最新ニュース

『女優は泣かない』12月1日公開!ポスタービジュアルも解禁

©2023「女優は泣かない」製作委員会

 CMディレクターでもあり、「働かざる者たち」「おしゃれの答えがわからない」「⾯⽩南極料理⼈」「賭けからはじまるサヨナラの恋」など数々のドラマ作品の脚本・監督を⼿がけてきたディレクターの有働佳史が、⽣まれ育った熊本・荒尾を舞台に⻑編映画初監督に挑んだ『⼥優は泣かない』の公開⽇が2023年12⽉1⽇(⾦)に決定。ヒューマントラストシネマ渋⾕ほか全国順次公開となる。
 スキャンダルで⼥優の仕事を失った主⼈公、梨枝は、ドラマ部志望の若⼿ディレクター・咲と共に“⼥優が⽣まれ故郷の熊本で素顔を⾒せる”密着ドキュメンタリー撮影に渋々挑むことに。互いに衝突しながらも、⼥優復帰と希望部署への異動をかけて再起を図ろうとする2⼈。そんな崖っぷちの彼⼥たちが、家族の問題や才能の限界などの厳しい現実に直⾯しながらも、過ちやコンプレックスを乗り越え、やがて⾃分の居場所、ルーツを再発⾒するまでを描く。
 監督の有働は、脚本完成に2年近くを費やし、2021年8⽉に⼀度クランクインするも、コロナ禍の影響で、2⽇⽬にして撮影中断。その後、1年3ヵ⽉を経て、2022年10⽉末に再クランクインし、2023年11⽉に九州先⾏公開、その後、12⽉に全国公開を迎える。企画⽴案から、完成まで6年。まさに有働の「地元で映画を撮る」という執念が⽣み出した渾⾝の⼀作だ。
 スキャンダルで⼥優の仕事を失った主⼈公・梨枝を演じるのは、『鋼の錬⾦術師 完結編 最後の錬成』『あちらにいる⻤』『スイート・マイホーム』と出演作が相次ぐ蓮佛美沙⼦。そして梨枝と衝突しながらもバディとして結束していく若⼿ディレクターの咲役には、『サマーフィルムにのって』「お⽿に合いましたら。」「旅するサンドイッチ」「宝飾時計」など映画やドラマ、舞台と幅広く活躍する伊藤万理華。梨枝の同級⽣でタクシー運転⼿の拓郎役には、2024年のNHK連続テレビ⼩説「⻁に翼」、映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』の公開も控える上川周作。3⼈の他にも個性豊かな俳優陣が顔をそろえる。
 本ニュースに合わせ、キャスト3⼈、有働佳史監督からの喜びのコメントも到着した。蓮佛は「この映画がたくさんの⼈に届きますように。そして、タイトルの意味を、梨枝のあと⼀歩の覚悟を、受け取ってもらえますように」と期待を寄せ、伊藤は「カメラ越しで⾒た梨枝の強さと弱さ、凛としたあの横顔がずっと頭から離れません。美しかったです」、上川は「現場は熱量がとても⾼く、みんな⼀丸となって撮影することができました」とそれぞれ撮影を述懐。そして有働監督は「“どこかの誰かの物語”ではなく、“いつかの⾃分の物語”として、さまざまな境遇の⼈々に楽しんでいただけるものを作ったつもりです」と⾃信をのぞかせた。
 合わせてポスタービジュアルも解禁された。

コメント

蓮佛美沙⼦
 「こんなに⾯⽩い作品のオファーをもらえるなんて、なんて幸運なんだろう」。脚本を読み終わった瞬間にそう思い、「絶対にやりたい」とマネージャーさんに興奮しながら連絡した時のことを、今でもよく覚えています。
 本当に、宝物のような⽇々でした。映画の神様に祝福されているような、たくさんの奇跡と出合いました。
 この映画がたくさんの⼈に届きますように。そして、タイトルの意味を、梨枝のあと⼀歩の覚悟を、受け取ってもらえますように。⼼から願っています。

伊藤万理華
 咲として、蓮佛さん演じる梨枝を追い続けた⽇々でした。
 熊本の広⼤な景⾊を背に、どうしようもないめちゃくちゃな、ほぼ喧嘩の掛け合いがずっと楽しかったです。
 慣れないカメラの重さで常に腕が筋⾁痛でしたが、撮影中はそれも忘れるくらい夢中になって撮り続けていました。
 カメラ越しで⾒た梨枝の強さと弱さ、凛としたあの横顔がずっと頭から離れません。美しかったです。

上川周作
 地元のタクシー運転⼿で蓮佛さん演じる園⽥梨枝の同級⽣·猿渡拓郎(さるたく)役を演じました。
 さるたくは少しお節介なところがありますが⼈懐っこくて純粋で明るくて。
 撮影が終わった今でもさるたくと友達になりたいな、と思うくらい親しみを感じていました。
 現場は熱量がとても⾼く、みんな⼀丸となって撮影することができました。
 たくさんの皆様に、スクリーンでご覧いただけたら嬉しいです!

有働佳史監督
 元々、地元で映画を撮るために始めたこの仕事でしたが、いろいろと遠回りをしてしまい、だいぶ時間がかかってしまいました。その間、幾度となく⼼が折れかけましたが、地元の皆さんや、キャスト、スタッフ、また仕事では直接関わっていない友⼈たちの⼒を⼤いにお借りして、なんとか⼤望を実現することができました。
 この映画は、スキャンダルで仕事を失った「⼥優・梨枝」が、テレビ局の「AD・咲」とともに、地元で復帰仕事のドキュメンタリー撮影に挑みながら、⼈⽣のリスタートを切るという内容です。
 コロナ禍を経て、不要不急という⾔葉が定着しました。エンターテインメントの世界は、それこそ、不要不急の代名詞のように扱われてきました。結局は、たかがエンターテインメント。無くてもいいものかもしれません。しかし、それでもエンターテインメントの可能性を信じ、この仕事に「命」をかけている⼈間たちがいます。
 この映画を通して、そのことを少しでも多くの⼈に知っていただければ嬉しいですし、リスタートを切ろうとする⼈の背中を押す⼀助になれたら本望です。
 また、本作は、エンターテインメント制作の裏側を通して「⼈⽣のリスタート」を描きつつ、同時に、誰しもが抱える「仕事と家族、どちらが⼤事なのか︖」という普遍的な命題もテーマにしています。
 「どこかの誰かの物語」ではなく、「いつかの⾃分の物語」として、さまざまな境遇の⼈々に楽しんでいただけるものを作ったつもりです。
 ぜひとも、⼀度劇場に⾜を運んでいただけますと幸いです。

ストーリー

 スキャンダルで⼥優の仕事を失った園⽥梨枝が10年ぶりに地元の⽥舎町に帰ってきた。理由は密着ドキュメンタリーの撮影のため。しかし、現場にやってきたのはテレビ局のバラエティ班AD・瀬野 咲ただ⼀⼈。全くソリが合わない⼆⼈の前途多難な撮影がスタートする。なるべくこっそりと撮影をしたい梨枝の気持ちとは裏腹に次々と現れる知⼈たち。やがて⼩さな町で噂が広まり、撮影のことを内緒で帰郷した梨枝の存在も家族の⽿に⼊る⽗・康夫と⼤喧嘩の末、町を⾶び出した梨枝。その⽗は今、末期ガンで⽣死の境を彷徨っていた。⽗の病状を知りながら、⽗を避けていた梨枝に怒り⼼頭の家族。
 果たして、ドキュメンタリー撮影の⾏⽅は? そして、梨枝と康夫の確執は……。

 (2023年、日本)

キャスト&スタッフ

 出演:蓮佛美沙⼦、伊藤万理華、上川周作 ほか

 監督・脚本:有働佳史
 製作:谷 義正
 撮影:長野泰隆
 音楽:吉田ゐさお

オフィシャル・サイト(外部サイト)

Home | 映画「女優は泣かない」公式サイト
2023年12月1日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

 「女優は泣かない」公式SNS アカウント:@joyuwanakanai

公開表記

 配給:マグネタイズ
 2023年12⽉1⽇(⾦) ヒューマントラストシネマ渋⾕ほか全国順次公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました