作品紹介

『マルセル 靴をはいた小さな貝』

©2021 Marcel the Movie LLC. All Rights Reserved.

イントロダクション

 A24が北米配給を担い、批評家からの大絶賛、数々の映画賞でのノミネート・受賞が相次ぎ、第95回アカデミー賞®長編アニメ映画賞の大本命と目される映画『Marcel the Shell with Shoes On』が、邦題『マルセル 靴をはいた小さな貝』として、今年6月に緊急公開することが決定した。

 本作は、2010年から2014年にかけてYouTubeで順次公開され、累計5000万回再生を記録した短編作品を長編映画化したもの。実写とストップモーション・アニメを組み合わせることで“靴をはいた小さな貝 マルセル”の冒険を時にコミカルに、時にエモーショナルに描き出す。監督を務めたのは、新進気鋭の映像作家ディーン・フライシャー・キャンプ。本作の高評価を受け、実写映画版『リロ&スティッチ』の監督に抜擢! YouTubeから躍り出た新世代クリエイターとしていま最注目の映像作家だ。

 2022年6月に全米で公開された本作。『ミッドサマー』『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』などで知られる製作・配給会社A24が複数のハリウッド・メジャーとの熾烈な競争の末に北米配給権を獲得し、たった6館での限定公開にも関わらず、館アベレージ2.8万ドルを叩き出す大ヒットを記録! 映画批評サイトRottenTomatoesでは98%フレッシュ(23/3/3現在)を獲得し、高評価のレビューが続出している。

©2021 Marcel the Movie LLC. All Rights Reserved.

ストーリー

 アマチュア映画作家のディーンは、あるAirbnbで、体長およそ2.5センチの靴をはいたおしゃべりな貝・マルセルと出会う。ディーンは彼が語る人生に感銘を受け、マルセルを追ったドキュメンタリーをYouTubeにアップするのだが……。

原題:Marcel the Shell with Shoes On、2021年、アメリカ、上映時間:90分)

キャスト&スタッフ

 監督:ディーン・フライシャー・キャンプ
 脚本:ディーン・フライシャー・キャンプ、ニック・パーレイ、ジェニー・スレイト
 キャスト:ジェニー・スレイト(マルセル/声)、イザベラ・ロッセリーニ(マルセルの祖母コニー/声)、ディーン・フライシャー・キャンプ(アマチュア映画作家ディーン)、レスリー・スタール(CBS「60ミニッツ」キャスター/本人役)

ギャラリー

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

【公式】映画『マルセル 靴をはいた小さな貝』オフィシャルサイト
6.30(金) Roadshow|第95回アカデミー賞長編アニメ映画賞ノミネート! A24北米配給権獲得!全米席巻の実写×ストップモーション作品 待望の日本公開

 公式Twitter:@Marcel_movie_JP
 公式Instagram:@marcel_movie_jp

公開表記

 提供:アスミック・エース、TCエンタテインメント
 配給:アスミック・エース
 6月30日(金)、新宿武蔵野館・渋谷ホワイト シネクイントほか全国公開!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました