作品紹介

『オクス駅お化け』

©2023, MYSTERY PICTURES & ZOA FILMS, ALL RIGHTS RESERVED

イントロダクション

 現代社会の闇をエンターテイメントへ昇華させた『整形水』を生んだ韓国のウェブトゥーン。
 『オクス駅お化け』もその一つで、原作は、2011年、NAVERウェブトゥーンミステリー短編として発表され、当時1億を超える閲覧数と、平均9.84/10点の驚異的レビューを獲得した伝説のホラーウェブ漫画だ。
 鳥肌モノの都市伝説が、構想9年を経て、Jホラーの巨匠として名高い『リング』の高橋 洋らによる脚本で待望の実写映画化。
 主演に韓国で社会現象になり大ヒットしたドラマ「SKYキャッスル~上流階級の妻たち~」のキム・ボラ、N.Flyingのドラマーで日本テレビのドラマ「君と世界が終わる日に」でも話題を呼んだキム・ジェヒョンが共演。
 韓国では2023年4月に公開され、大作がひしめく中、小規模公開ながらも初登場3位という快挙を成し遂げた。

©2023, MYSTERY PICTURES & ZOA FILMS, ALL RIGHTS RESERVED
©2023, MYSTERY PICTURES & ZOA FILMS, ALL RIGHTS RESERVED

ストーリー

 大都市ソウルに実在する地下鉄の《オクス駅》。
 バズらせることが全ての駆出しの記者が、ある人身事故にまつわる奇妙な目撃談を記事にした――。
 やがて真相を追ううちに、不気味な変死が次々と起こり始める……。

 駆け出しのウェブニュース記者のナヨンは、ボーイフレンドのウウォンを助手として、アクセス数を稼ぐため、地下鉄オクス駅での人身事故の記事を書くことに。取材を進めていくと被害者以外に「線路に子どもがいた」という奇妙な目撃談がでてくる。ある目撃者は、取り憑かれたように謎の数字を連呼するのだった。事件の真相を追ううちに、二人の周囲で次々とおぞましい変死が起こり始める……。

 (原題:옥수역귀신、2022年、韓国、上映時間:80分、PG12)

キャスト&スタッフ

 脚本:高橋 洋、イ・ソヨン、白石晃士(脚本協力)
 監督:チョン・ヨンギ
 出演:キム・ボラ、キム・ジェヒョン、シン・ソユル

ギャラリー

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『オクス駅お化け』公式サイト|2023年10月6日(金)公開
韓国で大ヒット!虐げられた者たちの憎悪が蠢く。日韓合作、震撼の都市伝説ハイブリッドホラー

公開表記

 配給:松竹ODS事業室
 10月6日(金) 全国ロードショー!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました