最新ニュース

『夜明けのすべて』特報映像、ポスタービジュアル解禁&追加キャスト、公開日決定

©瀬尾まいこ/2024「夜明けのすべて」製作委員会

 月に一度、PMS(月経前症候群)でイライラが抑えられなくなる藤沢美紗は、転職してきたばかりにもかかわらず、やる気がなさそうに見える同僚・山添孝俊のある小さな行動がきっかけで怒りを爆発させてしまう。自己嫌悪に陥る美紗だったが、実は山添がパニック障害を患い、さまざまなことをあきらめて、生きがいも気力も失っていることを知る。職場の人たちの理解に支えられながら、友達でも恋人でもないけれど、どこか同志のような特別な気持ちが芽生えていく二人。いつしか、自分の症状は改善されなくても、相手を助けることはできるのではないかと思うようになる。

 「そして、バトンは渡された」で2019年本屋大賞を受賞した瀬尾まいこの原作小説を、『ケイコ 目を澄ませて』が、第72回ベルリン国際映画祭ほか20以上の映画祭に出品、毎日映画コンクール日本映画大賞で日本映画優秀賞・監督賞を受賞、キネマ旬報ベストテン日本映画ベストテン第1位を獲得するなど国内外で絶賛を浴びた三宅 唱監督が映画化。原作にオリジナルの要素を加え、二人が交流し少しずつお互いの殻を溶かし合っていく姿を、彼らの見つめる日常の美しさや季節の移ろいとともに捉えた。W主演を務めるのは、NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で夫婦役を演じた松村北斗と上白石萌音。映画としては初共演となる二人が、今回は同僚役で最高の理解者となる特別な関係性を演じる。人生のさまざまな瞬間に、何度も思い出してしまうような大切な一本になる、令和時代の新たな傑作が誕生した。

松村北斗×上白石萌音が魅せる、恋人や友達でもない特別な関係を捉えた特報映像。
そんな二人を柔らかな光が照らす瞬間を映し出したポスタービジュアルを解禁。
さらに、二人を優しく見守る追加キャストも発表。
公開日は<2024年2月9日>に決定!

 この度、本作の特報映像と本ビジュアルがついに解禁となった。特報映像は、アパートの一室で、パニック障害を抱えたことで電車や美容室など逃げ場がない場所に行けなくなってしまった山添くん(松村北斗)の髪を切る藤沢さん(上白石萌音)とのユーモラスなシーンから始まる。生きづらさを感じながら社会生活を送る二人は、職場やその帰り道で少しずつお互いのことを知り、友達でも恋人でもないけれどどこか同志のような特別な存在になっていく。電車に乗れなくても自転車があるように少しずつできることを見つけて、希望を見出していく二人の姿が16㎜フィルムで撮影された温かくも空気感のある映像で綴られている。ラストのタイトル読みは松村と上白石が担当。長い夜の闇に寄り添うような温かさが灯る映像に仕上がっている。

 さらに併せて解禁となったポスタービジュアルは、「思うようにいかない毎日。それでも私たちは救いあえる。」というコピーと共に柔らかな光が照らす二人の晴れやかな表情と、ふと気づいた時にそこにある日常や風景の美しさが凝縮されたビジュアルとなっている。

©瀬尾まいこ/2024「夜明けのすべて」製作委員会

 また、新たなキャストとして、山添くんと藤沢さんが勤める栗田科学の社長・栗田和夫に光石 研、藤沢さんの母・藤沢倫子にりょう、山添くんの前の職場の上司・辻本憲彦に渋川清彦、山添くんの恋人・大島千尋に芋生悠、藤沢さんの友人・岩田真奈美に藤間爽子らの出演情報も解禁となった。

公開表記

 配給:バンダイナムコフィルムワークス=アスミック・エース
 2024年2月 ロードショー

(オフィシャル素材提供)

関連作品

呪怨:呪いの家 DVD BOX
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました