最新ニュース

ドキュメンタリーの名匠ジャンフランコ・ロージ監督最新作『旅するローマ教皇』本ビジュアル解禁&公開日が10月6日(金)に決定!

© 2022 21Uno Film srl Stemal Entertainment srl

 『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』など次々と傑作ドキュメンタリーを生みだしてきた名匠ジャンフランコ・ロージ監督最新作『旅するローマ教皇』の公開日が10月6日(金)に決定した! それに併せて本ビジュアルも解禁された。

この秋、ローマ教皇と一緒に旅に出ませんか? 世界各国、旅先の景色が散りばめられた本ビジュアルが解禁!

 ヨーロッパ、中東、アフリカ、アメリカ、そして日本……。
 2013年から9年間で37回、53ヵ国を訪れ、現在も世界を周り続けているローマ教皇フランシスコ。
 アカデミー賞®長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』など、圧倒的な映像美で世界を切り取ってきた名匠ジャンフランコ・ロージが、約800時間分の膨大な記録映像と、新たに撮り下ろした映像を交えながら、教皇の旅を通して世界の今を見つめるドキュメンタリー、『旅するローマ教皇』の公開が10月6日(金)に決定した。
 併せて解禁された本ビジュアルは、地球をイメージした円の中に、手を振る教皇フランシスコの後ろ姿が象徴的に配置され、これまでに訪れたさまざまな国の景色が散りばめられたデザインとなっている。世界の人々に笑顔で歓迎され、一人ひとりと言葉を交わし、抱き合う教皇フランシスコ。中には飛行機の窓から見下ろした富士山の姿も……。「一緒に旅にでましょう」というコピーが語りかけてくるように、教皇フランシスコが私たちを世界旅行へ導いてくれそうな、期待が高まるビジュアルが完成した。

数々の傑作ドキュメンタリーを手掛けるジャンフランコ・ロージ監督最新作。愛にあふれたローマ教皇の語られることのなかった、真の姿に迫るドキュメンタリー。

 ローマ教皇の旅――2013年のランペドゥーサ島から始まり、2022年のコロナ禍のマルタ共和国まで。難民問題、紛争に苦しむ中東やアフリカ、アメリカでは平和について語り、被爆地である日本では黙とうをささげ、カトリック教会で起きた性的虐待については謝罪する……。「旅とは知的で精神的な修行だ」と語る教皇は、世界各国へ足を運び、笑顔で手を振るだけでなく、市井の人々と触れ合い、話を聞き、夢見ることの大切さを伝える。垣間見える明るく飾らない人間性。さまざまな世界の問題に耳を傾け、語る教皇フランシスコの言葉は、現在の社会情勢を映し出し、私たちの心をゆさぶる――。

ローマ教皇フランシスコについて

 1936年、アルゼンチン生まれ。本名はホルヘ・マリオ・ベルゴリオ。2013年3月に行われたコンクラーベ(教皇選出のための選挙)にて、第266代教皇に選ばれ、フランシスコと名乗るようになる。史上初のアメリカ大陸出身のローマ教皇であり、日本にはじめてキリスト教を伝導したとされる聖フランシスコ・ザビエルと同じイエズス会から初めて選出された教皇でもある。大のサッカー好きで、明るく飾らない人柄が人気を集めており、“庶民派教皇”“ロックスター教皇”などと呼ばれることも。2019年11月には、ローマ教皇としては38年ぶりに日本を訪れ、長崎、広島で祈りを捧げたほか、東京ドームでは5万人を熱狂させた。

キャスト&スタッフ

 脚本・監督:ジャンフランコ・ロージ

 (原題:In Viaggio、2022年、イタリア、上映時間:83分)

公開表記

 配給:ビターズ・エンド
 10/6(金)より、Bunkamura ル・シネマ 渋谷宮下、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました