イベント・舞台挨拶

『ある閉ざされた雪の山荘で』大阪・名古屋・北海道 舞台挨拶

©2024映画『ある閉ざされた雪の山荘で』製作委員会 ©東野圭吾/講談社

 著作の国内累計発行部数が1億部を突破した東野圭吾の長編小説『ある閉ざされた雪の山荘で』が重岡大毅主演で実写映画化。1月12日(金)より大ヒット公開中!

 本作が1月12日(金)より公開を迎え、週末3日間(1/12~1/14)で2.19億円の興行収入を記録し、実写邦画第1位となる大ヒットスタートを切った! 10代~50代まで幅広い年齢層の観客が劇場に詰めかけ、各地の劇場では満席回が続出した。平日も好調な興行となっており、大作ひしめく中、動員1位を記録する劇場も出ている盛況ぶりだ。
 この度、そんな大ヒットを盛り上げた、大阪、名古屋、北海道でそれぞれ開催された舞台挨拶のイベントのリポートが到着! 撮影の裏話だけでなく、大阪に凱旋した重岡と中条の爆笑トークがさく裂し、地方ならではのイベントの様子が明らかとなった。

 12日に公開を迎え、13日には全キャスト登壇の公開記念舞台挨拶を実施した本作。その後、「SDGs推進 TGC しずおか 2024」にサプライズ登場した重岡大毅、間宮祥太朗、中条あやみが14日に大阪・TOHOシネマズなんばとTOHOシネマズ梅田に登壇。前日に「SDGs推進 TGC しずおか 2024」で“TGCクイーン”中条のランウェイを見た重岡は「どうやったら大人の色気出るんやろな?」と舞台挨拶の前から大人の色気に興味津々。「色気を獲得したい」と今年の抱負を語ったものの、間宮から「色気がある主演俳優の舞台挨拶」っていうテーマでやってみたら、と提案された重岡は「そんなん無理や! 俺の良さ全部なくなる!」と即答し、早くも“いつも通り”の爆笑をさそってイベントスタート。

 大阪に凱旋した重岡と中条は地元トークを繰り広げる中、大阪出身ではないが阪神タイガースの大ファンとして知られる間宮が、昨年の阪神タイガース優勝の時に、ニュースに映った人物の声が重岡に似ていたエピソードを披露。あまりにも似ていたようで重岡はまさにニュースのモノマネも披露し、「あの時、マネージャーからも『重岡さんじゃないですよね?』」と確認の連絡が入るほどそっくりだったと明かしつつも、疑惑を否定。中条からは「やりそうだもんね(笑)」といわれると慌てて「やらへんよ!」と突っ込んでいた。重岡と中条の他に同じ大阪出身の西野七瀬や、滋賀出身の堀田真由と、関西人も多かったことでかなりにぎやかな撮影現場になっていたようで、一人で冷静だったという間宮は「二人がまさに2トップだった。とにかく明るかった」というと「楽しかった!」と二人も声をそろえるなどシリアスな展開の物語ながらも和気あいあいの現場だったことを明かしていた。

 翌日15日には、重岡と岡山天音が名古屋・ミッドランドスクエアシネマに登場。本編ではバチバチする関係だったが現場では特に仲の良かった二人。さらに、先日放送された「アナザースカイ」出演の際に名古屋を訪れたばかりという岡山だが、デビュー作の撮影地となった名古屋の印象を聞かれると「僕にとってのアナザースカイです!」と強調。一方で名古屋にはライブでよく訪れるという重岡もライブ終わりに行くお店やサウナの話、そして名古屋メシトークなどとお互いに“名古屋愛”を披露していた。

 撮影中のエピソードを聞かれると、岡山が「結構大変だった……」とポツリ。「初対面で重岡さんに抱っことかされて……成人してから抱っこされたことなくて、ほんとに怖かった……」と明かすと重岡は大爆笑。さらにまさかのステージ上でも重岡が岡山を抱っこ! 岡山は「“ダコハラ(抱っこハラスメント)”だよ! 親に見せられないって! 恥ずかしすぎて失っちゃいけないものを失った気がするな……」とぼやきつつも二人は会場を大いに沸かせていた。

 そして最終日には北海道・TOHOシネマズすすきので実施された舞台挨拶に重岡が登場!

 この日は雪の影響で高速道路が通行止めだったといいつつも「おかげでセイコーマートをたくさん見つけました!」と明かすと会場からは笑いとともに大きな拍手が。全国行脚となった舞台挨拶の最後の会場となった北海道では、過去に札幌滞在中に銭湯に行ったりラーメンを食べたりしながら曲を作ったエピソードを披露。まだ札幌でライブをやったことがないという重岡は、「いつか札幌ドームでやりたい気持ちがあるので、もし北海道で今回の主題歌『FICTION』を歌ったら、今日の舞台挨拶のことを思い出すかもしれない」と想い入れの強さを明かした。一方で、キャスト陣の中の良さも注目されているが、本作の設定と同じように4日間誰かと一緒に山荘に閉じ込められるとしたら?と聞かれると、「気を使わない相手がいいなと思うんですけど……健康的な方がいいので、タフそうだなという意味では間宮さんかな」と、撮影現場ではキャッチボールをして親睦を深めた間宮の名前をあげつつも、「でも間宮さんに『ご飯よこせ』って言われたら負けちゃうので、そういう意味では戸塚くんかなあ」と悩みつつ、同世代の役者が集結した本作ならではの仲の良さを感じさせていた。あらためて初の単独主演作品として、東京のみならず大阪、名古屋、北海道と各所を訪れたことに感謝しながらも名残惜しさを感じつつ、イベントは大きな拍手に包まれて終了した。

 SNS上の反響も大きく、「最初から最後までソワソワしつつ、最後はスッキリ」「途中まで誰が犯人かまったく分からない」「閉ざ雪面白すぎた!」など絶賛の声が続々! 「犯人が分かってから観る2回目、細かいところもいろいろ分かっておもしろい」「ラストが分かった上で、最初からもう一回観たくなる」と、繰り返し鑑賞したくなる内容に早くも“追い閉ざ雪”するリピーターも続出している。「ある閉ざされた雪の山荘でめちゃくちゃ面白かった。結末を知って泣いた」「本当に予想外の結末でびっくりした! サスペンス・ミステリー映画で泣いたの初めて」「こんなに号泣する映画とは思わなかった」と予想外の結末に涙したという感想も出ており、希望のある爽やかなラストもリピーターが続出する一因となっている。
 果たしてこれは、演技なのか、事件なのか。スクリーンに映る全てが伏線。二重三重に張り巡らされたトリックには「最後まで騙された!」「まんまとやられた!」と注目度も高く、驚きの仕掛けが明かされる怒涛の展開は、観たら思わず人と考察を語りたくなること必至!
 驚愕のラストが訪れるサスペンス・エンターテインメントを、是非劇場でお確かめいただきたい。

 登壇者:重岡大毅、間宮祥太朗、中条あやみ、岡山天音

公開表記

 配給:ハピネットファントム・スタジオ
 2024年1月12日(金) TOHO シネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

(オフィシャル素材提供)

関連作品

ステップ [DVD]
コロムビアミュージックエンタテインメント
スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
Translate »
タイトルとURLをコピーしました