イベント・舞台挨拶

『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』完成披露舞台挨拶

©2023映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』製作委員会

 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』の完成披露舞台挨拶が都内で行なわれ、奥平大兼、鈴鹿央士、小倉史也が、劇中の衣装の制服姿で登壇してクロストークを繰り広げた。

 本作は徳島県の高専(高等専門学校)を舞台に、実在の男子学生をモデルしており、オリンピック参加で注目のeスポーツを題材に描かれる青春映画。

 観客の大きな歓声に迎えられて登場した3人。郡司翔太郎役を演じた奥平は、劇中の金髪ではなく、黒髪姿で登壇。「(3人の中で)劇中と一番見た目が違うかも」と照れ臭そうに自身の制服姿を分析する。

 鈴鹿の制服姿を見て小倉は「おーたん(鈴鹿)の制服姿はいつ見ても目の保養ですね」とコメントすると、会場からは大きな拍手が起った。鈴鹿は「まだイケてます? もうダメかなと思ってるんですけど……」と不安げな表情をみせた。劇中、鈴鹿はクールな優等生・田中達郎役を演じている。

 小西 亘役を演じた小倉は26歳。小倉が若く見えるためか、年下の共演者たちが「撮影が終わってから俺のことを『オイ』って呼ぶんですよ」と苦言を呈する。奥平は「それくらい仲良くさせてもらってるってことです」と弁明していた。

 当日、海外出張のため欠席となった古厩智之監督から、メッセージが届いており、3人のキャスティング理由が明かされた。
 奥平については「何本か作品を観たけれど、映画っぽい俳優。立っているだけで風が吹いてくるような感じ」と評す。鈴鹿については「達郎はひねくれていて、人を人とも思ってない人物。そんな人物をすごく華があって正反対の優しい鈴鹿くんがやったらどうなるだろう?と思い、キャスティングした」。小倉は「好奇心旺盛なところ」とコメントした。

 今作で鈴鹿と一緒のシーンが多かったという奥平は、鈴鹿について「『どういう俳優さんなんだろうな』と気になっていた」と話し、「央士くんは僕とは正反対の性格で、芝居へのアプローチの仕方が違う。達郎役を央士くんが演じてくれたので幅広く演じることができた」と感謝だった。

 自分のキャラについて、鈴鹿は「達郎は”勝利”に執着している と感じたのでそんな部分を演じました」。

 奥平は「翔太郎は、金髪、ピアスでやんちゃっぽい子」と評し、「ほんとは優しい子で周りのことが見えている。大人の部分もあります」と分析。

 小倉は「反抗期だったころの俺に似ている」と話し、「Vチューバ―好きでお菓子をメッチャ食べる役だったので太りました」と明かしていた。奥平の演技について小倉は「少年心をありのまま出している感じがした」と感想を述べた。

 撮影終了後に3人で会う機会があったそう。3人は個性がバラバラだが、バランスが取れており、観ていて”青春”そのものだ。

 青春映画となる本作にちなみ、「青春の思い出」についてフリップで回答する場面があった。小倉が「恋」と書き、「高校の頃、お別れをした片思いの女性がいた。その人が、卒業の時に寄せ書きをしてくれて、写真も撮ってくれた。家宝ですよね」と懐かしい想い出を披露した。「アリアナ・グランデ」と書いた鈴鹿は、学生時代に音楽をたくさん聴いていたそう。「英語を学ぶきっかけを作ってくれた」と話した。

 最後に、小倉は「観た方の青春の1ピースになれればいいな……」。鈴鹿は「青春映画としての完成度が高い作品。徳島の美しい景色の中、仲間模様や恋模様もあります。いい映画になっています」と映画の魅力をアピールした。

 奥平は、「日本初のeスポーツ映画です。ゲーム好きとしてみなさんにeスポーツを紹介できるのは嬉しい」とメッセージを送った。

 登壇者:奥平大兼、鈴鹿央士、小倉史也
 MC:奥浜レイラ

 (取材・文・写真:福住佐知子)

公開表記

 配給:ハピネットファントム・スタジオ
 3月8日(金)TOHO シネマズ 日比谷 ほか全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました