作品紹介

『マルセル・マルソー 沈黙のアート』

イントロダクション

 マウリツィウス・シュテルクレ・ドルクス監督『マルセル・マルソー 沈黙のアート』が2023年9月16日(土)からシアター・イメージフォーラムにて公開されることが決定した。

 “パントマイムの神様”マルセル・マルソー。ボロボロのシルクハットと赤いバラ、白塗りメイクで世界に知られる道化師“ビップ”〈BIP〉。言葉をひと言も発さず、身ぶりと表情だけですべてを表現するマルソーの舞台はいかにして生まれたのか?沈黙の表現はなぜ人びとを惹きつけ続けるのか?豊富なアーカイブ映像を織り交ぜ、さまざまな視点からマルセル・マルソー、そしてパントマイムの神髄に迫るドキュメンタリー。1923年生まれのマルソーの生誕100周年を記念した上映となる。

 マルソーの妻アンヌ・シッコ、娘のカミーユ・マルソーとオーレリア・マルソー、孫のルイ・シュヴァリエはみなパフォーマンス・アーティスト。彼らが語るマルソーは、それぞれ微妙に異なっている。ルイは、周囲から〈マルソーの孫〉と見られることに重圧を感じている。本作が長編3作目となるマウリツィウス監督が、マルソーの家族だからこそ持ち得る感覚の違いを繊細に映し取っている。

 ユダヤ人のマルソー。父親はアウシュヴィッツで殺害された。第二次世界大戦中、フランスのレジスタンス運動に身を投じ、自らの身分証を偽造してユダヤ人孤児300人余をスイスに逃がしたマルソー。危険な状況下で声を発さないコミュニケーション方法は、戦後独自の芸術表現に昇華され国境を越え愛されるようになった。マルソーと共に運動に参加した、撮影当時108歳だった従兄弟のジョルジュが、マルソーのレジスタンス運動について語る。

 生誕100周年を迎える今年、改めて知るべきマルソーの姿が明らかになる。

  (原題:L’art du silence、2022年、スイス=ドイツ、上映時間:85分)

キャスト&スタッフ

 監督:マウリツィウス・シュテルクレ・ドルクス
 出演:マルセル・マルソー、クリストフ・シュテルクレ、アンヌ・シッコ、カミーユ・マルソー、オーレリア・マルソー、ルイ・シュヴァリエ、ロブ・メルミン
ジョルジュ・ロワンジェ、ダニエル・ロワンジェ

ギャラリー

オフィシャル・サイト(外部サイト)

『マルセル・マルソー 沈黙のアート』9月16日(土)シアター・イメージフォーラムにて公開!

公開表記

 配給:パンドラ
 9月16日(土)~シアター・イメージフォーラムにてロードショー、全国順次公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました