最新ニュース

鬼才アイザック・エスバン監督最新作『イビルアイ』全国公開決定&日本版ティザーポスター解禁!

© FILM TANK, CINEPOLIS, CINEMA MAQUINA All Rights Reserved.

 世界各地の映画祭を席捲した『パラドクス』『ダークレイン』の鬼才アイザック・エスバン監督最新作『Evil Eye(英題)』が、邦題を『イビルアイ』として、7月28日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開されることが決定! 日本版ティザーポスターが解禁された。

 本作は、13歳の少女ナラが祖母の不可解な行動から祖母が人間ではない何者かであることを疑い始め、恐怖に怯えながら隠された秘密を暴いていく“セレモニー・スリラー”。

 監督は世界中から熱い注目を集めているアイザック・エスバン。2014年の長編初監督作『パラドクス』では、カンヌ国際映画祭やバンクーバー国際映画祭など40を超える映画祭に招待され映画賞を15部門獲得。翌年発表した『ダークレイン』は、米批評サイト「ロッテン・トマト」で94%が高評価、シッチェス・カタロニア国際映画祭作品賞ほか7部門を受賞、30部門でノミネートを果たした。

 そして、待望の新作『イビルアイ』はプレミア上映された第18回ファンタスティック・フェスト映画祭でわずか“60秒”でオンラインチケットが完売。第55回シッチェス・カタロニア国際映画祭では「近年で最も素晴らしく、最も奇妙で、最も背筋が凍る」「アリ・アスターに並ぶ才能」と評価され、メキシコ劇場公開では興行収入3週連続トップ10入りのスマッシュヒットを記録する熱狂ぶりをみせている。

 この度解禁されたティザービジュアルは、「目覚める」というコピーと共に、ただならぬ雰囲気の祖母が描かれている。タイトルは「邪眼」を意味し、不気味にも祖母の目が切り取られており、不穏な物語を予感させるビジュアルとなっている。

 映画『イビルアイ』は7月28日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開。

ストーリー

 都会に住む13歳の少女ナラは、妹の奇妙な病気を治すため、家族とともに母の田舎であるラスアニマスという村を訪れた。田舎には年老いた祖母が一人で住んでいた。しかし、次第に不穏な空気が漂い始め、ナラは祖母の不可解な行動から、彼女が人間ではない何者かであると疑い始める。どんどん容体が悪くなる妹、家政婦の突然死……。この村と祖母に隠された秘密とは一体……。

 (原題:Evil Eye、2022年、メキシコ、上映時間:100分)

キャスト&スタッフ

 監督・脚本:アイザック・エスバン
 脚本:ジュニア・ロザリオ/エドガー・サン・フアン
 音楽:カミラ・ウボルディ
 撮影:イシ・サルファティ
 出演:オフェリア・メディナ、パオラ・ミゲル、サマンサ・カスティージョ

オフィシャル・サイト(外部サイト)

エックスサーバー サーバー初期ページ

公開表記

 配給:AMGエンタテインメント
 2023年7月28日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました