最新ニュース

『聖☆おにいさん THE MOVIE~ホーリーメン VS 悪魔軍団~』/実写映画化決定&公開情報解禁

©中村光/講談社 ©2024映画「聖☆おにいさん」製作委員会

 <神の子イエス>と<仏の悟りを開いたブッダ>が東京・立川の風呂なし6畳一間アパートでふたり暮らしをしながら下界でバカンスを満喫している日常を描く――そんな大胆で斬新な描写で、今や原作累計発行部数1700万部を超える異色のギャグ漫画「聖☆おにいさん」(著:中村光/講談社「モーニング・ツー」連載中/既刊21巻)。イエスとブッダという組み合わせ。そんな2人のスタイルはTシャツとデニム。題材もさることながらあまりにもユニークで唯一無二の描き方はまさに日本ならではの革命的ギャグ漫画と称され、性別・年齢・地域を超えて愛され続けている。

そんな<ギャグ漫画日本代表>とも呼べる「聖☆おにいさん」がこの度、初の実写映画化!
タイトルは、『聖☆おにいさん THE MOVIE~ホーリーメンVS悪魔軍団~』!
2024年12月20日(金)に全国公開することが決定した!

 本作のメガホンを執るのは、『銀魂』シリーズ、『今日から俺は!!劇場版』、『新解釈・三國志』などを監督してきた、コメディ映画の奇才・福田雄一監督。ゆるい日常を描くショート・ストーリーとは異なる、劇場映画化のために原作者の中村 光が描いた原作エピソードであり、「聖☆おにいさん」史上初となる壮大な長編シリーズ「スクリーンへの長い途(みち)」の完全実写化に挑む。

 主人公のイエスを演じるのは、現在NHK連続テレビ小説「虎に翼」(2024)に出演し、昨年のNHK大河ドラマ「どうする家康」(2023)にて、徳川家康の天下取りを支える重要人物・本多正信役としての好演が記憶に新しい、松山ケンイチ。『ノイズ』(2022)、『ロストケア』(2023)などで主演を務め、コメディからシリアスな作品まで、幅広いジャンル・役柄を巧みに演じ切る松山が、長髪・髭・茨の冠がトレードマークで、下界でのバカンスを奔放に楽しむ<神の子・イエス>をコミカルに演じる!
 そして、もう一人の主人公であるブッダを演じるのは、『ヒミズ』(2012)で第68回ヴェネチア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞。以降も『寄生獣』シリーズ(2014、2015)、ドラマ「ブラッシュアップライフ」(2023)、『陰陽師0』(2024)など、数多くの話題作に出演し続ける染谷将太。その定評のある演技力で、螺髪、白毫、長い耳たぶがトレードマークの、主婦並みにお金を気にする<目覚めた人・ブッダ>を魅力たっぷりに演じる!

 イエス・松山ケンイチ × ブッダ・染谷将太――国内外で評される演技派俳優の雄である2人が、W主演として本作に挑む!

 さらに、映画化発表にあわせて下記最新情報も解禁した!

①最新ビジュアル3種類
 今回の映画化発表にあわせて、スーパーティーザービジュアルと、イエス・ブッダそれぞれの1ショットビジュアルを解禁! スーパーティーザービジュアルは、松山演じるイエスと染谷演じるブッダが仲睦まじく顔

WordPressのfunctions.phpを編集する前は、編集前に必ずバックアップを取って保存してください。もし編集後、エラーが出るようでしたら、バックアップファイルを元に復元してください。

を寄せ合っている、なんだか祝福とご利益がありそうなインパクト大なビジュアルに仕上がっている。そして、イエス・ブッダそれぞれの1ショットビジュアルは、本作の象徴でもあるTシャツ&デニム姿で特徴的なポージングを取る2人が写されている。それぞれのキャラクターが伝わってくるコピーにもご注目いただきたい!

②特別座談会映像
 初となる実写映画化にあたり、既にクランクアップした松山、染谷そして福田監督による特別座談会を決行! 「大ファンの2人と一緒にこの映画を作ることができて、本当に感無量です! とにかく笑ってほしい!」(福田監督)、「子どもが観ても楽しめる作品だと思う」(松山)、「家族三世代で楽しめる作品!」(染谷)など、この作品とお互いへの愛を語っている。

©中村光/講談社 ©2024映画「聖☆おにいさん」製作委員会

③毎月23日は“おにいさんの日”
 作品タイトルにちなみ、2024年5月以降の毎月23日を“おにいさんの日”と銘打ち、映画に関する情報を毎月発表していく「おにいさんプロジェクト」が決定!
 本作を彩る豪華キャストの出演情報など、ビッグニュースが目白押しだ!

 まだまだベールに包まれている本作の今後の展開にもぜひご注目いただきたい!

 誰もが知るあの神様と仏様が、6畳一間から飛び出して地球を救う!?
 <神×仏×天使×悪魔>が無駄に豪華に入り乱れる、抱腹絶倒の90分。
 慌ただしい年の瀬、地球上の人間皆さまへ、どうか笑いの祝福と御利益が訪れますように――。

コメント

イエス役:松山ケンイチ
 聖☆おにいさん
 映画になります!
 今回は部屋から出ていろいろやります!
 そしていろいろな魅力的なキャラクターが登場します!
 染谷君演じるブッダ(マジブッダ)と僕が演じるイエス(ジョニーデップ似)が下界でバカンスの筈が天上界の神々の思惑に巻き込まれ、壮大なプロジェクトが始動します。
 彼らが生きていた時代と現代では文明が全く違い、ジェネレーション・ギャップに臨機応変に対応していく様子は観客の皆さまを必ず笑顔にしていくでしょう!

ブッダ役:染谷将太
 たいへんです! 聖☆おにいさんが映画化ですよ!
 福田監督と松山さんとふざけまくるご褒美のような現場が幸せな時間でした。
 スクリーンで繰り広げられる、ゆる〜いイエスとブッダの会話。だと思ったら、それだけじゃないのです!
 映画化用に中村 光先生が原作を書いて下さり大スケールでお届けする今作! (イエスとブッダのバカンス感は何も変わっておりません)
 そして、これは嘘でしょ?ってプロデューサーに言ってしまったほどの豪華キャスト!
 こんなに有り難さとご利益しかない映画はございません。
 ぜひ劇場に福をもらいにお越しください!

脚本・監督:福田雄一
 『聖☆おにいさん』初の実写映画化! まさか映画になるとは……。
 大ファンの松山くん、染谷くんと一緒に映画を作ることができて、本当に感無量です!
 実は一番最初に映画化のお話をいただいた時には、原作がすべてショート・ストーリーなので、映画にするには難しいと思っていたのですが、原作の中村先生が映画化のために「スクリーンへの長い途(みち)」という長編エピソードを描いてくださって、こうして実現することができました。
 久々にギャグ一辺倒の映画を作らせていただいて、編集していてこれだけ笑える作品もなかなかないなと。個人的にもとても楽しかったです!
 巨大ロボットが出てきたり、アクション・シーンもあったりで、大人だけではなく、子どもも楽しめる作品になっていると思います。
 ぜひご家族で観に来ていただきたいです!

公開表記

 配給:東宝
 2024年12月20日(金) 全国東宝系にて公開!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
Translate »
タイトルとURLをコピーしました