最新ニュース

『MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』予告編(監督ver.)映像解禁&絶賛コメント到着

©2021 CJ ENM. All Rights Reserved.

 2021年春公開の青春リアリティ映画『14歳の栞』がロングランヒットを記録した監督・竹林 亮(CHOCOLATE Inc.所属)が、数々の賞をともに手にした脚本・夏生さえりとタッグを組んだ、劇場映画2作目となる本作。小さなオフィスを舞台に、社員全員が同じ一週間を繰り返していくという【社員全員タイムループ】。「お仕事」×「タイムループ」という一見ミスマッチな題材を組み合わせながらも、身近で共感あふれる新感覚オフィス・タイムループ・ムービー。情報解禁後は、SNSを中心に反響も高い『MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』が、いよいよ10月14日先行公開、10月28日全国順次公開となる。


 この度、予告編(竹林 亮監督紹介ver)が解禁された。冒頭の、俳優/映画監督・齊藤 工の「竹林 亮という才能が完っ全にバレちゃいましたね」という推薦コメントから始まり、昨年公開されSNSで話題となりロングラン・ヒットを記録した『14歳の栞』の映像や、国内外で5,000万回以上再生されたあさぎーにょ主演のYouTube短編映画「ハロー!ブランニューワールド」(動画名:もう限界。無理。逃げ出したい。)が盛り込まれ、竹林 亮監督の類まれなる映像センスを感じさせる。

 あわせて各界から推薦コメントも到着。齊藤 工は「“映画館で映画に満たされる”とはまさにこの感覚なのだと思います」とその映像体験を語り、YOUは本作で「言葉を交わし、矛盾をも共有するということが、心をつなぐ手段であること」を感じたとコメント。太田光代はケン・グリムウッドの代表的なループ小説「リプレイ」を引き合いにだし、本作を語っている。カツセマサヒコは「笑った、笑った。これは日本にしか作れない社畜コメディですね」と称賛。他、橘ケンチ(EXILE)、ジャガモンド斉藤(映画紹介人/お笑い芸人)、東紗友美(映画ソムリエ)、政池洋佑(脚本家『ハケンアニメ!』)、宮川サトシ(漫画家)、高野水登(脚本家『真犯人フラグ』)、嘉島唯(ライター)、かんそう(ブロガー・ライター)などからコメントが到着している。

▼ 齊藤 工(俳優/映画監督):
 悔しい程に面白い……。『14歳の栞』に続き本作にて竹林亮と言う才能が完っ全にバレちゃいましたね。
 “映画館で映画に満たされる”とはまさにこの感覚なのだと思います。
 憎き愛き“月曜日”の正体も分かった気もしました。
 摩訶不思議かつ何処か地続きな世界に80分間どっぷりと満たされました。

▼ YOU(タレント):
 言葉を交わし、矛盾をも共有するということが、心を繋ぐ大切な手段であることを、『MONDAYS』によってまた共有させてもらったような気がします。
 主婦の方などはまさに地獄ループにいるよう。それでも、毎日の家族を繋いでゆく。

▼ 太田光代(タイタン代表取締役社長):
 エンドレスの始まりは色、音、目覚めた瞬間の疲れ。まただ! 記憶は現実に無を繰り返す。「リプレイ」の小説家は誰だった? ケン・グリムウッド。あの小説を読んだ頃の私の記憶は今の私じゃない。

▼ カツセマサヒコ(小説家):
 時間がループするたび、社畜としての労働力が磨かれていくだと? なんだその悲しい『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は。と、思って観始めました。
 笑った、笑った。これは日本にしか作れない社畜コメディですね。

▼ 橘ケンチ(EXILE):
 『MONDAYS』は新しいタイムループの形を提案している! 時間の感覚を超え、仲間の大切さに気づき、社会問題に切り込む。コミカル・パニック・アドベンチャー・ムービーだ!
 ありがちな設定なのでは?と思われる方は、騙されたと思ってぜひ一度映画館で体験していただきたい!
 その際は月~金曜日に観るのが通かも? もちろん週末でもOK!

▼ ジャガモンド斉藤(映画紹介人/お笑い芸人):
 ヤバい、食らってしまった。
 8年間芸人の下積みをしている自分からすると、この物語を他人事で済ませることなんてできない! 毎日同じようなことを繰り返し、毎年同じ結果を味わって「いつここから抜け出せるんだろう?」なんて考えてしまうのは日常茶飯事。
 しかし、残念ながら僕の人生は繰り返してなんかない。なぜなら、こんなに面白い映画を観た記憶は微塵もないし超新鮮に楽しめたから!
 彼らと共に抜け出すぞ!このループ!

▼ 東紗友美(映画ソムリエ):
 細かな笑いも随所に詰まってるし、人生において何を優先にすべきかのメッセージもとても心に染みるものになっています。
 「人生いろいろあるけれど、結局今いる場所こそ最高」なんて思えたら。幸せですよね! 心からそう思えたのならばどれだけイマの見えかたがポジティブに変わるんだろう。身の回りの小さな嫌なことや自分のだめなところも、愛すべき欠点に昇華して、みえたり。シンプルに今日が愛しくなるような。
 そんな気持ちにさせてくれる映画でした。

▼ 政池洋佑(脚本家『ハケンアニメ!』):
 「お仕事」×「タイムループ」というありそうでなかった設定で期待感、爆上がり!……
 ……の一方、この世界観でどんなメッセージを観客に伝えてくれるのか。出オチじゃないのか。カタルシスとかある? ちょっぴり、厳しめの姿勢で鑑賞に臨んだら、コメディしつつ、骨太のメッセージも爆盛り! コメディと胸熱ムービーの二刀流。映画を観た後に、仕事を頑張りたくなる。これぞ「観るユンケル」。

▼ 宮川サトシ(漫画家):
 時代はもう令和で、僕たちも相当“タイムループ耐性”はできているはずだ。それでもこの予想のできない展開とテンポの良さに、“タイムループ慣れ”した人もきっと心地よい“タイムループ酔い”を味わうことができるだろう。……あと、これは言うのちょっと照れくさいんですが、鑑賞後、無性に机に向かいたくなりました。

▼ 高野水登(脚本家『真犯人フラグ』):
 タイムループ! お仕事讃歌! 働く人&映画あるある! 無駄にキレのいいアクション! 夢と現実! ギャグ! 人生の葛藤!
 まさにアイデアとエモのマシンガン! 蜂の巣にされました! 作んの楽しかったろうなあ……チクショー! 嫉妬しちゃう!

▼ 嘉島 唯(ライター):
 「働く人あるある」が散りばめられたコミカルかつテンポの良いストーリーに、ポップで可愛らしい演出が光る作品……と思いきや、噛めば噛むほど味わい深い1本。観終わると「私も何かを作りたい」という前向きな創作意欲が湧く、ビタミン剤のような効能があります。
 忙しさにかまけて忘れていたピュアな気持ちを思い出しました。

▼ かんそう(ブロガー・ライター):
 忙しすぎて「あれ? これループしてない?」と誰もが思ったことのある激務あるあるを飛躍させて一本の映画にしてしまう凄さ。
 絶望的な状況を打破するため仲間を増やしながら前に進んでいく社員たちの姿は勇者かと思ったし、最終的には世界を危機から救った感すらあった。何かに全力な人間は最高に格好良いと思わせてくれる映画。

■ 竹林 亮監督プロフィール

 1984年、神奈川県出身。
 コマーシャル、YouTube オリジナルコンテンツの制作会社を経て、2016年より独立し、CHOCOLATE Inc.に所属。時代を問わない普遍的なストーリーをもつ、あたたかな映像作品を得意とし、現在はコマーシャル、YouTubeコンテンツ、リモート演劇、映画等、表現は多岐にわたる。
 監督・原案・共同脚本を務めた、あさぎーにょ主演のYouTube短編映画「ハロー!ブランニューワールド」(動画名:もう限界。無理。逃げ出したい。)は国内外で5,000万回以上再生され、多数受賞。
 2021年3月には映画『14歳の栞』が公開。1館からのスタートだったが、SNSで話題となり36都市まで拡大した。

公開表記

配給:PARCO
10.14(金) 東京・渋谷シネクイント、大阪・TOHOシネマズ梅田、名古屋・センチュリーシネマ先行公開! 10.28(金)より全国にて順次公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました