作品紹介アニメ

『火の鳥 エデンの花』

©Beyond C.

イントロクダクション

 STUDIO4℃が手塚治虫の伝説的な原作「火の鳥」 望郷編を映像化した新作アニメーション映画『火の鳥 エデンの花』が11/3(金)より全国公開となる。

 “漫画の神様”と謳われ、今も世界中で敬愛される巨匠・手塚治虫。その代表作にしてライフワークともなった不朽の名作『火の鳥』全12編のうち、地球と宇宙の未来を描いた「望郷編」がついに初のアニメーション映画化を果たす。製作期間7年をかけて入魂のスペクタクル巨編を完成させたのは、アートな映像作品を生み出し続けるSTUDIO4℃。
 地球から遠く離れた辺境の惑星・エデン17に降り立った主人公ロミの人生を描く、あまりにも壮大な愛と冒険の物語。時空を超えた旅路の果てに、ロミが見出す「故郷」とは――。その深遠なラスト・シーンは、この星に生きるすべての人の胸に響きわたる!
 監督は『鉄コン筋クリート』『ムタフカズ』などの作品で独自の作風を発揮してきた稀代のクリエイター、西見祥示郎。手塚原作に大胆な現代的アレンジを施しつつ、アニメーションならではの魅力が横溢する作品世界を構築した。さらに、キャラクターデザイン・総作画監督の西田達三、美術監督の木村真二ほか、STUDIO4℃作品を支えてきた強力なスタッフ陣が集結。人気作曲家・村松崇継による、壮大なスケール感と詩情を併せ持つ音楽にも注目だ。主人公ロミ役の宮沢りえをはじめ、窪塚洋介、イッセー尾形、吉田帆乃華、浅沼晋太郎、木村良平という、声優陣の豪華な顔ぶれも見逃せない。
 かけがえのない地球という故郷の尊さを、我々は忘れかけてはいないだろうか。手塚治虫が全人類に打ち鳴らした警鐘と溢れ出す愛のメッセージが、いまスクリーンに蘇る!時空を超えた愛のスペクタクル・アドベンチャーをぜひ劇場でお楽しみいただきたい。

©Beyond C.
©Beyond C.

ストーリー

 あなたは、生きなさい。
 荒涼たる辺境惑星エデン17に1台のロケットが降り立った。わけあって地球から逃亡してきたロミ(声:宮沢りえ)と恋人のジョージ(声:窪塚洋介)は、この星を2人の新天地にしようと誓うも、未開の惑星での生活は厳しく、ジョージは井戸掘り中の事故で命を落としてしまい、ロミは一人息子のカインとAIロボットとともに、孤独なサバイバル生活に送ることに。
 ロミはカインのために自分の命を少しでも引き延ばすこと決意し、コールドスリープに入る。だが、機械の故障で1300年間も眠り続けることに。ようやく目覚めたロミは、新人類が築いた巨大な町・エデン17の女王となる。
 そんなある日、心優しい少年コム(声:吉田帆乃華)は、宮殿で悲しみに暮れる女王ロミと出会う。ロミの望郷の想いを知ったコムは、一緒に地球に行こうと、無謀な挑戦と知りながら、2人で広大な宇宙に飛び出していく。

キャスト&スタッフ

 キャスト:宮沢りえ
      窪塚洋介、吉田帆乃華、イッセー尾形
 監督:西見祥示郎
 音楽:村松崇継
 原作:手塚治虫「火の鳥」(望郷編)
 キャラクターデザイン・総作画監督:西田達三
 脚本:真野勝成・木ノ花咲
美術監督:木村真二
 演出・CGI監督:斉藤亜規子
 色彩設計:江上柚布子
 編集:重村建吾
音響監督:笠松広司
 プロデューサー:田中栄子
 アニメーション制作:STUDIO4℃
 製作:「火の鳥 エデンの花」製作委員会

ギャラリー

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『火の鳥エデンの花』 | 11月3日(金)公開
“漫画の神様”手塚治虫の代表作にしてライフワークである不朽の名作「火の鳥」望郷編が遂に初のアニメーション映画化。製作はSTUDIO4℃。

 Twitter:@hinotori_eden

公開表記

 配給:ハピネットファントム・スタジオ
 11月3日(祝・金) 新宿バルト9ほか 全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました