作品紹介アニメ

『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』

©2022「僕愛」「君愛」製作委員会

イントロダクション

 2016年6月に刊行された乙野四方字の小説「僕が愛したすべての君へ」、「君を愛したひとりの僕へ」(ハヤカワ文庫刊)は、“並行世界”を行き来することができる世界の同じ名前のふたりの少年が、それぞれの世界でひとりの少女と恋に落ちるラブ・ストーリー。この2作品は前後編でもなく、サイド・ストーリーでもなく、それぞれの物語が独立しているが、2作読むとふたつの世界が絡み合い交差して、お互いがお互いの世界を支え合っていることに気づく、斬新な設定が隠されている。この内容がTikTokで紹介され話題となったことで累計発行部数28万部を突破し、ついに、この秋アニメーション映画化され、10月7日(金)より、2作同日公開となる。

 『僕が愛したすべての君へ』は、日清食品のプロモーション映像「HUNGRY DAYS アオハルかよ。」での新しいアニメーション表現が話題になった、タツノコプロ内で立ち上げた新スタジオレーベル BAKKEN RECORDが制作する。

 一方、『君を愛したひとりの僕へ』は、2013年に『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』で、原作者の異なる2作品を見事にMIXした世界観を構築し、興収42.6億を記録する大ヒットを記録したトムス・エンタテインメント。

 斬新な設定&切ないラブストーリーが交差する2作品を、別々の制作スタジオが描く。

ストーリー

『僕が愛したすべての君へ』

 両親が離婚し、母親と暮らす高校生の高崎 暦(たかさき こよみ)。ある日、クラスメイトの瀧川和音(たきがわ かずね)に声をかけられる。85番目の並行世界から移動してきたという彼女は、その世界で2人が恋人同士であると告げる……。

『君を愛したひとりの僕へ』

 両親が離婚し、父親と暮らす小学生の日高 暦(ひだか こよみ)。ある日、父の勤務先で佐藤 栞(さとう しおり)という少女と出会う。お互いに恋心を抱くようになる暦と栞だったが、親同士が再婚することを知らされる。
 ふたりは兄妹にならない運命が約束された並行世界への駆け落ちを決断するが……。

(2022年、日本)

キャスト&スタッフ

『僕が愛したすべての君へ』

原作:「僕が愛したすべての君へ」乙野四方字(ハヤカワ文庫刊) 監督:松本 淳 脚本:坂口理子 キャラクター原案:shimano 制作:BAKKEN RECORD

『君を愛したひとりの僕へ』

原作:「君を愛したひとりの僕へ」乙野四方字(ハヤカワ文庫刊)
監督:カサヰケンイチ 脚本:坂口理子 キャラクター原案:shimano 制作:トムス・エンタテインメント

オフィシャル・サイト

bokuaikimiai.jp(外部サイト)

公開表記

配給:東映
10月7日(金) 2作同日公開!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました