーヴン・スピルバーグがW受賞を果たすという快挙を記録し続けている本作。映画史にその名を残してきた偉大なる巨匠の最新作に注目が集まっている。自身の自伝的作品ということで、長年構想を練っていたもののようやく実現に辿り着いた本作について、スピルバーグは「コロナ禍に突入し誰もが映画製作の機会を奪われてしまいました。私たちはこの時期、私の過去の全てを振り返り、子どもでいることは簡単ではないという事実と向き合いました。誰もが私を成功者として見ているという事実。でも、勇気を出して自らを語るまでは誰も本当のことを知らないのです。私のストーリーをいつ伝えるべきかを考えるのに多くの時間を費やしました。もう74歳なんだから、今やったほうがいい! 私は、それができて本当によかったと思っています」とゴールデン・グローブ賞のスピーチでも語り、かつてないほどに個人的な想いが強く込められている新たな傑作映画『フェイブルマンズ』に今後ともぜひご期待を!

 受賞式は3月12日(アメリカ・ロサンゼルス※現地時間)に行われる。

公開表記

 配給:東宝東和
 2023年3月3日(金) 全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました