作品紹介

『アンダーカレント』

🄫豊田徹也/講談社 🄫2023「アンダーカレント」製作委員会

イントロダクション

 2004年の連載以来、「まるで1本の映画を観ているようだ」と漫画評論家の間や口コミで高く評価され、2010年「漫画界のカンヌ映画祭」と呼ばれるフランス・アングレーム国際漫画祭ではオフィシャル・セレクションに選出、2020年にフランス・メディアで発表された「2000年以降の絶対に読むべき漫画100選」では堂々の3位に選出されるなど、フランスを中心とした海外でも熱狂的な人気を誇る伝説的漫画、豊田徹也の唯一の長編漫画『アンダーカレント』がついに映画化! この度、2023年10月6日(金)に劇場公開が決定した!
 映画化決定が発表されるやいなやSNS上では、原作ファンを中心に、映画化への興奮と期待の熱がじわじわと広がり、先日の主演・真木よう子の発表では、「まさにぴったり」「真木よう子×今泉監督の組み合わせを早く見たい」と熱狂的な支持の声が上がり、早くもその動向から目が離せない本作。主演・真木よう子×監督・今泉力哉、という初の強力タッグで贈る、人間関係が希薄になりがちな今の時代だからこそ贈りたい、おだやかな日常に漂う“心の奥底に沈めた想いを描き出す”心震える物語がここに誕生した。

🄫豊田徹也/講談社 🄫2023「アンダーカレント」製作委員会

ストーリー

 家業の銭湯を継ぎ、夫の悟とともに順風満帆な日々を送るかなえ。しかし突然、悟が失踪する。途方に暮れていたかなえだったが、なんとか一時休業していた銭湯を再開させる。
 数日後、堀と名乗る謎の男が、銭湯組合の紹介を通じて「働きたい」とやって来る。その日から、住み込みで働くことになった堀とかなえの不思議な共同生活が始まる。友人から紹介された胡散臭い探偵・山崎とともに期間限定で悟を捜しながら、堀と過ごす心地よい時間の中で、穏やかな日常を取り戻しつつあったかなえ。
 だが、あることをきっかけに、悟、堀、そしてかなえが閉ざしていた心の深層が、徐々に浮かび上がっていく。それぞれの心の底流(アンダーカレント)が交じりあったその先に訪れるものとは――。

 (2023年、日本)

キャスト&スタッフ

 出演:真木よう子、井浦 新、リリー・フランキー、永山瑛太、江口のりこ、中村久美、康すおん、内田理央
 監督:今泉力哉
 脚本:澤井香織、今泉力哉
 原作:豊田徹也『アンダーカレント』(講談社「アフタヌーンKC」刊)
 製作幹事:ジョーカーフィルムズ、朝日新聞社
 企画・製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ

ギャラリー

特別映像

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『アンダーカレント』2023年 秋 公開
主演:真木よう子×監督:今泉力哉で、世界が絶賛する豊田徹也原作の伝説的コミックを待望の映像化。⼈をわかるってどういうことですか?おだやかな⽇常に漂う、⼼の<底流(アンダーカレント)>を⾒つめる物語。2023年 秋 公開。

 公式Twitter:@undercurrent_m
 公式Instagram:https://www.instagram.com/undercurrent_m(外部サイト)
 公式Facebook:https://www.facebook.com/undercurrent.m(外部サイト)

公開表記

 配給:KADOKAWA
 2023年10月6日(金) 全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました