イベント・舞台挨拶

指原莉乃プロデュースアイドル=LOVE 初のライブ・フィルム映画『=LOVE Today is your Trigger THE MOVIE』初⽇舞台挨拶

©2023, YOYOGI ANIMATION ACADEMY INC. & CJ 4DPLEX All Rights Reserved.

 指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ=LOVE(イコールラブ)初のライブ・フィルム映画『=LOVE Today is your Trigger THE MOVIE』がついに公開! 9⽉22⽇(⾦)に新宿バルト9にて初⽇舞台挨拶が開催され、=LOVE(⼤⾕映美⾥、⼤場花菜、⾳嶋莉沙、齋藤樹愛羅、佐々⽊舞⾹、髙松瞳、瀧脇笙古、野⼝⾐織、諸橋沙夏、⼭本杏奈)が登壇した。

 ついに公開初⽇を迎え、=LOVEメンバー全員が登壇しての初⽇舞台挨拶が実施された。全国73館の映画館でライブビューイングも開催されるなか、サプライズでメンバーが客席後⽅の通路から登場! うちわやグッズを持った=LOVEファンで超満員の会場には⼤歓声が響き渡った。

 まず初めに公開初⽇を迎えた今の気持ちを尋ねられた佐々⽊は「たくさんの⽅々が来て下さってとても嬉しいです。無事初⽇を迎えられて良かったなって思います」と語った。映画のエンドロールに憧れがあったという髙松は「今こうして皆さんが映画館の席に座って観て下さっているのでやっと公開されたんだなって実感が湧いてきました。=LOVEメンバーの名前がエンドロールの1番最初にあってすごく嬉しいです!」と喜びを爆発させていた。

 今作は、今年1⽉から3⽉にかけて開催された=LOVE全国ツアー2023「Today is your Trigger」追加公演の⽇本武道館公演でのライブ・パフォーマンスとそのバックステージとリハーサル、そして撮り下ろしのインタビューから構成されている。改めてMCが観客に反応を尋ねると会場からは⼤きな拍⼿が沸き起こった。

 メンバーはツアーのリハーサル中に映画化の話を聞いたそう。⾃分たちの映画が制作されると聞いた時の⼼境について、作品を観て改めてアイドルになった実感が湧いたという⼭本は「アイドルのドキュメンタリーをたくさん観ていたので⾃分たちがまさか映画になるなんて思っていなかったので嬉しかったです。本当に素敵に仕上げていただいて幸せです」と語った。続いて⼤⾕は「イコラブが⼤きくなったなって嬉しい気持ちになりました。どんな映画になるんだろうとわくわくな気持ちで楽しみにしていたので今⽇を迎えられて幸せです」と話した。
 完成した作品を観ての感想を尋ねられると、野⼝は「⾃分が出ている映画を⾃分で観るというのが結構恥ずかしくて緊張しながら観ていましたが、観れば観るほどトーク・パートとライブ・パートの繋げ⽅がスムーズでスッと⼊ってきて⾒⼊ってしまいました」と編集を絶賛。⾃⾝のソロ曲『Kiara Tiara』が本編に収録されていたという齋藤は「メンバーの可愛いところからライブのかっこいい姿、⾯⽩いところまでいろいろな⼀⾯が見られる映画になっているなって思います。初めて⽇本武道館で披露したソロ曲がまさか本編に⼊っているとは思わなかったので恥ずかしいけど、『Kiara Tiara』のライブ映像を観られるのはこの作品だけなのでぜひ何度も観てほしい」と既に作品を鑑賞した観客を前に照れながらアピール。そして、瀧脇は「ライブ映像が盛りだくさんでライブに⾏けなかったよって⽅にも楽しんでいただけるんじゃないかなって思います。友達とかを誘って⼀緒に沼って欲しいです」と笑顔を⾒せた。

 また、本作は通常の2D上映に加え、正⾯スクリーンと2つの側⾯スクリーンの計3⾯で構成され圧倒的な臨場感を提供するScreenX、ライブパフォーマンスと⾳楽に合わせてシートが動くモーション効果を搭載した4DX、そしてScreenXと4DXの機能をすべて搭載した4DXScreenの4種類の形態で上映されている。
 先⽇、佐々⽊、野⼝、髙松、⼭本の4名は⼀⾜先にScreenXと4DXを体験。感想を質問されると「本当にアトラクションに乗っているみたいでその場にいる感じ。叫びまくっちゃって声が⽌まらなかった!」と佐々⽊。野⼝は「興奮しました! びっくり箱の連続のような、⾃分の視点だけだと見えなかったであろう視界がいっぱい広がるのが楽しくてわくわくしました」と通常とは異なる上映の良さを語った。また以前、野⼝と2⼈で4DXを鑑賞したという髙松は「⾃分たちの作品では⽇本武道館のファンの皆さんが横に映し出されるんじゃないかなと想像が膨らむ!」と劇場で⾒ることを勧め、今回初めてScreenXと4DXを体験したという⼭本は「楽しくて感動していたら周りのメンバーの声に驚きました。メンバーが観に⾏ったら声ですぐにバレそう」と⼀緒に体験したメンバーたちの声量に⾔及。メンバーでいちばん声が⼤きいのは誰かと尋ねられると、野⼝と髙松が押し付け合う結果となった。

 続いて劇中で印象に残っている場⾯について、⾳嶋は「アイドルのドキュメンタリーでライブ映像がこんなに映し出されることってないんじゃないかと思います」とライブ・パートの多さに⾔及。特にお気に⼊りの楽曲は『この空がトリガー』でライブやレッスン時のことを思い出す瞬間が多く、思い⼊れがあると語った。諸橋は「真⾯⽬なことも話したのに⾃分のパートだけBGMがポンコツっぽくてなんでだろう?って思いました」と疑問を投げかけると、⼤場もカットがかかった後の部分まで使われていたそうで、「編集の⽅に若⼲いじられているのかな」という意⾒で⼤盛り上がりだった。
 そんなお茶⽬なシーンも盛りだくさんの本作。最後はリーダーの⼭本が代表して挨拶。「⾜元の悪い中来てくださって、そしてライブ・ビューイングを観て下さってありがとうございます。作品を観て改めて=LOVEが⼤切で⼤好きなんだなと再確認しました。ファンの皆さんも同じ気持ちになってくれたら嬉しいなと思います。こうやって映画が出来たのも応援して下さっているファンの皆さんのお陰です」とファンに感謝の気持ちを告げると、客席からは⼤きな拍⼿が上がり舞台挨拶は⼤盛況で幕を閉じた。

 登壇者:=LOVE(⼤⾕映美⾥、⼤場花菜、⾳嶋莉沙、齋藤樹愛羅、佐々⽊舞⾹、髙松瞳、瀧脇笙古、野⼝⾐織、諸橋沙夏、⼭本杏奈)

公開表記

 配給:エイベックス・フィルムレーベルズ
 全国公開中!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました