最新ニュースTVドラマ・ネット映画

Huluオリジナル「THE SWARM/ザ・スウォーム」第7話と最終話が遂に配信スタート!木村拓哉が語る撮影秘話

国境を越えた大ヒット作、激動のクライマックスへ――ついに各国の研究者チームと木村拓哉演じるアイト・ミフネが合流!世界中で続発する海洋異変の“本丸”に突撃!

 世界中で大ヒットしたHBO製作ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の主要プロデューサーの一人で、数々のエミー賞受賞歴を誇るフランク・ドルジャーが「ゲーム・オブ・スローンズ」以降初めて手掛ける連続ドラマとして世界中から注目を集める超大型深海SFサスペンス「THE SWARM/ザ・スウォーム」(全8話)――。オンライン動画配信サービスHuluが参画した本作は、各国の実力派キャストたち、さらに日本から木村拓哉も出演し、映像化不可能と言われたドイツのベストセラー小説「深海のYrr(原題:Der Schwarm)」を、ヨーロッパ制作のテレビシリーズ史上最大級の制作費で映像化。世界の海で突如不可解な現象が巻き起こる中、異変にいち早く気づいた各国の研究者たちが、全身全霊で全容解明に挑む姿をスリリングかつダイナミックに描いた本作は、国境を越えた大ヒットを記録している。
 そんな「THE SWARM/ザ・スウォーム」の最終章となる第7話&最終話が、明日4月8日(土)からHuluで独占配信される。クジラによる攻撃的な行動、次々と現れるバクテリアに冒された新種の海洋生物、海岸線を襲う大津波……世界中の海で前代未聞の海洋異変が続発する中、原因究明に心血を注いできた各国の研究者たち。その結果、すべての海洋異変を操っているのは、人類を攻撃しようとする未知の知的生命体だという仮説にたどり着いた彼らでしたが……。第7話から、物語はさらなる荒波と胸熱の展開が入り乱れる超クライマックスへ。なんと……各国の研究者たちがついに集結し、そこへ木村拓哉が演じるミフネ財団の創始者で慈善家のアイト・ミフネも満を持して合流! 宇宙よりも謎が多いと言われる未知の領域=“深海”に潜む知的生命体の正体と真の目的を明らかにすべく、一丸となって北極海へ赴き、命をも危ぶむ最終局面に立ち向かっていく――。

木村拓哉が最新インタビューで充実の撮影を回顧!印象的だったシーンも明らかに。「海は“向き合う相手”。人間と同じように、相手の立場に立って考えることが大事。」

 「THE SWARM/ザ・スウォーム」は日本初公開となる第7話&最終話の配信をもって、全話一挙配信も同時スタート。衝撃に次ぐ衝撃の物語と、新味に満ちた大迫力映像をすべて、くまなくお楽しみいただける。そんな超大作の醍醐味を撮影現場でいち早く体感した木村拓哉が、なんとこのたびインタビューに応じてくれた。
 今作が海外ドラマ初出演となる木村は、「出演の声をかけていただけて嬉しかったです。撮影の場に身を置いてみて感じたのは、作品にかける現場の雰囲気というのは、どこの国でもどの場所でも同じものなんだということ」と振り返る。撮影中は制作サイドが楽屋提供を申し出るも、丁重に断り、常に現場のすぐそばに寄り添い続けた木村。製作総指揮のフランク・ドルジャーはそんな木村に対して「おかげで撮影時間を短縮し、演出の幅を広げることができた。より良い作品を作りたいという思いからそうおっしゃってくださり、これが本当のプロフェッショナルだなと感心しました」と語っていたが、そんなフランクについて木村は「フランクは包容力もあり、非常に丁寧な方。現場にずっといて、全員を見てくれていて、困っている人がいないかなど、しっかりとアンテナを張ってくれていたので、一緒にお仕事ができて本当に恵まれているなと感じました」と称賛。また、共演者でシグル・ヨハンソン博士を演じたアレクサンダー・カリムとのリモート会議でのシーン撮影に関して「アレックスが撮影現場に来て、カメラの横で会話や相槌を打ってくれたのでものすごく助かりました」と、声を弾ませる。また、各国のキャストたちが一堂に会したシーンの撮影も、熱がほとばしるセッションに! 「みんなのコミュニケーションやディスカッションに食らいついていく感じでした」と振り返り、充実した笑顔を浮かべた。さらに、インタビューでは、自身が演じたアイト・ミフネの名前を木村が提案したことも明らかに。「海が舞台のストーリーで、“船”という言葉も含まれているので、日本を代表する俳優さんの名を借りて“ミフネ”はどうでしょうと提案したら、みんな受け入れてくれました」と、その経緯を明かしてくれた。
 また、「作品内では“海”が人類に対していろいろな形でメッセージを送ってきます。海洋異変を描いたシーンの脚本を読んだ時は、どうやって映像化するんだろう?と思っていたのですが、実際の映像は想像以上の仕上がりになっていました。“自然がもし人類に対して本気で怒ったらこんなに怖いことが起きるんだよ”というのがリアルに実感できると思います」と注目してほしいポイントについても言及。特に印象的だったシーンとして「未知の知的生命体が、人間の起こした行動に対して怒るシーン」をあげ、「海面が突然表情を変えて、ものすごい衝撃とスピードと色を発するのですが、人間の想像力があればVFXを使って何でも具現化できるんだなと実感しました」と本作ならではの迫力をアピールした。
 そんな木村は「THE SWARM/ザ・スウォーム」の出演をきっかけに、“海”に対する向き合い方が変わったことも告白。「東京湾でクジラが発見されたとか、千葉の海岸でイルカが打ち上げられたといったニュースを見て、それはなぜなのか?その背景には何があるのか?ということをより深く考えるようになりました。海をしっかりと“向き合う相手”として考えて、人間同士と同じように、相手の立場に立って考えることが大事だと思います」と、力強く語った。
 コメントからもビシバシ伝わってくる、作品にかけたまっすぐな思い――木村が魂を込めて撮影に臨んだ「THE SWARM/ザ・スウォーム」をぜひHuluで何度でもご覧になり、大型国際ドラマならではの迫力と感動と興奮を、骨の髄まで味わい尽くしていただきい。

木村拓哉 コメント

 今回、出演の声をかけていただけて嬉しかったです。撮影の場に身を置いてみて感じたのは、作品にかける現場の雰囲気というのは、どこの国でもどの場所でも同じものなんだということです。年齢も国籍も違う多様性あふれる現場だったので、もし嫌なこと、苦しいこと、辛いことが目の前に現れたとしても逃げずに乗り越えようということはいつも思っていました。主要キャストが全員揃うシーンでは、みんなのコミュニケーションやディスカッションに食らいついていく感じでした。
 フランク・ドルジャーは包容力もあり、非常に丁寧な方。現場にずっといて、全員を見てくれていて、困っている人がいないかなど、しっかりとアンテナを張ってくれていたので、一緒にお仕事ができて本当に恵まれているなと感じました。また、リモート会議での撮影では、アレックスが現場に来て、カメラの横で会話や相槌を打ってくれたのでものすごく助かりました。
 作品内では“海”が人類に対していろいろな形でメッセージを送ってきます。海洋異変を描いたシーンの脚本を読んだ時は、どうやって映像化するんだろう?と思っていたのですが、実際の映像は想像以上の仕上がりになっていました。“自然がもし人類に対して本気で怒ったらこんなに怖いことが起きるんだよ”というのがリアルに実感できると思います。今回の出演をきっかけに、僕自身も東京湾でクジラが発見されたとか、千葉の海岸にイルカが打ち上げられたといったニュースを見て、「それはなぜなのか?」「その背景には何があるのか?」と、より深く考えるようになりました。この作品では、海をしっかりと“向き合う相手”として捉え、人間同士と同じように、相手の立場に立って考えることが大事だというメッセージが描かれています。ある意味ファンタジーとしても見られるし、現実的な目線で「このままでみんな大丈夫?」と警鐘も鳴らしてくれる作品なので、ぜひ楽しんでいただきたいと思います。

第7話あらすじ

 アルバン船長率いる世界最先端の先端技術を駆使した研究船トヴァルセン号に乗り込んだ科学者チームとミフネ財団のスタッフは、未知の知的生物が潜んでいると推測されるグリーンランド沖の北極海モロイ海淵へと向かう。北極海で、操縦士のルーサーとともに潜水艇に乗り込み海底へと向かったチャーリーは、船へ戻る途中で発光する生き物を目撃。船内ではクロウが送った信号を知的生物が受信し、返信していることを確認していた。格納庫で倒れたデータ分析管のアリシアを検査したローシュは、何かがアリシアの神経系と融合した形跡を見つける。知的生物が潜水艇と一緒に船内に入ってきた可能性が高いと判断した船長は格納庫を封鎖するが……。

世界での放送&配信予定国

 ドイツ、オーストリア、スイス、デンマーク、スウェーデン、フィンランド、アイスランド、ノルウェー、オランダ、ポーランド、リトアニア、エストニア、ラトビア、フランス、イタリア、スペインでも2月22日以降、順次放送&配信スタートを予定している。

番組概要

番組タイトル:Huluオリジナル「THE SWARM/ザ・スウォーム」(全8話)
配信情報:4月8日(土)から【第7話・最終話】独占配信

スタッフ
 製作総指揮:フランク・ドルジャー
 監督:バーバラ・イーダー、ルーク・ワトソン
 原作:「THE SWARM」フランク・シェッツィング著
 脚本:スティーヴ・ラリー、マリッサ・レストラード
 制作:インタグリオ・フィルムズ(※1)、ndFインターナショナル・プロダクション(※2)

 ※1.インタグリオ・フィルムズ(Intaglio Films GmbH)
 ドイツのベータ・フィルムとZDFエンタープライズの合弁企業。本社はベルリンにあり、国内および国際市場をターゲットとした英語のテレビドラマの企画、出資および制作を手掛けている。エミー賞受賞プロデューサー、フランク・ドルジャー(HBO「ゲーム・オブ・スローンズ」、「ジョン・アダムズ」、「ローマ」製作総指揮)がインタグリオの代表を務める。

 ※2.ndFインターナショナル・プロダクション(ndF International Production)
 ドラマ制作におけるドイツ有数の企業、ndFの子会社として設立された。ndFはドイツの大ヒット作品「DER BERGDOKTOR(原題)」や「UM HIMMELS WILLEN(原題)」、「AKTENZEICHEN XY(原題)」を制作。ndFインターナショナル・プロダクションは、エリック・ウェルベールの国際共同製作における豊富な経験を活かし、国際共同製作作品に特化している。

キャスト
 アレクサンダー・カリム(シグル・ヨハンソン役)
 セシル・ドゥ・フランス(セシル・ローシュ役)
 レオニー・ベネシュ(シャーロット・”チャーリー”・ワグナー役)
 ジョシュア・オジック(レオン・アナワク役)
 木村拓哉(アイト・ミフネ役)
 バルバラ・スコヴァ(カタリーナ・レーマン役)
 シャロン・ダンカン=ブルースター(サマンサ・クロウ役)

Huluとは

 Huluは映画・ドラマ・アニメ・バラエティなどを楽しめるオンライン動画配信サービスです。月額定額料金でいつでも、どこでも、10万本以上の作品が見放題。日本初上陸の海外ドラマを配信する「Huluプレミア」や、独自で製作する「Huluオリジナル」を筆頭に、テレビで放送中の人気番組の見逃し配信や、音楽ライブの配信などラインナップも幅広くHuluでしか観られないコンテンツも豊富に取り揃えています。また、ライブ配信も充実。日米英のニュース、ドキュメンタリー、スポーツチャンネルなどをお楽しみいただけます。さらに都度課金制のHuluストアでは劇場公開から間もない最新映画や海外ドラマの最新シーズンに加え、人気の舞台や音楽イベントなどのライブ配信も提供。月額料金を支払う事なくどなたでもレンタル/購入できます。HuluもHuluストアもインターネットに接続したテレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットなどで視聴可能です。
 Huluは月額1,026円(税込)となります。ただし、iTunes Store決済の場合には1,050円(税込)となります。
 https://www.hulu.jp/(外部サイト)

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました