最新ニュース

『渇水』メイキング写真解禁

Ⓒ2022『渇水』製作委員会

 1990年、第70回文學界新人賞受賞、第103回芥川賞候補となり注目を浴びた河林 満による「渇水」。〈生の哀しみ〉を鮮烈に描いた名篇が、『凶悪』(13)、『彼女がその名を知らない鳥たち』(17)、『孤狼の血』シリーズ(18、21)、『死刑にいたる病』(22)など、多くの重厚な作品を世に送り出し続ける映画監督・白石和彌の初プロデュースにより刊行から30年の時を経て映画化した。監督は、相米慎二、市川準、阪本順治、森田芳光、宮藤官九郎ら錚々たる監督作品で助監督としてキャリアを重ねた髙橋正弥。主演には、『土竜の唄 シリーズ』(14、16、21)、『彼らが本気で編むときは、』(17)、『湯道』(23)など数々の映画作品、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(22)でも話題となり、華やかな人気と、多彩な役どころを変幻自在に演じ分ける実力を併せ持つ俳優・生田斗真。水道料金を滞納する家庭の水を日々停めて回る業務に就く水道局員の主人公・岩切俊作が、心の渇きにもがきながらも“生の希望”を取り戻していくという難しい役どころを体現した。さらに門脇 麦、磯村勇斗、尾野真千子ら実力派俳優が揃い踏み脇を固める。
 人と人の関係が希薄になってしまった現代社会に、真の絆とは何かを問いかけ、観る者を生への希望で照らし出す珠玉のヒューマン・ドラマ映画『渇水』は2023年6月2日(金)より全国公開中。

 この度、メイキング写真が解禁となった! 今回解禁となったメイキング写真は、主人公・岩切を演じた生田斗真、岩切が停水執行する中で出会う母親の有希を演じた門脇 麦、岩切の同僚・木田を演じた磯村勇斗、そして有希の娘たち恵子と久美子をそれぞれ演じた山﨑七海と柚穂の撮影中の一コマが切り取られている。
 同僚を演じた生田と磯村は物語後半のシーンの撮影の最中でも、劇中の先輩後輩さながら談笑し合い、劇中では難しい距離感の役どころを演じながらも親子を演じた3人は笑顔でピースサイン。生田の才能に絶大な信頼を寄せていた髙橋監督は、生田に対し細かい指示を行わなくとも「僕が思っている岩切像のままをやってくれた」と語る。


 さらに、撮影機材に興味津々の生田の様子も明らかに。16mmフィルム・カメラでの撮影にスタッフ全員が高揚感を抱いていたという現場だったが、公開前に行われたイベントでもフィルム撮影ならではの機材の“待ち時間”でスタッフとのコミュニケーションを楽しんでいたと明かしていた生田。「フィルムでしか刻めない味、香りを楽しんでいただきたい」とメッセージを送っていた。

 難しいシーンの撮影も多かった作品ながらも、柔らかく温かな現場だったという本作。そんなキャスト・スタッフがつくりあげた『渇水』はどんな結末に辿り着くのか、劇場でお確かめいただきたい。

公開表記

配給:KADOKAWA
全国公開中

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました