最新ニュース

『罪と悪』日本映画界を代表する豪華追加キャストが解禁!

©2023「罪と悪」製作委員会

 主演に高良健吾を迎え、罪の真実と正義の在り方を問う本格サスペンスが誕生する。ある日、13歳の正樹が殺された。そして同級生の少年たちのうち1人が犯人を殺し、殺害現場となった家に火を放つ――。22年間の沈黙を経て罪を背負った幼馴染3人は再会するが、あの時と同じ場所でまた少年が殺される。さびれた町で一体何が起こっているのか――。オリジナル脚本で描く映画『罪と悪』が2024年2月(配給:ナカチカピクチャーズ)に公開することが決定した!

主演:高良健吾が22年の時を経て罪と向き合う主人公<春>を熱演!

 本作の主演には、2006年『ハリヨの夏』でデビュー以来、数多くの話題作に出演し続けている俳優・高良健吾。
 荒んだ家庭環境に育ち、現在は地元の不良たちを集めた闇の仕事も請け負う建設会社を経営する社長<春>を演じる。春と同じく罪を背負いながらも、過去の秘密を隠し大人になった幼馴染には、警察官の家庭に育ち自らも捜査一課の刑事となるが、父の死をきっかけにこの街に戻ってくる<晃>を、テレビ、映画、舞台など幅広く活躍する大東駿介が演じ、家業の農業を継ぎ現在は引きこもりになってしまった双子の弟・直哉の面倒も見ている<朔>を石田卓也が演じる。
 監督・脚本を務めた齊藤勇起監督は井筒和幸監督作品を中心に、岩井俊二監督・武 正晴監督・廣木隆一監督作品等での助監督を経て、完全オリジナルの脚本の本作が初監督となる。

映画界の名優が齊藤監督の初作品に参戦!豪華キャスト3名が解禁

 この度、すでに解禁されている3名に加え、新たに映画界の名優3名の出演が解禁となった。
 高良健吾演じる春との間でトラブルを抱える白山會の会長・笠原を、佐藤浩市が演じる。佐藤はワン・シーンのみの参加ながら、大きなインパクトを残す役どころで出演しており、その圧倒的な存在感で、作品により一層の迫力を与えている。また、大東駿介演じる晃と同じ警察署の先輩刑事・佐藤を演じたのは椎名桔平。晃と対立しながらも、自身の立場の元、事件、そして春・晃・朔3人の運命と関わっていく。また、白山會傘下の清水組 組長・清水には村上 淳。春が直接対立することとなる清水を独特な凄みを持って村上が演じている。

 さびれた田舎町で、13歳で同じ罪を背負った3人がどのように生きて大人になったのか。そして20年前に正樹の死体が発見された橋の下で、まったく同じように少年の死体が発見された新たに起こった殺人事件は過去の事件とどうつながっているのか……。実力派俳優たちの白熱した演技のぶつかり合いがどのような化学反応を起こすのか、今回解禁されたキャストをもってさらなる期待が高まる。

 実力派俳優陣とスタッフが贈る、犯罪が多様化する現代に「罪」と「正義」の意味を問う、人間の本質に迫るノワール・ミステリー映画『罪と悪』。続報にご注目いただきたい。

コメント全文

笠原役:佐藤浩市
 今回ワン・シーンだけの参加でしたが、ロケ地福井の皆さんの協力を含め、物造りの熱さを感じた現場でした。
 齋藤監督、高良健吾くん、罪と悪のオールスタッフ、キャストの皆さん映画の完成おめでとうございます!

佐藤役:椎名桔平
 名だたる監督たちの助監督を経験してきた齊藤勇起監督。自ら脚本を書き、イーストウッドの『ミスティックリバー』のような震える映画を撮るという。三人の少年が起こした事件が其々の人生に重くのしかかっていく。こんな骨太な人間ドラマは大好きだ。監督の故郷でもある福井の長閑な風景の中、きっと震えさせてくれる映画が生まれるとワクワクしています。

清水役:村上 淳
 齊藤さんが撮る。オファーをいただいた。そこに断る理由はひとつもありませんでした。監督の細部にわたる“こだわり”を垣間見れたいくつもの瞬間。僕は高良健吾くんと絡むシーンが多かったのですが“その瞬間に起こった心の動き”は間違いなくキャメラがとらえていたと思います。高良くんとの共演については、先輩・後輩やキャリアの長さは無関係としてお聞きいただけたらと思います。素晴らしく“いい眼”をしていました。キャラクターとのシンクロ率が高かったからでしょう。

監督・脚本:齊藤勇起 キャスティングに関して

佐藤浩市
 圧倒的な存在感を求めて早い段階から勝手にイメージしていました。
 オファーを受けていただいてから書き上げたキャラクターです。その役が今作でも重要な役割を担うことになり結果、大変感謝しております。キャスティングまでの一連の流れは必然だったのかも、とまで。
 イメージを伝えてからはさまざまなアイデアを提案してくださり、役の肉付けが捗り、予想以上のシーンとなり感無量でした。
 レールでのトラックバックカットの撮影ではセリフのタイミングも流石!のテクニックに息を呑ませてもらいました。

椎名桔平
 背後に“何か”を感じる役のイメージ通りだと思いお願いしました。撮影しながらもイメージを超えてくる姿に唸っておりました。
 桔平さんが出る全てのシーンでディスカッションさせてもらい、こちらの相談をいつも快く聞いてくれてアイデアを出し合うことが出来、作品への反映はとても大きかったです。
 落ち着いた佇まいからも程よい緊張感が放たれていて桔平さんのシーンは撮影後も充実感が大きかったのを覚えています。
 物語の軸を強く締めてくれて感謝しております。

村上 淳
 今までご一緒させてもらうたびにさまざまな表情、視点を見せてくれてきた俳優さんです。
 今までは自分では無く他の方が作られた役を演じている姿を見ていましたが、自分が作り上げたキャラクターをどう演じてくれるか大きな期待と信頼を寄せてキャスティングさせてもらいました。
 撮影時もこちらの意図を聞いてくれた上で演じていただき、困った時にはアイデアを出してもらったりと、頼りにさせてもらいました。
 クランクインから参加してもらって良い流れで撮影に入らせてもらい気持ちに自信を持たせてもらい、感謝しています。

ストーリー

 13歳の少年、正樹が殺された。
 死体は町の中心にある橋の下に無残に捨てられており小さな町はたちまち不安と恐怖に包まれた。人々は警戒しあい、あらぬ噂で持ちきりになる。
 正樹の同級生、春・晃・朔・直哉は、犯人は正樹がよく遊びに行っていた怪しい老人「おんさん」に違いないと家に押しかけもみ合いの末、1人がおんさんを殺してしまう。そして彼はおんさんの家に火を放ち、事件は幕を閉じた――。
 そして時が過ぎ、晃は刑事になり、父の死をきっかけに町に帰ってきた。葬式に来た朔に礼をし、久々に話す二人。朔は引きこもりの弟・直哉を面倒を見ながら、親の農家を継いでいた。ほどなく一人の少年が橋の下で死体で見つかる。正樹と全く同じように……。晃は少年の殺害事件の捜査で、春と再会する。春は建設会社を営みながら、不良少年たちの面倒を見ていることで慕われており、殺された少年も春のもとに出入りしていたのだ。
 三人の再会で、それぞれが心の奥にしまっていた22年前の事件の扉が再び開き始める。20年前の事件の真相は、そして罪と向き合うということとは――。

 本当の悪人は誰か――。

 (2024年、日本)

キャスト&スタッフ

 キャスト:高良健吾、大東駿介、石田卓也
 監督・脚本:齊藤勇起
 製作プロダクション:ザフール

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『罪と悪』公式サイト | 2024年2月公開
本当の“悪人”は誰か― 映画『罪と悪』2024年2月公開

 公式X:@tsumitoaku_mov

公開表記

 配給:ナカチカピクチャーズ
 2024年2月 公開

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました