最新ニュース

『法廷遊戯』本予告映像&本ポスタービジュアル解禁!

Ⓒ五十嵐律人/講談社 Ⓒ2023「法廷遊戯」製作委員会

 原作者、五⼗嵐律⼈が第62回メフィスト賞を満場一致で受賞後、現役司法修習生時代に刊行。さらに「ミステリが読みたい!」2021年版新⼈賞受賞など、ミステリー界の新星として話題となった本格法廷ミステリー小説「法廷遊戯」が映画化、2023年11月10日(金)に全国公開となる。

 『神様のカルテ』『白夜行』の深川栄洋が監督を務め、脚本を『総理の夫』『流星ワゴン』の松⽥沙也が手掛ける。ロースクールに通い、法曹の道を目指す主人公の「セイギ」こと久我清義(きよよし)役に、俳優としても活躍の幅を広げる永 瀬廉(King & Prince)、セイギの幼馴染で同じく法律を学ぶ織本美鈴(みれい)役に杉咲 花、「無辜(むこ)ゲーム」と呼ばれる模擬裁判を司る天才、結城 馨役に北村匠海ら実力派俳優を迎えた本作。裁判ゲームで実際に起こった殺人事件をきっかけに、3人の仮面の裏に隠された真実が暴かれてゆく。二転三転、四転五転する新たな事実、そして最も神聖な場のひとつである“法廷”で待つ、常識を覆す驚愕の結末は……。ノンストップ・トライアングル・ミステリーが今、開廷する!

この度、本作のメインキャスト3名が集う本ポスタービジュアル&本予告を解禁!

 今回解禁となった本ポスタービジュアルでは、法と正義の女神・テミス象が左右に配置された威厳を感じる重厚な装飾を背に、セイギ(永瀬 廉)、美鈴(杉咲 花)、馨(北村匠海)の、物語の中心人物3名が並んでいる。セイギは耳をふさぐように、美鈴は口元に人差し指を立て秘密を守るように、まるで「聞かざる」「言わざる」かのような姿だが、馨は公平の象徴である天秤を手に一点をしっかりと見据えている。そして3人の周囲に散らばるガラス片にはリンドウの花、ビデオカメラ、赤丸の付けられたセイギの過去の写真など様々なモチーフが写りこんでいる。「暴いてはいけない 死の秘密」がいったいどんな秘密なのか、物語の展開を推理したくなるビジュアルが完成した。

 そして同じく解禁された本予告映像では、ロースクール生の間で「無辜ゲーム」と呼ばれる模擬裁判ゲームが、次第に悲劇に変わっていく様が映し出されていく。血にまみれた美鈴が「お願い、私を弁護して」とセイギにすがる衝撃の1シーンを皮切りに、弁護士になったセイギ、殺人事件の容疑者となる美鈴、そしてナイフを胸に突き立てられ命を落とす馨と、同級生だった3人が全く違った立場で同じ法廷に引きずり出されていく。どんどんカットインしていく過去の記憶と思わしき断片と、この“ゲーム”に関わっていく大人たち。「なんで殺人未遂の犯人が、いるんだよォ!」という悪意ある言葉も飛び出し、ヒリついた空気もそのままに怒涛の裁判へと突入していく。先が見えたと思った途端に二転三転、四転五転とノンストップで急展開が起こり続けるめちゃくちゃな法廷で、その判決は誰に、どのように下されるのか――予告のラストは「ねえ知らないでしょ! あの人があの時なんて言ったか!」と普段は冷静な美鈴が切羽詰まった様子を見せるシーンで締めくくられる。「裁判長、面白いものをお見せします」と堂々と宣言するセイギは、美鈴の無実を証明できるのか?常識を覆すこのゲームの果て、セイギ、美鈴、馨……3人の隠す秘密のすべてが合致したとき、予想もしない展開が待っているだろう。

セブンネットショッピング限定グッズ付きチケット発売決定!

 8月25日(金)14時から、セブンネット限定で「オリジナルピンバッジ」付きムビチケカード前売券の販売が決定した!

Ⓒ五十嵐律人/講談社 Ⓒ2023「法廷遊戯」製作委員会


  税込価格:3,360円 ※グッズ単品:1,760円(税込)
  販売期間:2023年8月25日(金)14:00~11月9日(木)まで
  詳細はhttps://7net.omni7.jp/general/005102/230817houteiyugi(外部サイト)

公開表記

 配給:東映
 2023年11月10日(金) 全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました