作品紹介

『42-50 火光』

©2022 スタンダードフィルム

イントロダクション

 自主映画からキャリアをスタートさせて以降、『白夜行』や『神様のカルテ』、「桜のような僕の恋人」「和田家の男たち」など映画やテレビなど数々の作品を手掛けてきた深川栄洋監督。そんな深川監督が、2019年から作り始めた2つの異なる自主映画作品を「sideA」「sideB」と称して連続して公開する取り組み=return to mYselFプロジェクトを立ち上げた。
 「sideA」として発表する『42-50 火光(かぎろい)』は、子どもの頃は売れていた42歳・女優の佳奈と、脚本家の50歳の夫・祐司、ミドル世代に差し掛かった夫婦が、不妊治療というストレス、難病で死に向かう父、問題を複雑化させる姉妹、我が儘を拗らせる親たちなど切実な問題に葛藤する姿をユーモアを交えて描くヒューマン・ドラマで、2022年10月7日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町、下北沢トリウッドでの劇場公開が決定している。
 深川監督と、監督の妻でもある宮澤が、結婚後3年の間に起きたことがベースの私小説的な作品となった本作。“子役の頃は売れていた”42歳の女優・佳奈を演じたのは、『櫻の園』の宮澤美保。そして深川がモデルとなっている、“それなりに仕事のある”脚本家・祐司役には、劇団 花組芝居の桂 憲一。
 なおsideBの『光復(こうふく)』は、12月9日(金)に公開となる。

ストーリー

 50歳、祐司は脚本家。42歳、佳奈は女優。2人は2年前に結婚した夫婦であり、夫の母と同居している。
 佳奈は最近、自分の演技に限界を感じていた。「子どもを産んだことのない自分には、母親の役が上手くできない」と。夫の祐司とは積極的に子作りを意識していなかったが、家族会議で不妊治療を始めることになる。夫婦は不妊治療の現実を知ると、42歳はかなり遅いスタートになったと理解する。いろいろな情報や困難に悩みながらも、子どもという希望が二人の日々を明るくしていく。
 しかし、ある時、佳奈の父、徹(69)が難病指定のALSを発症していることが分かる。夫婦の生活は不妊治療と難病の父を支える日々。ストレスが重なる佳奈は、同居する祐司の母、容子とボタンの掛け違いを生んでいく。
 「姑と妻の問題」に直面した祐司は、離れて暮らす姉妹に相談するが、「二人の小姑」の存在は問題をより複雑に炎上させていく。
 ミドル世代に差し掛かる夫婦には、若い夫婦よりも2倍3倍のストレスが降りかかる。不妊治療というストレス、難病で死に向かう父、問題を複雑化させる姉妹、我が儘を拗らせる親たち……。東京で暮らす夫婦の実態を見つめた映画を通じて、観客は日本人の今(リアル)を知ることができる。結婚について、親と子について、妊娠について、死について、私たちは答えを出せるのだろうか――。

(2022年、日本、上映時間:94分)

キャスト&スタッフ

監督・脚本:深川栄洋
プロデューサー:不二正人
撮影監督:安田 光
録音:植田 中
音楽:平野真奈
仕上げ:豊里泰宏
CG:田中貴志
整音効果:丹雄二
キャスティング:原田 信
助監督:遠藤健一、金子周平
撮影助手:髙橋慶太
編集:坂東直哉
宣伝:平井万里子
出演:宮澤美保、桂 憲一、白川和子、 吉田幸矢、須永千重、八木さおり、棚橋ナッツ、春日井静奈、 古山憲太郎、梅里アーツ、市原 洋、加賀まりこ、柄本 明ほか

公開表記

製作・配給:スタンダードフィルム
配給協力:ポレポレ東中野
『42-50 火光』10月7日(金) ヒューマントラストシネマ有楽町・下北沢トリウッド他全国順次公開
『光復』12月9日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町・下北沢トリウッドほか 全国順次公開!

オフィシャル・サイト

kagiroi-movie.com (外部サイト)

ギャラリー

©2022 スタンダードフィルム

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました