最新ニュース演劇

清原果耶 初舞台『ジャンヌ・ダルク』ポスタービジュアル&全キャスト写真・コメント解禁!

 今年の11月に上演を発表している舞台『ジャンヌ・ダルク』のポスタービジュアルと、全出演者のコメントと写真が公開された。
 2010年、2014年に続き3度目の上演となる白井 晃演出の『ジャンヌ・ダルク』。今回はオール新キャストで、9年の時を経て再構築された舞台が披露される。
 キャストのコメントからも期待と不安の入り混じった熱い気持ちが伝わってくる。

コメント

清原果耶
 今回の舞台のお話をいただいて、嬉しい気持ちで胸がいっぱいになりました。
 舞台に挑戦してみたいという気持ちは、このお仕事を始めてからずっとありましたし、まさか「ジャンヌ・ダルク」に参加できるだなんて思いも寄りませんでした。
 ジャンヌのようにたくさんの人々を導いていく力を自分が持てるだろうか、そして最後まで懸命に生きてその勇姿を届けられるのかなと、稽古がまだ始まっていない今から緊張や不安を感じてはいるのですが、演出の白井 晃さんをはじめとするスタッフ・キャストの皆さんの言葉や生き様を目に焼き付けながら、皆さんと一緒に作るこの舞台を楽しめれば良いなと思っています。
 ジャンヌが信じる道を全うしようと生きていく中で、さまざまな恐怖や葛藤、そして孤独も抱えていたはずです。
 1人の少女ジャンヌにどこまで寄り添い一緒に戦うことができるのか、たくさんの方々のお力をお借りして、新たな「ジャンヌ・ダルク」をお届けできるよう励みます。

小関裕太
 7年ぶりに白井 晃さんとご一緒できることがまず嬉しいです。
 白井さんは観客の目線を操る魔術師。映画でいうところのカメラ・ワークが天才的で、ちょっとひねくれた視点で見ようとしても、つい「あそこを見たい」と思わされてしまいます。再演の際の映像を観て、出演者の多さ、その動きの面白さ、すごい迫力に、「こんな壮大なプロジェクトに声をかけていただいたんだ」と、あらためて光栄に感じました。
 清原果耶さんとは今回が「はじめまして」ですが、いくつかドラマを拝見して、まとう雰囲気も声も、その人にしかないもので、素敵だなと感じていました。映像の中で輝いていた清原さんが舞台でどう変化し、どんな表情を見せてくださるのかも、とても楽しみです。
 目の前にそのキャラクター、その人がいるという事実の重さ、緊張感や躍動感こそが舞台の魅力。僕も、映像の画面を通じて伝えるのとは違う、舞台ならではの味わいを持ったシャルル王を演じたいなと意気込んでいます。

福士誠治
 タルボット役を演じます福士誠治です。
 ジャンヌ・ダルクという名作に出演できること、本当に光栄に思うと共に、戦乱の中生き抜くジャンヌにどう壁として立ちはだかるのかワクワクします。
 中島かずきさんの脚本はその時を生きるセリフを書いてくださるのでタルボットの葛藤をしっかりと表現していきたいです。
 そして白井 晃さんの演出を受けるのは今回が初めてなので、何よりも楽しみです。
 皆さん、歴史の瞬間をお見逃しなく!

荒木飛羽
 初舞台で「ジャンヌ・ダルク」に参加できることに嬉しさと緊張といろいろな感情が溢れています。全てが初挑戦なので一つひとつを噛み締めながら、傭兵ケヴィンを演じていきたいと思います。スタッフ、キャストの皆さんと一緒に舞台を作る時間を大切にし、「ジャンヌ・ダルク」の世界を、多くの人に届けられるよう頑張りたいです。

深水元基
 ジャンヌと同じフランス軍のアランソン公を演じさせていただけるなんて嬉しい限りです。
 ジャンヌを認め、共にイギリス軍と戦い、奇跡を見る。ジャンヌをしっかりと支えたいと思います!
 ストーリーがハードなだけに、熱量持って挑まなければならない。体力的にも大変そうだ。
 気合い入れますよ!
 お客様も覚悟して観に来て下さいね(笑)。

山崎紘菜
 私自身、舞台の経験が浅いので、この壮大なドラマの中で、マリーとして、そしてフランス王妃として、立派に舞台に立つことができるのか不安もありますが、日々学ばせていただきながら、シャルルを支える良き妻に成長していけたらと思います。マリーは登場人物の中で一番、現代の私たちに近い感覚を持っている女性だと思うので、多くの方に共感していただけるのではないかと思います。陰謀や思惑がうごめく宮廷の中で、彼女らしく15世紀のフランスを懸命に生きたいです。

坪倉由幸
 こんなに壮大なスケールの舞台で、こんなに豪華なキャスト・スタッフの皆さんとご一緒できるなんてとても光栄です。
 今まで何度か舞台をやらせていただき、僕が演じてきた役柄はどこか情けなかったり、頼りなかったり、いい加減だったり、笑いを誘う要素が多かったんですが、今回演じさせていただく傭兵レイモンは全く逆です。カッコイイです!
 不安です。頑張ります!

野坂 弘
 「なぜ今なのか?」について考えています。例えばホモソーシャル規範の下、若い女性が偶像化された果てに切り捨てられる構図。また美談として消費する際には個人を“尊重”し、一方では声を上げる個人は抑圧し続ける構図。それらは遠くのことからすぐ足元のことまで、未だ多くの社会構造に重なると感じます。
 そんないま今作を上演する意味や、社会の構造を変える方法を必死に考えながら、自分に出来ることを実践したいと思っています。

ワタナベケイスケ
 『楽しみと少しばかりの恐れ』というのが、出演させていただく際の偽らざる感想です。
 演劇体験はいつだって特別で且つ身近にあって欲しいものですが、その中にあって本作品は特別な体験ができる気がしております。
 なにせ、90名を超えるキャストでお送りするわけですから、きっと今までにない空間が待っているんだと思います。それはとても楽しみですし、少し恐ろしくもあります。
 ぜひ、一緒に特別な時間を共有できますように。

粟野史浩
 ジャンヌ・ダルクに出演することになり、昔ある演出家から言われたことをふと思い出しました。
 『その場にいてください。その場で生きてください。その場で皆が支えあってください。』と。
 今回は、この言葉の中の『支えあって』が大切なことになると思います。
 なので、自分の役を演じるうえで、ジャンヌ・ダルクの強さを、切なさを、儚さを、悲しさを、全力で支えることをここに誓います(笑)!

りょう
 壮大な歴史劇で、多くの人を魅了している『ジャンヌ・ダルク』に参加させていただけることを光栄に思います。
 大勢の兵士や民衆と共に、一つの作品を創り上げていくことが楽しみです。
 久しぶりに、熱気あふれる強い作品になると思います。
 ぜひ、熱狂しに劇場へお越しください。お待ちしております。

神保悟志
 前回の公演を拝見させていただいた時に、その迫力に圧倒させられたことをよく覚えております。
 まさかその再演に出させていただけるとは夢にも思っておりませんでした。
 ぜひ、今回の公演でわたしが前回感じた迫力と感動をひとりでも多くの方々に感じていただければ幸いです。

岡田浩暉
 曇天の雲間から一筋に差し込む神々しい光のようなジャンヌ。その周りでうごめく人間社会。神秘的で躍動感溢れる物語。といったイメージがあります。
 初めての中世のヨーロッパもので、衣装に触れること、世界に入れることがとても楽しみですし、演出の白井 晃さんをはじめ、キャストの方々とご一緒できるこの機会に感謝しています。

榎木孝明
 物語は中世ヨーロッパのキリスト教国での実話です。ジャンヌ・ダルクの名前は誰もが知っていても、その歴史の実態は日本人にはあまり馴染みがありません。今回はジャンヌと敵対するコーション司教役とあって、時代背景をしっかり把握して役を作り込んでいかねばと思っています。さてどんなコーションが出来上がりますやら。そして清原果耶さんをはじめ初共演の方も多く、今からとても楽しみです。

舞台『ジャンヌ・ダルク』

 【出演】清原果耶/小関裕太/福士誠治、荒木飛羽、深水元基
     山崎紘菜、坪倉由幸(我が家)、野坂 弘、ワタナベケイスケ、粟野史浩
     りょう、神保悟志、岡田浩暉/榎木孝明 他
 【演出】白井 晃
 【脚本】中島かずき(劇団☆新感線)
 【音楽】三宅 純
 【監修・原案】佐藤賢一 参考文献「ジャンヌ・ダルクまたはロメ」
 【舞台監督】田中政秀
 【技術監督】白石良高
 【制作統括】笠原健一
 【制作】佐々木康志、藤本綾菜
 【プロデューサー】熊谷信也
 【企画製作】キョードー東京

【東京公演】2023年11月28日(火)~12月17日(日):東京建物 Brillia HALL
 お問合せ キョードー東京 0570-550-799(平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)
 主催:キョードー東京/TBS/イープラス
 後援:TOKYO FM/TBSラジオ

 チケット料金(全席指定・税込)
 SS席:20,000円 ※1階前方2列センターブロック パンフレット・オリジナルグッズ付き
 S席:13,500円
 A席:9,800円
 学生席:5,000円

【大阪公演】2023年12月23日(土)~12月26日(火):オリックス劇場
 お問合せ キョードーインフォメーション 0570-200-888(11:00-18:00/日祝休業)
 主催:サンライズプロモーション大阪

 チケット料金(全席指定・税込)
 S席:13,800円
 A席:7,800円
  ※ 未就学児入場不可。ひざ上での鑑賞不可。

 チケット一般発売日:[東京]9月9日(土) 10:00予定 [大阪]未定

【公式HP】

OUT OF ORDER
Out Of Order(アウトオブオーダー)出演:中村倫也とユースケ・サンタマリア、演出:マギー。2023年11月・12月東京、鳥栖、兵庫、仙台、愛知、大阪にて上演

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました