イベント・舞台挨拶

『42-50 火光』初日舞台挨拶

©2022 スタンダードフィルム

 2022年10月7日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町にて、映画『42-50 火光(かぎろい)』初日舞台挨拶が行われ、宮澤美保、桂 憲⼀、加賀まりこ、深川栄洋監督が登壇した。

 本作は、深川監督が2019年から作り始めた2つの異なる自主映画作品を「sideA」「sideB」と称して連続して公開する取り組み=return to mYselFプロジェクトのうち、「sideA」として発表する『42-50 火光(かぎろい)』。

 子どもの頃は売れていた42歳・女優の佳奈と、脚本家の50歳の夫・祐司、ミドル世代に差し掛かった夫婦が、不妊治療というストレス、難病で死に向かう父、問題を複雑化させる姉妹、我が儘を拗らせる親たちなど切実な問題に葛藤する姿をユーモアを交えて描くヒューマン・ドラマであり、実の夫婦でもある深川栄洋監督と宮澤美保の結婚からの3年間を描いた私小説でもある。

 宮澤美保は自身の役を、そして夫の深川監督を桂 憲⼀が演じる。そして、深川監督と親交が深い加賀まりこが、監督の結婚祝いで伝えたある言葉が本作制作の大きなきっかけとなっている。

 撮影は、2021年の夏、2週間かけて敢行された。

 舞台挨拶のこの日の東京・有楽町は雨。司会の呼び込みと共に、宮澤美保、桂 憲⼀、加賀まりこ、深川栄洋監督が登壇。

 宮澤は「この映画は誰に頼まれたわけでもなく、自主的に作ったとても小さな映画なんですけど、このように立派な劇場で公開初日を迎えられること、とても嬉しく思っています」と挨拶した。

 夫婦でもある深川監督、宮澤をモデルにこの映画を撮った原点を聞かれると、深川監督は、「僕は、20歳から27歳くらいまで自主映画を撮ってたんですが、その時にお客さんが喜んでくれたのは、自分が体験したことや身の回りを題材にした作品。なので、久しぶりのオリジナル映画となる本作では、自分たち夫婦が結婚して3年くらいの間に起こったことを私小説として映画にしたらお客さんに響くのかなと思いました」と明かした。

 最初に台本を読んだ時のことを聞かれた宮澤は、「最初は『お願いだからこれはやりたくない』と思いましたね(笑)。あまりにも自分たちのことが描かれすぎて、世の中の人にお伝えしていいんだろうか」と感じたことを振り返った。

 そして、深川監督自身の役を桂 憲⼀にオファーすることになったのは、「私の提案だった」と宮澤。「19年前に(桂さんと)一緒に舞台をやったことがあって、そこから連絡は取ってなかったんですけど、演技がとても素晴らしいのはもちろん、なんとなく(深川)監督の持っている雰囲気と似たものがあるなと思い、監督におすすめしました」。

 そのオファーを受けた桂は、「監督と会ってお話しし、そして台本も読んだところ、ぜひやらせていただきたいなと思いました。宮澤さんには、よくぞ僕のことを思い出してくれた!と思いました」と、喜んで引き受けたそう。

 そして、祐司にアドバイスする“女優”を演じた加賀まりこが、「私が監督の結婚祝いの時に言ったことをベースに、この作品の脚本を書いたと口説かれて、それは責任取らなきゃと思って」と、オファーを受けた理由を明かすと、深川監督は、次のように説明した。
 「僕が40歳で妻と結婚した時に、加賀さん、天海祐希さん、内田有紀さんが結婚祝いの食事会を開いてくれて。その時に加賀さんが『あなたはこれからどんなことがあっても妻の味方にならなきゃダメなのよ』とおっしゃって。それが結婚生活の中で、ずっと自分の中の指針になっていました。夫婦の間の潤滑油にもなっていましたね」。
 そして、最初に脚本を読んだ時の感想を聞かれた加賀は、「ちょっとあまりにも私小説すぎない? お客さんに素敵な夫婦って思ってもらえるのかな?」と不安を感じたものの、「この夫婦のことを『素敵!』と思うか、『気持ちワル!』と思うかどちらかね。私は2人をよく知ってるので、素敵と思いました」と感想を吐露。さらに完成した映像を観て「美保さん、よくやった!」と感じたという。宮澤も「自分の家が撮影現場だったので、朝起きて、役を演じるまでが全部繋がっていて(笑)、とても不思議な感覚だったんですけど、後にも先にも今回しかできないだろうなって思って楽しかったです」と振り返った。

 一方、加賀との共演シーンについて聞かれた桂が「大女優さんだから私は緊張していたんですけど、加賀さんがその緊張を解いてくださったおかげで、とても和やかな雰囲気の撮影現場でした」と話すと、加賀は「私は監督ととても親しいので、その親しさが映像に出ればいいなと思ってたんですけど、(桂さんの)目は怯えてたよね(笑)」と、桂を落ち着かせようとした理由を明かし、場内は笑いに包まれた。
 ここで時間となり、次のように宮澤と深川監督が最後のメッセージを伝え、舞台挨拶の幕が閉じた。
 「この作品の輪をこれからゆっくり時間をかけて広げていきたいなと思っています。よろしくお願いします」(宮澤)、「僕自身の大きなチャレンジとなった作品なので、一人でも多くの人に観ていただきたいなと思っております。監督と役者が夫婦というのはあまりない状況ですけど、この映画を観ていただくと、そこにも親近感を持っていただけるんじゃないかなと思っています。この映画を観ていただいた方は“親戚”だと勝手に思っておりますので、ご友人やご家族にもこの作品の輪を広げていってください」(深川監督)。
 映画『42-50 火光(かぎろい)』は、ヒューマントラストシネマ有楽町・下北沢トリウッド他全国順次公開中。なお、下北沢トリウッドでは連日、上映後にトークイベントも実施する。

登壇者:宮澤美保、桂 憲⼀、加賀まりこ、深川栄洋監督

連日トークイベント開催!

 10/9(日)13:10 宮澤美保・春日井静奈(佳奈の友達/恭子役)
 10/10(月・祝)16:20 ※上映前 深川栄洋・宮澤美保
 10/12(水)19:00 宮澤美保・市原洋(祐司の仕事関係/リサーチャー本田役)
 10/13(木)19:00 宮澤美保・八木さおり(祐司の次姉/亮子役)
 10/14(金)19:00 宮澤美保・棚橋ナッツ(祐司の次姉の夫/康介役)・佐々木史帆(鍼灸院の職員/鶯谷のゴッドハンド役)

製作・配給:スタンダードフィルム
配給協力:ポレポレ東中野
『42-50 火光』10月7日(金) ヒューマントラストシネマ有楽町・下北沢トリウッド他全国順次公開
『光復』12月9日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町・下北沢トリウッドほか 全国順次公開!

(オフィシャル素材提供 文・写真:三平准太郎)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました