イベント・舞台挨拶映画祭・特別上映

『辰巳』第36回東京国際映画祭 舞台挨拶・Q&A

©2023 TIFF

 2015年、第28回東京国際映画祭<日本映画スプラッシュ部門>で作品賞を受賞し、同年の新藤兼人賞銀賞を受賞した自主映画『ケンとカズ』で、多くの映画ファンの度肝を抜いた小路紘史監督。彼が8年の時を経て新たに生み出した待望の新作が『辰巳』(読み:たつみ)が、 第36回東京国際映画祭「アジアの未来」部門に出品された。

 10月28日(土)のワールドプレミア上映後に、小路紘史監督、遠藤雄弥、森田 想、佐藤五郎が登壇。小路監督にとっては、2015年に『ケンとカズ』で<日本映画スプラッシュ部門>作品賞受賞という鮮烈なデビューを果たして以来、実に8年ぶりの凱旋となる東京国際映画祭の場となった。

 満席の会場を前に、小路監督は「8年の間、次回作を楽しみに待っているよ、とたくさんお声がけをいただきました。『辰巳』は、前作の受賞に恥じないような2作目にしたいと思っていました。こうした最高の環境で初上映を迎えられて感動しています。2019年に撮影したんですが、その間、作品の方向性をみんなで話し合って高め合えた。このメンバーだったからこそできたことです」と挨拶。裏稼業で働く孤独なヤクザの辰巳を演じた遠藤は「小路さんがご自身の映画人生をかけて作った映画。4年もの間、追加撮影を経てこだわり抜いた、渾身の一作になりました」と自信をのぞかせる。そして、姉を殺した犯人へ復讐を誓う葵を演じた森田は、「東京国際映画祭は私にとって4度目の参加となります。『辰巳』という、自分にとって大好きな愛情深いチームと一緒に、このどろくさい映画を、大きな場、大きな歓声の中で上映できるのはとても嬉しい」、辰巳の兄貴分を演じた佐藤五郎は「とても出たかった映画。大切に作ってくれた小路さん、遠藤くんと想ちゃんとこうして舞台挨拶に立つことは、腹の底から願った夢でした」とそれぞれ万感の表情を浮かべる。

 壇上では、キャストが当初、それぞれ劇中とは違う役でオーディションを受けていた裏話が披露された。結果的に辰巳役を射止めた遠藤は「オーディションを受けた直後、その場ですぐに結果が出たんです。そんなこと初めてで、しかも辰巳役で……。あまりに嬉しすぎて、オーディション会場近くの喫茶店で小路さんにコーヒーを奢らせていただきました(笑)」と述懐。台本の第一印象については「驚きの連続でした。それぞれのキャラがすごく際立っていて、ワクワクしながら読み終えましたね。撮影中、小路さんとは常に、役やシナリオについて話し合っていたんですが、あるときは、ラーメン屋さんで1つのセリフについて8時間も話したり(笑)。自発的に役作りをしたというよりは、小路さんとのセッションを通して、辰巳という役が出来上がっていきました」と振り返る。

©2023 TIFF

 一方、森田の演じた葵というキャラクターは、台本では当初“少年”の役だったそう。小路監督は「別の役のオーディションで来ていた想ちゃんの演技が本当に素晴らしくて。葵という重要なキャラクターを、性別を超えたところで全うできると確信しました」と起用の決め手を明かした。そして、身体的にも過酷なシーンが続く森田について「想ちゃんは『しんどい』とか『痛い』とか一切弱音を吐きませんでした。それが葵のハートの強さとリンクしてるんです」と分析。それを受けて森田は「全てのセリフを違和感なく言えました(笑)。唾を吐く練習はたくさんしましたね。おじさんたちに囲まれた日々でしたが、楽しかった記憶しかないです」とあっけらかんと舞台裏を明かし、会場の笑いを誘いつつ、台本の印象については「“面白い”という感情が今日までずっと続いています。登場人物が、きっと演じる人によって変わるんだろうなと思いながら読みましたが、実際の映画は、皆さんがそれぞれの役柄を“昇華”されていて素晴らしかった」とコメント。

©2023 TIFF

 そして、佐藤も別のキャラクターに決まっていたそう。「でも『この物語には“兄貴”がいない』という話になり、そこから小路さんがキャラクターを膨らませてくださって、今の“兄貴”という役が出来上がりました」。

 Q&Aで「親分などの組織の大幹部が出てこないが、その意図は?」と聞かれた小路監督は、「いわゆる日本映画の典型的なヤクザ像を出さずにいきたいと思っていました。意識したのは、アジアン・マフィアの方向性でした」とこだわりを明かし、“作品を観て勉強した監督”として、マーティン・スコセッシやマイケル・マンらの名前を挙げた。すると、佐藤が「オーディションにスーツで行った人たちはみんな落とされたそうです(笑)。(スーツで行かなくて)良かった!」と話し、会場は大爆笑。

©2023 TIFF

 また、ポスタービジュアルの写真を選んだ理由は?という質問には、「自分にとっては大事な対話のシーン。ラーメン屋で遠藤さんと話したのもまさにこのシーンのことでした」と小路監督。遠藤も「映画の冒頭で描かれる、辰巳の“ある過去”と同じ構図で、大きなシークエンスになるなと思っていました。監督の思いを感じます」、森田も「監督が、このシーンをずっと前から大切にしているのを感じていました」とそれぞれがポスタービジュアルへの思いを明かした。

 前作から次回作への期待が高まる中で、2作品目をこのストーリーにした決め手については、「これまで何万回も語られてきたような話を、役者それぞれの価値観で演じたらどうなるか?を意識しました」と小路監督。そして、「小路さんは、俳優を信じてくれる映画監督。この人に見てもらえるから、僕たちは想像以上のものを引き出されるんだと思います」と語る遠藤。観客席には、同じく出演者の藤原季節も来場しており、司会者から促されると、立ち上がってご挨拶。『辰巳』チームの信頼関係の強さをうかがわせた。

 SNSでは、「マジ最高だった……。震えた」「皆さん目の演技が素晴らしかった!」「任侠物とカテゴライズできない何かを感じた」「小路紘史監督の新しい価値観で作られたアップデートされたヤクザ映画は濡れ場なんてなくてもここまで面白くできることを証明」など、熱量の高い感想が上がり始め、ワールドプレミアは盛況のうちに幕を閉じた。

©2023 TIFF

 登壇者:小路紘史監督、遠藤雄弥、森田 想、佐藤五郎

公開表記

 配給:インターフィルム
 第36回 東京国際映画祭「アジアの未来」部門にて上映

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました