最新ニュース

今関あきよし監督×鹿児島×ファンタジー映画『青すぎる、青』かごしま平和映画祭で2月19日クロージング上映決定!

Ⓒ2023「青すぎる、青」製作委員会

ウクライナ、ロシア、台湾などさまざまな国で人と向き合い、その地域ならではの人間模様を映画で描いて来た今関あきよし監督が次に注目した場所、それは《鹿児島》だった。
鹿児島出身で期待の新女優・上大迫祐希を主演に迎え、鹿児島の空と海の間で巻き起こるファンタジーを描く!

この空の青色の向こう側は何色なんだろう?

 2023年2月18日~19日に開催される第3回かごしま平和映画祭に、今関あきよし監督最新作である『青すぎる、青』がクロージング作品として上映されることが発表された。
 ロケ誘致日本一を誇る鹿児島から地元発信の作品を!という想いから立ち上がった作品は鹿児島市の全面協力のもと2022年に、鹿児島のシンボルでもある桜島はもちろんのこと、桜島フェリーや鹿児島市の最新スポット、話題のエリアなど鹿児島オールロケにて撮影が行われた。
 メガホンを握るのは、故大林宣彦に師事し、黒澤 明監督作品のドキュメンタリー作品撮影やメイキング撮影に参加するなどの経歴を持ちながら、自身も魅力あふれるヒロイン像を描き出すことに定評のある今関あきよし監督。何度も鹿児島に足を運び、鹿児島の魅力に触れながら「海ありきな街」ならではの描写も入れた、今関監督原案のオリジナルストーリーである唯一無二の青春ファンタジーが誕生した。

 その主演を務めるのは、鹿児島出身であり、地元専門学校のCM出演経歴もある上大迫祐希。映画『スパゲティコード・ラブ』では鹿児島から上京する不登校の女子高生役を好演し話題に。初主演作『神田川のふたり』において【キネマ旬報ベスト・テン】日本映画個人賞新人女優賞部門で第3位に選ばれるなど今注目すべき女優に成長した姿を、地元鹿児島オールロケ作品で披露することとなる。
 上大迫に加え、「NewDays」のCMが話題のフレッシュな女優・原 愛音、舞台の場を中心に活動の場を広げる鹿児島出身の肥後遼太郎、TVや映画で活躍する実力派の、逢澤みちる、窪塚俊介、佐伯日菜子ら、魅力的な俳優たちが鹿児島の地でつづられる青春ファンタジーを届ける。

 公開に先駆け、【かごしま平和映画祭】クロージング作品として地元の方へ披露されることとなった本作。鹿児島と今関あきよしそして上大迫祐希が織りなす物語は、ファンタジーではあるが言葉にできない悩みを抱える今を生きる人には大きなエールとなる作品になるだろう。
 3つの化学反応が放つ魅力いっぱいの映画『青すぎる、青』。鹿児島特別上映版は2月19日日曜日の限定上映!
 当日は舞台挨拶も予定されており、この機会にぜひともこの作品に触れていただきたい。

コメント

監督・今関あきよし
 《自分とは何者なのか》《自分探し》という普遍的なテーマを映画という映像表現で自由奔放に描いてみたいと思った。
 日常の生活に追われてしまうと、気にも留めないようなこのテーマを「鹿児島」でなら描けると直感した。
 桜島という大自然の象徴がドンッ!と存在する中、市内は活気に満ちて、最南端の土地では時間がゆっくり流れ、夜空には眩しいほどの星。
 鹿児島全体が、地球や宇宙を肌で感じることができる街。ここ「鹿児島」なら純粋で繊細な物語が成立すると思った。上大迫祐希というピュアで、透明感のある女優との出会いもあり、この映画はスタートし、ついに完成した。
 そして何処よりも先に「鹿児島」での上映が叶い、とても嬉しく思っています。

監督:今関あきよし プロフィール
 少女アイドルをモチーフとした作品を映画やテレビで発表することで有名な日本の映画監督。
 映画監督の故大林宣彦に師事。高校時代の1975年頃から自主制作で8mm映画を作り始める。
 23歳で『アイコ十六歳』でプロとしての監督デビュー。『ツルモク独身寮』『すももももも』などの監督を経て、アイドル・グループのモーニング娘。らの主演する映画『モーニング刑事(コップ)』を監督。その後、彼女等の出演する映画、テレビドラマを多数演出。他にイギリスのアレックス・コックス監督演出による黒澤 明監督ドキュメンタリーの撮影担当や、黒澤監督作品『夢~Dream’s~』のメイキング映像スタッフとして参加するなど、監督演出以外でも活躍。
 近年、『カリーナの林檎~チェルノブイリの森~』『クレヴァニ、愛のトンネル』『ライカ』『恋恋豆花』など海外ロケ作品を多数手掛け、2022年撮影の新作『釜石ラーメン物語』も今年公開を控えている。

田中美巳役:上大迫祐希
 「『青すぎる、青』は鹿児島出身者である私でさえも気づくことのなかった、あるがままの鹿児島を丁寧に切り取ってくれました。鹿児島に住む皆様が、この土地の魅力を再確認するきっかけになればと思います。
 そして、完成間近のこの映画を一人目の鑑賞者として、この機会に見守っていただけたら幸いです。
 『青すぎる、青』がかごしま平和映画祭の良き締めくくりになりますように。

上大迫祐希 プロフィール
 2000年、鹿児島県出身。2019年に上京し本格的に女優業を開始。 丸山健志監督の映画『スパゲティ・ラブ』(21)で長編映画初出演ながら主要キャストに抜擢される。いまおかしんじ監督の映画『神田川のふたり』(22年)で長編映画の初主演を飾る。
 主な出演は、CMでは「カネボウ化粧品/KATE」(20)、「グリコ/ポッキー」(21)、「ポケモンユナイト」(21)など。舞台では『日本語私辞典』(21)、朗読劇『星と光の旅』(21)、ラッパ屋リーディング公演『ショウは終わった』(22)など。配信では、ABEMA「恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~」(22)に出演。 2023年は本作のほか、金子由里奈監督の映画『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』が4月14日に公開され、春から夏にかけて舞台の出演が相次いで決定している。今後の活躍が注目される新進女優。

公開表記

 配給:アイエス・フィールド
 2023年秋頃劇場公開予定

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました