作品紹介

『フンパヨン 呪物に隠れた闇』

©Five Star Production Co., Ltd. 2023

イントロダクション

 出家した兄のティーに会うため、旅に出たタム。ドンシンタム島の寺院で、 ティーが住職を殺して消えたという噂を耳にする。人形(フンパヨン)に妄信的な信仰を寄せる村人たち。やがて村を恐怖に陥れる奇怪な出来事が起こっていく……。
 日本での人気急上昇中!! タイ発BLドラマ『Lovely Writer The Series』や『Step by Step』などに出演し、“アップ”の愛称で親しまれるプーンパット・イアン=サマンと、『The Gifted Graduation』や『Fish Upon the Sky』などに出演し、“プーウィン”の愛称で親しまれるプーウィン・タンサックユーン。日本でファンミーティングが開催されるほど人気の今注目の2大タイ若手スターの共演作。

ストーリー

 タームは出家した兄のティーに会うために旅に出て、ドンシンタム島の寺院にたどり着いた。タームは、ティーが前の僧院長を殺して逃亡したという噂を聞くが、ティーが人を殺すことができるとは思えない。この村でタームは身寄りが無く、寺に住んでいる純粋な青年、テと知り合った。
 この村では“ポープー”という人の形をした像が信仰されていた。またこの島では人が死ぬと遺骨の一部を入れ、土の像(フンパヨン)を作って拝む習慣がある。ジェイトはフンパヨンの作り手だ。タームは村人たちの信仰に疑問を抱き、村を守る霊的な存在というよりも、盲目的な迷信だと考える。
 ある夜、タームは怒りに任せて“ポープー”への供え物を壊してしまった。その後、恐ろしい出来事が次々と起こり、村は恐怖に包まれる。女性が行方不明になり、死人が続出し村人たちは怒りに燃える。闇夜に人の形をした“フンパヨン”像が森の中を彷徨う。人形師のジェイトは呪文を唱えて、皆の身を守ろうとするのだった。

 (原題:HOON PAYON、2023年、タイ、上映時間:107分)

キャスト&スタッフ

 監督 :ポンタリット・チョーティグリッサダーソーポン
 キャスト:プーンパット・イアン=サマン(アップ)、プーウィン・タンサックユーン(プーウィン)、クナティップ・ピンプラダブ(ニック)、タソーン・クリンニウム(エミ)、プーリパット・ウェーチャウォンサーデーチャーワット(ジェームス)、パンナウィット・パッタナシリ、ワラティップ・キッティパイサン
 製作会社:ファイブスター・プロダクション

ギャラリー

©Five Star Production Co., Ltd. 2023

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

『フンパヨン 呪物に隠れた闇』公式サイト
2024年7月5日公開 「フンパヨン 呪物に隠れた闇」公式サイト | 出家した弟のティーに会うため、旅に出たターム。ドンシンタム島の寺院で、 ティーが住職を殺して消えたという噂を耳にする。 人形(フンパヨン)に妄信的な信仰を寄せる村人たち。...

 公式X&Instagram:@hoonpayon_movie

公開表記

 配給:ギークピクチュアズ
 7月5日(金)より、シネマート新宿ほか全国順次公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
Translate »
タイトルとURLをコピーしました