イベント・舞台挨拶

『頭痛が痛い』初日舞台挨拶

©KAMO FILMS

 PFFアワード2020で審査員特別賞を受賞した、それぞれの「死にたさ」を擦り合わせようとする少女2人のシスターフッド・ロードムービー『頭痛が痛い』の初日舞台挨拶が、6月3日(金)にアップリンク吉祥寺にて開催され、阿部百衣子、せとらえと、守田悠人監督が登壇した。

 本作の制作のきっかけについて監督は、「2018年に奈良県の女子高生がライブ配信中に線路に飛び降りるということがありまして、その後その瞬間の映像とか過去の配信動画がネット上に拡散されてお祭り騒ぎのようになっていて、僕はそれを携帯越しに眺めることしかできなかったし、その時期ちょうど自分の中にあった憂鬱みたいなものとリンクした瞬間があって、『これを今映画にしなければ、10年後の自分が撮れるか分からない』ということで、製作しました」と説明。

 オーデションで二人をキャスティングした理由については、「オーディションにいらっしゃった方全員に『死にたいと思ったことありますか?』という質問をさせていただいたんですけれど、涙ながらに過去を語る人とか、『ないです』ってきっぱり断言する人がいる中で、阿部さんは『皆あるんじゃないですかねぇ?』とはぐらかすような、自分を当事者から外すような受け答え方で、そこにすごく惹かれてオファーさせていただきました。せとらさんは、入ってきた瞬間に、映画のオーディションに来るような格好ではないなというような格好で、スケスケのシャツにヒョウ柄のパンツを履いてきて、挙動不審だし、あからさまに緊張していました。せとらさんが持っている不器用さが、鳴海役に活きるんじゃないかなと思って選ばせていただきました」と話した。

 阿部は演じた“いく”役に関して、「当時のほうが共感するところがありました。当時はいくと重なって、自分が苦しいこととか嫌だなと思うことを表に出さないで、何でも『うん、大丈夫だよ~』と言って自分自身の首を締めていたんで、いくについて、苦しそうだな~と思いました。」と述懐。

 せとらは演じた鳴海役について、「不器用で挙動不審なところとか、やさぐれていて、劇中タバコを吸ったりお酒を飲んだりしているシーンもあるんですけど、繊細で傷つきやすいところだとかは自分と被っているなと思いました」と話した。

 撮影時のエピソードとして阿部は「いくが初めて援助交際をするシーンで、相手役の松本高士さんはものすごくいい方なんですけれど、松本さんと事前に演技を合わせずに本番に挑んだら、ものすごいボルテージを上げていらっしゃって、タバコを近づけてくるだとか台本にないようなこともあったり、怒鳴り声もものすごく大きくて、素のリアクションでびくっとしました」と回想。監督も、「そのシーンは、『このセリフだけは言ってください』ということだけ決めて、即興も多くて、僕自身どうなるか分からないまま観察していたという感じなんですけれど、松本さんがいくに対して乱暴を振るうところで、僕も自然と声が出ちゃっていて、自分は気づかずにOKを出しちゃったんですけれど、録音部から『監督めっちゃ声が出てたよ』と言われてNGを出してしまいました」と現場の様子が伝わるようなエピソードを披露した。

 せとらは、ライブ配信をするシーンについて、「スタッフさんがライブ配信中に表示されるコメントをリアルタイムで打っていたんですけれど、守田監督は、2台持ちにして打っていてすごくシュールな環境でした」と述懐。監督は、「コメントは絶対自分の間で打ちたいというのがあり、僕はコメントを打つのに必死だったんで、あそこはお芝居を生で見ていなかったんです」とこだわりを見せた。

 本作は、ぴあフィルムフェスティバルのPFFアワード2020で審査員特別賞を受賞した。監督は、「ちゃんと格がついたことで、スタッフの皆とか俳優の方々とかのためにもなるし、後から後から嬉しく感じてきました」と当時の心境を話した。再編集版制作の経緯については、「PFFの上映を経て、再上映したいと考えていた時に、当時高校を卒業したての子(小本菜々香)が現れました。最初に150分くらいの素材を渡して、『これを切ってきて(編集して)』と言ったら、90分にしてきて、肝が座っていると思って、いくと鳴海の役にも年齢も近いので、彼女に頼みました」と語った。

 最後に阿部から「今日2年ぶりに拝見して、まだずーんと心に残っているものがあります。彼女たちの生き様は本当に泥臭いなと思いながらも美しいところもあって、その気持ちを若干忘れていたなとも思いました。苦しいなと思った時や抜け出したいなと思った時は、いくと鳴海を思い出してもうひと頑張りしてみようかなと思うので、皆さんもどこかでいくと鳴海を思い出していただければ嬉しいです」と挨拶。

 せとらは、「自分の中に価値がないと思っていたりとか、誰からも愛されていないと思っていたりとか、毎日を死にたいで紡いでいる人がいると思うんですね。でもそれでも私はどんな人にも生きていて欲しいと思うんです。こんな見ず知らずの奴に言われても何も届かないかもしれないけれど、それでも生きてて欲しくて。こんなんでも30年間生きてきました。絶対になるようになるし、なるようにしかならないから大丈夫で、正しくなくても根拠がなくても大丈夫で、もしかしたら死にたいとか日々抱えて生きている人もいるかもしれないけれど、そう思っている自分を愛してあげて欲しいです。死にたいと思うくらい頑張ってきた自分を信じて愛してあげてほしいと思います」と熱いメッセージを送り、初日舞台挨拶は終了した。

登壇者:阿部百衣子、せとらえと、守田悠人監督

公開表記

 配給:アルミード
 6月3日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました