イベント・舞台挨拶

『アナログ』ファーストピッチセレモニー・きつねダンス

©H.N.F.

 ビートたけしによる初の恋愛小説を原作にした映画『アナログ』(10月6日公開)でヒロインを演じる波瑠が、9月27日(水)にエスコンフィールドHOKKAIDOでのファーストピッチセレモニーときつねダンスに参加した。波瑠が始球式を行うのは、2010年5月以来2度目となる。

 2万9千人もの観客が集まり、ほぼ満員のエスコンフィールドHOKKAIDO。試合開始を待ちわびる観客の前に映画『アナログ』でヒロインを演じる波瑠が映画オリジナルのTシャツを着用して登場。球場は大歓声に包まれた。

 「エスコンフィールド、かっこいいですよね! 皆さんの熱気も伝わってきています」とファーストピッチセレモニーを前に気合い十分の波瑠は、笑顔を見せながらマウンドに向かい、投球。力強く左足を上げ、2バウンドさせながらも捕手にボールを届けた。観客からは大きな拍手と歓声が贈られ、映画さながら人の温かさが感じられるファーストピッチセレモニーとなった。投球後、「(緊張で、ボールではなくて)心臓が飛んでいっちゃうんじゃないかと思った」と明かし、「試合を楽しんでください。短い時間でしたが共有できてとても嬉しかったです。ありがとうございます」と締めくくり、球場を訪れた観客と唯一無二の時間を過ごした。

©H.N.F.
©H.N.F.
©H.N.F.

 また、3回表終了後のきつねダンスにも波瑠が参加。ファイターズガールとともにグラウンドに登場し、きつねの耳と尻尾を着用した波瑠が大型ビジョンに映された瞬間、観客からは大きな歓声が! きつねポーズを披露し、観客に手を振るなど大いに球場を盛り上げた。

 ファーストピッチセレモニーときつねダンスを終えた波瑠は「セレモニーではマウンドに立った時の迫力がすごくて、圧倒されて、緊張しながら投げました。練習のほうがもしかしたらうまくいったかもという感じですが、本番は笑顔でいられたのでそこは100点かなと思います」と述べ、波瑠自身が“新鮮”と語るきつねの耳と尻尾を着けてのきつねダンスについて「近くのお客さんの顔や踊っていらっしゃる方がよく見えて、楽しそうな様子が伝わってきて私も楽しかったです」と感想を述べた。

 2023年3月に開業したばかりのエスコンフィールドHOKKAIDOの特大ビジョンに映画『アナログ』の予告編が流れたことにも触れ、「北海道まで『アナログ』のプロモーションで来られると思っていなかったのでとても嬉しいです。大きいビジョンに予告編が流れて、会場にいるたくさんの人が見てくれたんだと思うと、感無量です」と明かした。

 波瑠がヒロインを演じ、二宮和也が主演を務める映画『アナログ』は来週末10月6日(金)に全国公開となる。

 登壇:波瑠

公開表記

 配給:アスミック・エース=東宝
 10月6日(金) 全国ロードショー

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました