最新ニュース

「エメット・ティル殺害事件」、初の劇映画化!『ティル』本予告映像解禁

© 2022 Orion Releasing LLC. All rights reserved.

 1955年8月28日にアメリカ合衆国ミシシッピ州マネーで実際に起きた「エメット・ティル殺害事件」。アフリカ系アメリカ人による公民権運動を大きく前進させるきっかけとなったこの事件をもとに、初めて劇映画化された『ティル』(12/15<金>公開)の本予告映像が解禁された。

 製作には黒人俳優として世界的な人気を誇るウーピー・ゴールドバーグ、『007』シリーズのスタッフら超一流陣が名を連ねる本作。公開されるやいなや、各国の映画祭で賞賛の嵐が巻き起こり、主要60映画祭21部門受賞86部門ノミネートで賞レースを席巻! なかでも、主人公メイミー・ティルを演じたダニエル・デッドワイラーは、ゴッサム・インディペンデント映画賞、ナショナル・ボード・オブ・レビュー、サテライト賞など数々の映画賞で女優賞を総なめにした。この賞賛の嵐は映画祭のみならず、映画批評サイトRotten Tomatoesで批評家96%・観客97%の高スコアをたたき出した話題作。

 1955年、イリノイ州シカゴ。夫が戦死して以来、空軍で唯一の黒人女性職員として働くメイミー・ティル(ダニエル・デッドワイラー)は、一人息子で14歳のエメット:愛称ボボ(ジェイリン・ホール)と平穏な日々を送っていた。しかし、エメットが初めて生まれ故郷を離れ、ミシシッピ州マネーの親戚宅を訪れた際に悲劇は起こる。エメットが飲食雑貨店で白人女性キャロリン(ヘイリー・ベネット)に向けて「口笛を吹いた」ことが白人の怒りを買い、1955年8月28日、彼は白人集団にさらわれ、壮絶なリンチを受けた末に殺されて川に投げ捨てられた。我が息子の変わり果てた姿と対面したメイミーは、この陰惨な事件を世に知らしめるため、常識では考えられないある大胆な行動を起こす。そんな彼女の姿は多くの黒人たちに勇気を与え、一大センセーションとなって社会を動かす原動力となっていく――。

 本予告では、親戚の家で楽しい夏の休暇を過ごしていた息子が一転、白人との間に起こった些細なトラブルに巻き込まれた末、壮絶なリンチを受け、遺体で発見される姿が映し出される。突然の悲劇に泣き崩れる母エイミー。しかし、悲惨な姿で息絶えた息子のありのままの姿を世界に知らしめることで、その存在と、悲劇を世に問う決心をする。「あの子に黒のスーツを着せてあげて」「息子に何があったのか、皆に見てもらうわ」―絶望を希望に変えるほどの母親の愛と強さが、観る人すべての感情を揺さぶるような映像となっている。

 プロデューサーの一人であり、俳優でもあるウーピー・ゴールドバーグは「エメット・ティル殺害事件のことは、同じ黒人なら聞いたことがあるはずです。それは、1つの会話から始まり、2つ、3つの会話へと発展していく。そのようにこの物語が多くの人に広がっていくこと、それがこの映画を作った全員の目標であり、より良い未来をつくるために過去から学び、今行動を起こすことの重要さを伝えたいのです」(2022年全米公開当時)ともコメントを残している。

 14歳の黒人少年エメット・ティルの犠牲と母メイミーの存在は、60年以上の時をかけてアメリカ社会に変革をもたらした。これは、息子を愛する一人の母親の愛と正義の物語であり、同時に、自由と人権を求めて世界を変えた一人の人間の魂の実話である。

解説:エメット・ティル殺害事件が及ぼした現代社会への影響

 1955年8月28日にアメリカ合衆国ミシシッピ州マネーで実際に起きた「エメット・ティル殺害事件」は、アフリカ系アメリカ人による公民権運動(※1)を大きく前進させるきっかけとなったことで知られている。14歳黒人少年エメットが白人女性に対して「口笛を吹いた」という理由で拉致され、激しいリンチを受けて殺されたあげく、遺体は川に投げ捨てられた。愛息を失った底知れぬ絶望を胸に、多くの黒人の生活を脅かすアメリカ社会にたった一人で立ち向かった母メイミーの大胆な行動力は人々に勇気を与え、キング牧師らが率いた公民権運動を一気に加速させる原動力となったのである。
 そして21世紀に入り、2020年「ジョージ・フロイド殺害事件」(※2)を契機に、BLM(ブラック・ライヴズ・マター)運動(※3)がアメリカ国内のみならず、SNSを通じて日本を含む全世界に拡大したことは記憶に新しい。黒人をはじめ著名人、セレブ、Z世代にいたるまで実に多くの人々が声を上げた大規模なこの抗議運動のうねりは、2022年3月、人種差別に基づくリンチを連邦法の憎悪犯罪(ヘイトクライム)とする「エメット・ティル反リンチ法」成立へと繋がっていくのである。

  ※1:1950年代~1960年代に活発となったアメリカの黒人の基本的人権を要求する運動。
  ※2:2020年5月25日、ミネソタ州ミネアポリスで白人警官が、路上で黒人男性フロイドさんの首を9分29秒間、膝で押さえつけ死亡させた。
  ※3:2013年にアフリカ系アメリカ人コミュニティから始まった構造的な人種差別や黒人への暴力、特に警察による黒人への暴力と戦う国際的な社会運動。

 14歳の黒人少年エメット・ティルの犠牲と母メイミーの存在は、60年以上の時をかけてアメリカ社会に変革をもたらした。これは、息子を愛する一人の母親の愛と正義の物語であり、同時に、自由と人権を求めて世界を変えた一人の人間の魂の実話である。

オフィシャル・サイト(外部サイト)

 公式Xアカウント:@TILL_MOVIE1215

公開表記

 配給:パルコ ユニバーサル映画
 12/15(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました