イベント・舞台挨拶

『シング・フォー・ミー、ライル』完成披露試写会 舞台挨拶

 『グレイテスト・ショーマン』、『ラ・ラ・ランド』の音楽スタッフが贈る、ファンタジー・ミュージカル映画『シング・フォー・ミー、ライル』が3/24(金)より全国の映画館で公開となる。
 言葉を話さず、歌だけで想いを伝える主人公<ワニのライル>役に、オリジナル版は世界的シンガー・ソング・ライターのショーン・メンデス、日本語吹替版は大泉 洋が務め、さらにオスカー俳優ハビエル・バルデムが演じるショーマンの<ヘクター>役に石丸幹二、コンスタンス・ウー演じる少年ジョシュの母親<ミセス・プリム>役に水樹奈々と最高の布陣が実現。去年の初夏からボイストレーニングを開始し、劇中ではセリフを封印し歌のみの役で新境地を魅せた大泉、そして石丸、水樹が揃い<日本語吹替版>完成披露試写会の舞台挨拶に登壇した。

 本作の舞台ニューヨークの夜景がスクリーンいっぱいに映し出された会場に、ついにお披露目となる<日本語吹替版>の完成披露舞台挨拶に日本語吹替版キャストを務めた大泉、石丸、水樹が登壇。ブロードウェイの舞台さながら、スパンコールが光輝くブルーのジャケットをまとった大泉、シックで艶やかなスーツ姿の石丸、春らしい黄色のドレス姿の水樹の登場に会場は一気に華やぎ、和やかな雰囲気でイベントがスタート。
 ワニのライルが歌で人間と心通わせる様子を珠玉のミュージカル・ナンバーと共に描き出す本作で、3人はそれぞれが演じたキャラクターへの想いを吐露。オリジナル版の<ワニのライル>役は、グラミー賞ノミネートの世界的シンガー・ソング・ライターのショーン・メンデスが演じている。大泉は「一切台詞がなくて歌だけなんです。僕にとっては非常に新しい挑戦でした。(日本語吹替版のオファーを受けて)これはやるっきゃない!やりたい!と思いました。去年の夏ぐらいから練習して……オファーを受けたのにテストもある! こんなに完成が楽しみな映画も久しぶりで感無量でした。オリジナル版は(24歳の)ショーン・メンデス、っていうんだから……共通点はスーパースターだってことくらいだよ(笑)!」と話し笑いを誘う。


 日本ミュージカル界をけん引する石丸はヘクター役を演じ「ハビエル・バルデムのあの個性的な声は、プレッシャーでしたね。彼に寄せるのか、自分らしさを出すのがいいのか、懸けのようでしたが、オーディションの段階でこの役を勝ち取りたいと思いました」と語る。続いて、意外にもミュージカル映画の吹替が初挑戦だという水樹は「難しかったけどすごく楽しかったです。私が声を入れる段階では大泉さんの声が入っていて、デュエット曲は映画の中のように大泉さんに導いてもらうような感じでした。こんな声を出されるとは……と驚きました!」と話す。


 ワニのライルが少年ジョシュと出会い、彼らのかけがえのない関係に周囲の大人たちも少しずつ影響されていく様子が描かれる中で、大泉は石丸、水樹とそれぞれデュエット曲を披露。見どころのひとつでもあるお互いの歌唱シーンについて、大泉に対して二人は声を揃えて『素晴らしい!(石丸)/チャーミング!(水樹)』と大絶賛。共演者のベタ褒めにまんざらでもない様子で「ここは褒めてもらうしかない!」と声を張り上げ会場を沸かせた。

 話題は、『グレイテスト・ショーマン』『ラ・ラ・ランド』の音楽スタッフによる歌のチカラ、楽曲の魅力へ。水樹は「ミセス・プリムの歌う曲「Rip Up The Recipe(レシピを破れ)」は彼女自身が新しい世界を開く、自由に楽しくなれることを教えてくれる歌。映画のキャラクターと同じでライルにどんどん引っ張ってもらいました。この曲は“女性キー”で高いのに……!」と話すと、大泉は「そうなんだよ、だんだんショーンに腹が立ってくるんだよ(笑)。なんでこんな高いんだ君は!っていうね(笑)」と水樹の歌声に感嘆しながらも、すかさずボヤキ節。
 石丸は「(彼らの作る曲は)歌い手の気持ちをかき立てるような曲。センスがあって歌いたくなる」と力説。大泉がソロで高らかに歌い上げる本作のメイン曲『Top Of The World(最高の世界)』を自分が歌いたかったと舞台裏でこぼしていたエピソードも。さらに水樹は、劇中でさまざまな状況で何度も流れるライルとヘクターの『Take A Look At Us Now(君のおかげさ)』というナンバーについても「同じ曲なのに受ける印象が全然違う。瞬きせずに観てほしい」と、これから鑑賞する観客へ見どころをアピール。
 さらに本国スタッフによるボイス・テストに話題が及び、ボイス・テストを受けたのが日本語歌詞ができる前だった大泉は「これちょっとおかしいんだよ(笑)。日本語の歌詞がまだないっていうんだから。テストは英語の歌詞で、しかもどこにも披露する場がないって言うんだから(笑)」と裏エピソードも披露。そんな楽曲の魅力を存分に味わった3人へここで、サプライズが……!
 本作のオリジナル楽曲を手掛けたハリウッドのミュージカル界第一線で活躍するベンジ・パセック&ジャスティン・ポールから手紙が届いたとのこと。MCが代読するするも、途中で気持ちがこもってない!と大泉によるツッコミから急遽、大泉自身が読み上げることに。

 吹替版本編の完成おめでとうございます。ようやく日本の皆さんに映画が届くことを、心より嬉しく思っています。
 素晴らしいキャストの皆さんが歌われた歌を聴きました。
 Nanaの歌は楽しさに溢れていて、刺激的で、「Rip Up The Recipe(リップ・アップ・ザ・レシピ)」を輝かせてくれました。
 Kanjiの力強い歌は、どこか人を虜にする魅力があり、 陽気なヘクターのキャラクターを見事に表現してくれました。
 そしてYo、あなたの歌声は、ライルの歌に温かさと優しさをもたらしてくれました。
 あなたの歌が、ライルを愛らしいキャラクターとして照らし、そして何より、ライルに言葉を与えてくれたのです。
 確かに年齢はショーンとは違うけど、あなたは完璧にやり遂げてくれました。
 この作品に全てを注いでくださったことに、心より感謝します。
                       ベンジ・パセック&ジャスティン・ポール

 ここでもまさかのショーンとの年齢差に触れるパセック&ポールのいじり(?)に触れつつも、温かな賛辞の言葉に大泉、石丸、水樹は感無量! そしてイベントの最後には、水樹「本当にハッピーな気持ちになる作品。歌は嘘をつけないものですが、ライルの歌声はとても純粋。だからこそ人の心を動かすんだと思います。音楽の奇跡、パワーを感じてほしい」、石丸「(この映画は)まさにミュージカル映画。紡がれるドラマがあり、キャラクターたちは成長していきます。映画を観た帰りには、皆さんがこの歌を歌って映画館をあとにすると思う」、大泉「登場人物全員がコンプレックスを抱えていますがそれが自然とほどけるような、明日も頑張ろうと思える映画です。高揚感があって、涙がほろっと出る。日本語吹替版も字幕版のショーンの歌声もぜひ楽しんでください!」と締めくくり、舞台挨拶は終了した。

 登壇者:大泉 洋、石丸幹二、水樹奈々

公開表記

 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
 3月24日(金) 全国の映画館で公開!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました