イベント・舞台挨拶

『明日にかける橋 1989年の想い出』初日舞台挨拶

©「明日にかける橋」フィルムパートナーズ

 太田隆文監督が、鈴木 杏、板尾創路、田中美里、越後はる香、藤田朋子、宝田明らを迎えて、全国的にも最大級の規模を誇る静岡県の袋井花火大会を舞台に制作した映画『明日(あす)にかける橋 1989年の想い出』が6月30日(土)、有楽町スバル座にて公開となった。

 本作で7年ぶりの映画主演となる鈴木 杏、父親役の板尾創路、母親役の田中美里、鈴木杏の高校時代役で、本作で映画デビューを果たした越後はる香、高校の化学の先生役の藤田朋子、監督・脚本の太田隆文が登壇した。

 板尾の「今日は初日ということで、たくさんの方に足を運んでいただき、ありがとうございます。登壇する身としては、こんなにたくさん来ていただいて、嬉しいです」という挨拶から始まった初日舞台挨拶。

 監督が「鈴木 杏さんと板尾さんは以前、親子役をやったことがあるんですよね?」と聞くと、鈴木と板尾が「『空中庭園』」と小泉今日子さん主演映画の名前を出し、板尾が「すごくダメなオヤジ役で、杏ちゃんがしっかりした娘で」と言うと、鈴木が「ちょうど私が(越後)はる香ちゃん位の年齢で」と言い、板尾が続けて「当時杏ちゃんはリアルな高校生で、制服で楽屋入りしていました」と思い出を語った。「親子役を以前やっていたので、今回楽でしたか?」と聞かれ、板尾は「意識はしていないけれど、やりやすさはある」と言い、鈴木も「『初めまして』だと緊張感や遠慮もありますし」と答えた。板尾が「(本作で鈴木演じるはるかに)怒られている感じも後輩の役者に怒られている感じで。こういう娘に怒られたい感じはしますよね。怒ってくれる娘も好きです」と告白。

 タイムスリップする映画について、鈴木は「『Returner リターナー』に続き、2回目ですね。『またタイムスリップするんだね、って言われました』と話し、監督が「タイムスリップ、うまいなと思っていた」とジョークを言うと、鈴木は「ただ走っていただけですけどね」と笑った。

 田中美里は、大変だったことを聞かれ、「剣道の素振りのシーンがあったんですけれど、練習する時間が短くて、衣装合わせの時に1時間位素振りの練習をして、その後自主練でやっていたので大変でした。竹刀だけだったらいいんですけれど、最後フライパンを持つというのが苦労といえば苦労でした。板尾さんと背中合わせでフライパンを持ったところは笑いそうになっちゃいました」と述懐。板尾も、「黒澤映画みたいにかっこよければと思っていたんですけれど、エキストラの皆さんが一生懸命やっているところがかわいらしかったです」と話した。

 監督が「笑いは全部藤田朋子さんが取っていったけれど、泣きも取っていった」と言い、演技初体験だった越後はる香は、撮影当時15歳で、「泣くシーンのテストの時にわーっと泣いてしまったんですが、シーンの途中から泣かなくてはいけなかったので、撮影の本番の時にこらえなくおかなくてはいけなかったんです。藤田朋子さんが『後で泣いていいから、今は我慢して』っておっしゃって、撮影が終わった後に『泣いていいよ』って言ってくださって、それがすごく助かりました」と話し、鈴木が「さすがです」と感嘆の声を上げた。

 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドク的な役だった藤田は、「今日は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』的な衣装にしました。89年あたりに自分がつけていたイヤリングを探してきました。当時はピアスじゃなく、クリップのでかいのが流行っていたんです。『あの頃』って言っても、(登壇者を見回し)私と板尾さん位しかフィーバーしていなかったけれど」とジョークを言って笑いを取った。「当時の『愛しあってるかい!』でも先生役をやっていたんですが、先生繋がりということで、監督がいたずらをして、役名を同じ名前にしたんですよ。呼ばれ慣れている感じだと思っていたら、そういうことでした」と裏話を披露した。

 最後に監督が「8月下旬に開催されるジャパン フィルムフェスティバル・ロサンゼルスに招待作品として選ばれました」と発表すると、会場は大拍手に包まれ、舞台挨拶は終了した。

登壇者:鈴木 杏、板尾創路、田中美里、越後はる香、藤田朋子、太田隆文(監督・脚本・プロデューサー)

(オフィシャル素材提供)

公開表記

配給:渋谷プロダクション
有楽町スバル座にて公開中
8月11日よりテアトル梅田、9月1日より静岡県内ほか 全国順次公開

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました