作品紹介

『乙女たちの沖縄戦~白梅学徒の記録~』

©Kムーブ

イントロダクション

 映画『ひめゆりの塔』は繰り返しリメイクされる反戦映画の名作。10代の少女たちで編成されたひめゆり学徒の悲劇である。だが、沖縄戦で看護学徒として動員されたのは、ひめゆりだけではない。多くは知らないが、沖縄県立第二高等女学校の4年生56名の生徒から編成された白梅学徒もその一つ。

 たった18日間の看護教育を受けただけで八重瀬岳にある第一野戦病院に配属。負傷した日本兵が次々に運び込まれて、ベッドも足りなくなる。多くの兵士は床や通路に寝かされた。負傷兵は治療するよりも腕や足をノコギリで切り落とすしかないことが多かった。そんな手術の手伝いをしたのが10代の女子、白梅学徒たちである。

 兵士の傷口に湧いたウジを取る。ズボンに溜まった何日分もの糞尿の処理。つい先日まで青春を謳歌していた10代の女子たち。やがて病院壕にも米軍が迫り、歩けない兵士たちを医師たちが薬で毒殺。学徒たちも米軍の攻撃にさらされて命を散らしていく。今も健在で取材が可能な白梅学徒はごく僅か。90代の中山きくさんと、武村 豊さんが当時の状況をリアルに語る。

 その証言をもとにドラマ部分を制作。若き女優たちが白梅学徒たちの活動を再現。ドキュメンタリーと再現ドラマにより、沖縄戦とは何であったか、多くの日本人が知らない白梅学徒という存在、戦争の悲しさを伝える。ウクライナ×ロシアの戦闘が続く今、より多くの人が実感できるはずだ。

 ドキュメンタリー・パートは『ドキュメンタリー沖縄戦~知られざる悲しみの記憶~』、原発事故の悲劇を描いた劇映画『朝日のあたる家』(山本太郎出演)の太田隆文が監督。ドラマ・パートは『サクラ花 -桜花最期の特攻-』、『祈り~幻に長崎を想う刻(とき)』(高島礼子・黒谷友香主演)など戦争悲劇を描き続ける松村克哉が監督。ドキュメンタリー・パート90分、ドラマ・パート30分の構成になっている。

 米軍統治下に置かれていた沖縄が日本本土に復帰して50年を迎えたことを記念して、8月2日(火)から東京都写真美術館ホール、名古屋シネマテーク、長野・千石劇場、8月5日(金)から京都みなみ会館、8月6日(土)から横浜シネマ ジャック&ベティ、大阪・シアターセブン、沖縄・桜坂劇場、8月12日(金)から大分・別府ブルーバード劇場にて上映される。

 東京都写真美術館ホールでの公開時には、2020年に公開した太田隆文監督の『ドキュメンタリー沖縄戦』の同時上映を、名古屋シネマテークでは日替わり上映を行う。

ストーリー

 日々元請け会社の理不尽な要求に耐えながら、亡き父の家業の小さな町工場を営むテル。元請け会社でのトラブルをきっかけに経営する町工場を閉めることになり、テルの妻も子どもを連れて出て行ってしまう。

 生き甲斐もなくひとり日雇い仕事を続けるテルは、ある日、久しぶりにヒロシと再会する。

 ヒロシ「舞い戻って来たよ~♪」

 むかしと変わらない無邪気なヒロシは、あちらこちらを巡りながらトラブルを解決する「トラブル解決屋」を営んでおり、テルを相棒に誘うのだった。

 とある町に着いたテルとヒロシは、助けを呼ぶ声を聞きつける。そこには、助けを呼ぶ男性と周囲には若いチンピラとヤクザがいた……。

(2022年、日本、上映時間:118分)

キャスト&スタッフ

【ドラマ・パート】

監督:松村克弥 脚本:太田隆文 撮影:塩月隆史 撮影:はやしまこと(j.s.c) 出演:實川 結、森田朋依、實川加賀美、永井ゆみ、城之内正明、響 一真、加藤亮佑、冴羽 一、海老沢貴志、藤真由美、布施 博ほか

【ドキュメンタリー・パート】

構成・監督:太田隆文 撮影・録音:有国 浩 編集:太田隆文 コーディネーター:宇山祐明 証言者:中山きく、武村 豊、當山富士子、大宣味ハル子、我喜屋敏子、大城千代子、翁長健治、山内平三郎 聞き手:森田朋依

プロデューサー:亀 和夫、城之内景子 製作:Kムーブ 制作協力:サクラプロジェクト、青空映画舎

ギャラリー

【ドキュメンタリー・パート】

【ドラマ・パート】

オフィシャル・サイト

http://otometachinookinawasen.com (外部サイト)

公開表記

配給:渋谷プロダクション
8月2日(火)より東京都写真美術館ホールにて公開

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました