最新ニュース

『聖地には蜘蛛が巣を張る』本編シーン&15秒予告解禁!さらに久米 宏ほか著名人コメント到着

©Profile Pictures / One Two Films

 昨年の第75回カンヌ国際映画祭にてザーラ・アミール・エブラヒミが女優賞を受賞し、先日発表されたロバート賞(デンマーク・アカデミー賞)で今年度最多11部門(作品賞、監督賞、脚本賞、主演女優賞、助演男優賞、編集賞、撮影賞、作曲賞、プロダクションデザイン賞、音響デザイン賞、視覚効果賞)に輝いた、鬼才アリ・アッバシ監督《『ボーダー 二つの世界』(18)》の最新作『聖地には蜘蛛が巣を張る』が、いよいよ4月14日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、TOHOシネマズシャンテ他にて順次公開!

 この度、娼婦連続殺人事件の真相を探るために夜の街で取材を続ける主人公のジャーナリスト・ラヒミに危険が迫る緊張の本編シーンと15秒予告が解禁! さらに久米 宏ほか本作への絶賛コメントが到着した!

“それは、一線を越える” 鬼才アリ・アッバシが描く、衝撃の娼婦連続殺人事件
女性ジャーナリスト・ラヒミが目撃した英雄視されていく犯人の真の姿とは――

 本作はイランの聖地マシュハドで2000年から2001年にかけて16人もの犠牲者を出し“スパイダー・キラー事件”と呼ばれたサイード・ハナイによる娼婦連続殺人事件に着想を得た、戦慄のクライム・サスペンス。
 監督を務めたのは、第71回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でグランプリを受賞した『ボーダー 二つの世界』(18、同年アカデミー賞🄬スウェーデン代表)でスリリングなファンタジーの世界を描き、映画界の注目を一気に集め、最近ではHBOドラマ「THE LAST OF US」第8話、最終話の演出も手掛け話題となった北欧の鬼才アリ・アッバシ。
 主人公の女性ジャーナリストを演じたのは、イラン出身で現在はパリ在住のザーラ・アミール・エブラヒミ。彼女は第三者による私的なセックステープの流出によってスキャンダルの被害者となり、2008年、国民的女優として成功を収めていたイランからフランスへの亡命を余儀なくされたが、本作での鬼気迫る演技が大きな話題となり、第75回カンヌ国際映画祭女優賞に輝いた。

 今回解禁する本編シーンは、「街を浄化する」という犯行声明のもと娼婦を殺害し続ける“スパイダー・キラー”を追い、夜の街で取材を続けるジャーナリスト・ラヒミ(ザーラ・アミール・エブラヒミ)が、裏通りのカフェで若い娼婦ソグラに出会う場面から始まる。「トイレ 貸して」と弱々しい声で懇願する娼婦に、カフェの店主は「お客専用だ」と一度は拒否。その様子を見ていたラヒミは、「ちょっと大丈夫?」と声をかけ、飲み物を与える。ソグラと名乗った女性に「夜遅くに出歩いて怖くない?」「殺人鬼がいる。彼を見たことがない? 誰か怪しそうな男とか」と、立て続けに質問し始めるラヒミ。しかしソグラは「みんな怪しい」と一言返すだけ。「クスリは」と聞くラヒミには乾いた笑いで応え、「ありがと」と言い残して去っていく……。そのあと、ひと気のない暗い夜道を歩くラヒミの背後にバイクの気配が。次第に近づいてくるバイクの音に気づいたラヒミは危険を察知し足早に逃げる。しかし「来るな」「消えろ」と言ってもバイクは追いかけてくる。焦るラヒミはついに「来るな!」と言ってナイフを見せ、路地に逃げ込む!

©Profile Pictures / One Two Films


 ラヒミを追いかけたのは何者なのか、危険を顧みずに事件を追うラヒミに対する警告なのか、その後の展開が気になるシーンとなっている。

 さらに各界著名人が本作をいち早く鑑賞! 久米 宏(フリーアナウンサー)、中瀬ゆかり(編集者・コメンテーター)、真魚八重子(映画評論家)、佐藤ちほ(FLYING POSTMAN PRESS)、安田謙一(ロック漫筆家)、岡本敦史(ライター)、服部誠一(朝日新聞メディアプロダクション「私の描くグッとムービー」デスク)、後藤岳史(映画ライター、編集者)、SYO(物書き)、今 祥枝(ライター・編集者)より、絶賛のコメントが到着した!
 また新たに完成した15秒予告編には、コメントより「イラン版『タクシードライバー』」「アリ・アッバシ。やはり只者じゃあねぇと感嘆」「勇敢な傑作」「相当くらった」と驚きの声を集めて掲載しているのでお見逃しなく。

コメント

久米 宏(フリーアナウンサー)
 20年ほど前、イランで起きた16人の女性連続殺人事件が映像化された事件を取材する女性記者を演じるザーラ・エブラヒムに痺れる。本当に素晴らしい。

中瀬ゆかり(編集者・コメンテーター)
 戦慄を禁じ得ません。
 ラスト、〇〇の映像に震えました。

真魚八重子(映画評論家)
 悔しさ。
 眼前の連続殺人鬼を裁けない社会と偏見の掟。
 性差別で零れ落ちる命を思い、怒りに噛みしめる唇から血が溢れそうだ。

佐藤ちほ(FLYING POSTMAN PRESS)
 映画を観ながら自分たちが生きる世界を省みることのできる、良質な社会派映画。

安田謙一(ロック漫筆家)
 女はヒジャブに二度殺される。
 とても深い題材をしっかりエンターテインメントに成立させた傑作。

岡本敦史(ライター)
 勇敢な傑作。
 主演・キャスティング・APを兼任するザーラ・アミール・エブラヒミがひたすらカッコいい。

服部誠一(朝日新聞メディアプロダクション「私の描くグッとムービー」デスク)
 イラン版『タクシードライバー』。
 劇薬のような作品

後藤岳史(映画ライター、編集者)
 アリ・アッバシ。やはり只者じゃあねぇと感嘆。
 いまのイランでは決して撮れない映画。

SYO(物書き)
 相当くらった。
 流石『ボーダー 二つの世界』アリ・アッバシ監督……えぐられる力作でした。

今 祥枝(ライター・編集者)
 幕切れもぞっとした。
 本当に恐ろしい。
 負の連鎖は続く。

公開表記

 配給:ギャガ
 4月14日(金) 新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、TOHOシネマズシャンテ他全国順次公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました