最新ニュース

人生を懸けてメガネ作りに挑んだ人々の情熱と愛の物語『おしょりん』場面写真解禁!

©「おしょりん」制作委員会

 人生を懸けてメガネ作りに挑んだ人々の情熱と愛の物語。この度、映画『おしょりん』《10月20日(金)より福井県先行公開、11月3日(金・祝)より角川シネマ有楽町ほかにて全国公開》の場面カットが解禁となった。

 今では日本産メガネの95%を生産している福井県。藤岡陽子「おしょりん」(ポプラ社)を元にした本作は、明治時代の福井を舞台に、豪雪地帯のため冬は農作業ができず収入の道がなくなる村を助けようと、メガネ工場をゼロから立ち上げた増永五左衛門と幸八の兄弟と、二人を信じて支え、見守り続けた妻・むめを描いた、挑戦と情熱、そして家族の愛の物語。史実をもとに、福井がメガネの聖地となった成り立ちを追いかけ、“ものづくり”の魅力と、実用品かつ装飾品でもあるメガネに渾身の技術と魂を吹き込む職人と彼らを支える家族を感動的に描きあげた。

 主人公・むめには、北乃きい。女性の自由が少なかった時代に、メガネづくりを成功させるという夢を見ることで、心の自由を手にした女性を生き生きと演じた。むめの夫である増永兄弟の兄・五左衛門には、小泉孝太郎。弟の幸八には、森崎ウィン。監督は『えちてつ物語 ~わたし、故郷に帰ってきました。~』の児玉宜久。

 この度、人生を懸けてメガネ作りに挑んだ人々の情熱が伝わる場面写真が解禁となった。メガネ工場を立ち上げた増永兄弟を愛と情熱で支えた北乃きい演じる主人公むめの優しい表情を捉えたカットや、真剣な眼差しをメガネに向ける森崎ウィンと小泉孝太郎演じる増永兄弟、宮大工出身ながら一からメガネ作りに挑む職人を演じた駿河太郎など、今となってはメガネ生産の聖地となった福井県の礎を築いた人々の熱い想いが伝わってくる場面写真となっている。増永兄弟の母役のかたせ梨乃、メガネ作り職人役の津田寛治、メガネ商人役の佐野史郎ら脇を固めるキャストも豪華な面々が揃った。

 メガネ製造技術の習得の難しさ、難航する資金調達など、何度も挫折しそうになりながら諦めず立ち向かった人々を実力派キャストたちの熱演で感動のサクセス・ストーリーとして完成させた映画『おしょりん』に心震えるだろう!

 撮影は、2022年2月から4月にかけ、福井県をはじめ県内17市町、100を超える県内企業が協力しオール福井ロケで行われた。日本三大松原として知られる気比の松原(敦賀市)、旧谷口家(住宅国指定重要文化財/越前市)、西野本家住宅(登録有形文化財/越前市)、おさごえ民家園(福井市)、旧岸名邸(登録有形文化財/坂井市)、旧森田銀行(登録有形文化財/坂井市)など、多くの景勝地がスクリーンに刻まれている。

 映画『おしょりん』は、2023年10月20日(金)より福井県にて先行公開、11月3日(金・祝)より角川シネマ有楽町ほか全国公開。

公開表記

 配給:KADOKAWA
 10月20日(金)、福井先行公開
 11月3日(金・祝)、角川シネマ有楽町ほか全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました