作品紹介

『ビーバップのおっさん』

©ラフター

イントロダクション

 アクションあり、笑いあり、涙ありのファン待望の痛快人情活劇が完成!

 『ビー・バップ・ハイスクール』で、”城東工業のテル”こと藤本輝男を演じた白井光浩(54)と主人公・加藤浩志を演じた清水宏次朗(57)が、喧嘩っ早い藤元輝(テル)と女にモテる愛徳浩(ヒロシ)として、再共演! 本作が劇場公開商業映画初主演作となった白井が企画から携わり、キャスティングの段階で清水の名を一番に挙げたことで、再共演が実現。本作でまた、清水のヒロシが帰ってきた! 50代になっても二人は、それぞれ「おっさんはまだまだ負けねぇよ!」「おもしろくなるのはこれからじゃねぇか!」と、暴れまくる!

 1980年放送の「3年B組金八先生」で「腐ったミカン」こと、不良生徒・加藤優を演じてブレイクした直江喜一(59)が、二人が助けるおにぎり屋の店主として出演。

 映画『湘南爆走族』(1987)で江口洋介と織田裕二と共に暴走族「湘南爆走族」メンバーでモヒカンがトレードマークの丸川角児役を演じた村澤寿彦が丸川会長役を、大映ドラマ「ヤヌスの鏡」(1985)で性格が豹変する主人公を演じた杉浦 幸が、本作でも性格が豹変する丸川の美人妻を演じる。

 「ごくせん」熊井輝夫(通称・クマ)役の脇 知弘が湘南一家の組員・熊田健太を、「ミュージカル・テニスの王子様」の永山たかしがテルの宿敵の御曹司を演じるほか、約300人のオーディションから選ばれた園田あいかと杉本愛里がそれぞれテルの娘・美穂と丸川会長の娘・順子 を演じ、Tiktokで72万人以上のフォロワーを誇る岩田まありがテルのバイト先の従業員としてインパクトを残す。

 その他、古今亭志ん輔が商店街の会長役、小沢和義が鬼島刑事役で脇を固める。

 脚本は、落語協会新作落語台本・脚本募集で最優秀賞(2019年)など、落語台本コンクールで多くの受賞歴を持ち、本作が映画脚本デビューとなる落語作家の今井ようじ。監督は、無頼作品を多く手掛ける旭 正嗣がメガホンをとった。

 本作音楽プロデューサーは、本田美奈子をはじめ数多くのJ-POPを手掛けてきた牧田和男と、THE ALFEEのサポートメンバーとして10年担当後、編曲家としても日本・中国で数多くの作品を手掛け北京オリンピックの閉会式音楽も担当した菊地圭介。

 本作の主題歌「結び」及びイメージソング「GO! GO! A WAY」は、本作の音楽も担当したオバタコウイチ(Piano、作編曲)と川人雅代(Vocal、作詞)による音楽ユニットSacra e sole(サクラ・エ・ソーレ)が担当した。

©ラフター

ストーリー

 日々元請け会社の理不尽な要求に耐えながら、亡き父の家業の小さな町工場を営むテル。元請け会社でのトラブルをきっかけに経営する町工場を閉めることになり、テルの妻も子どもを連れて出て行ってしまう。

 生き甲斐もなくひとり日雇い仕事を続けるテルは、ある日、久しぶりにヒロシと再会する。

 ヒロシ「舞い戻って来たよ~♪」

 むかしと変わらない無邪気なヒロシは、あちらこちらを巡りながらトラブルを解決する「トラブル解決屋」を営んでおり、テルを相棒に誘うのだった。

 とある町に着いたテルとヒロシは、助けを呼ぶ声を聞きつける。そこには、助けを呼ぶ男性と周囲には若いチンピラとヤクザがいた……。

(2022年、日本、上映時間:97分)

キャスト&スタッフ

監督・プロデューサー:旭 正嗣
脚本:今井ようじ
エグゼクティブプロデューサー:塩月隆史
撮影:田宮健彦
音楽:オバタコウイチ
音楽プロデューサー:牧田和男・菊地圭介
主題歌「結び」イメージソング「GO! GO! A WAY」Sacra e sole
製作:ラフター
出演:白井光浩、清水宏次朗、直江喜一、村澤寿彦、杉浦 幸、脇 知弘、永山たかし、園田あいか、杉本愛里、岩田まあり、古今亭志ん輔(特別出演)、小沢和義ほか

ギャラリー

オフィシャル・サイト

■ 公式ツイッター: https://twitter.com/be_bop_ossan (外部サイト)

■ 公式Facebook: https://www.facebook.com/bebopossan/ (外部サイト)

予告編

公開表記

7月24日(日) 渋谷ユーロライブ、8月11日(木・祝) 大阪朝日生命ホールにてプレミア上映
以降、全国順次上映&イベント開催予定

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました