イベント・舞台挨拶

『川のながれに』公開記念舞台挨拶

©Consent / Nasushiobara City

 那須塩原の美しい自然を舞台に母を亡くし一人になった青年の癒しと成長を描く映画『川のながれに』が11月25日(金)に初日を迎え、主演の松本享恭、前田亜季、杉山嘉一監督、川岡大次郎プロデューサーによる公開記念舞台挨拶が翌26日(土)に池袋シネマ・ロサにて実施された。

 自然と人の温かさに魅入られ癒される映画の余韻が残る中、大きな拍手で迎えられ、まずは君島賢司役で主演の松本享恭の一言挨拶から始まった。「本日はお越しいただきありがとうございます。プロデューサーの大次郎さんから始まって那須塩原で撮影した作品が公開できることが嬉しいです。本日はよろしくお願いします」。


 那須塩原へ移住してきたイラストレーター森音葉役の前田は「映画館に足を運んで見ていただけて感謝しております。撮影はちょうど一年前のこの時期でしたがタイトなスケジュールの中、一丸になって作った作品です。心に残る作品になったらいいなと思っています」。


 監督の杉田は「本日は池袋までお越しいただきありがとうございます」。
 主人公の賢司は彼の人生にとって自然、川の存在が大きく影響しており箒川でSUPをする自然とマッチした役を演じるにあたって自然の力をもらったと思うが、父親役の音尾琢真との撮影について「本当に大先輩ですごく与えてもらった撮影でした。最初は緊張ましたが釣りやサーフィンの話で普段は親しみやすいけれど、お芝居では言葉にできないくらい引き出してもらいました」。杉田監督からは「引っ張られてたよね」という突っ込みが。松本は「引っ張られすぎて松本享恭として泣かないようにと線引きして耐えてました」。音尾とのあるシーン(亡くなった母親の仏壇前)では「ちょっと俯いたらポロっと涙が落ちそうないい表情だったけど、ここではまだ駄目だよと」話しましたと監督は語る。
 音尾の凄さを監督は「ちょっと芝居のニュアンスを伝えると、『やってみます』といって僕の希望を超える演技をしてくれる」と語る。


 更に焚火のシーンでのエピソードを挙げて「長台詞を各役者のアップを撮ってる時もやってくれて(引き出してくれた)」。
 二人のSUPのシーンでは待ち時間に「役者として何歳くらいでどう役が変わってくるとか話してました」。
 そのようなプライべートの話で親子の関係の絆を作った。SUPで川に落とすシーンがあるが、そのシーンについては「あそこは容赦なく(笑)」。
 離れてた親子が一つになったように感じさせる、そんな温かいシーンに仕上がっている。

 世界中を旅したのちに那須塩原に移住してくる、賢司や町にとって大きな影響を与えるイラストレーターを演じるにあたってどう感じたかという質問に、前田は「世界中を旅して今は那須塩原に移住してきた女性で、いろんな女性が出てきますが、私は賢司くんとは同志でその土地を盛り上げることはあるけど、恋とかとは違って、彼を応援する人だと思いました」と語る。
 旅仲間として特別出演した青木崇高について「とっても楽しい撮影で、青木さん自身がバックパッカーで、現場でのその話をたくさんしてもらいました」。
 青木の衣装も自身のもので世界を旅した時のものだ。監督は「衣装合わせにパンパンに持ってきて、ウズベキスタンやブラジルとかで着てたものを持ってきてくれて、説得力のある役になった」と喜ぶ。川岡は「客観的にみて本当に親しい人たちに見えた。共演したことがあるのかと思った」と前田に聞くと、「初めましてでした。本当に話しやすくていろいろな話をしたので本当に旅先で会っていたような錯覚をするくらい。本当ありがたかったです」と語る。
 監督が「若者チームも青木さんに引っ張られるような、パワーが凄い」というと、松本が「会った瞬間のパワーがあって、圧というか」と語り、前田は「親しみが出すぎて、音葉じゃない感じになったから、気をつけようと思った。そういうパワーがある人」と、口々に青木の撮影時のエピソードを語った。

 この映画の魅力の一つとして素晴らしい那須塩原の自然が描かれているが、撮影について大変だったことを聞かれると、監督の杉山は「スタッフ・キャストは一丸になって濃密な日々でその気持ちがなければ撮れなかったなと。あとは地元の人たちの情熱ですね、裏で撮影を手助けいただくのありますが、今までの映画や映像で写ってない場所で地元の人も知らないような見たことないような場所を惜しみなく教えていただき、それに圧倒されるという。俳優の皆さんも那須塩原の自然がお芝居をさせてくれたって言うんです。そういう場所でできて素晴らしかった。映画を観ていただいた方で川瀬巴水という版画家に興味をもっていただいたら、ここ(映画内)に出てない作品も那須塩原にありますし、日本全国旅をしているので美しい作品が那須塩原に現存しています」と熱弁。スティーブ・ジョブスが愛した作品もあり、那須塩原のホテルに飾ってあるという。

 川岡が最後に「地元の方々の協力」がなければ成立しない、低予算で制作しました撮影も終了し公開もして(那須塩原では)3週目に入りました。東京やどんどん公開していきますので広めていきたと思っています。ぜひ皆さん映画の後押しをここからお願いいたします」と締めの言葉を送ると、監督は「那須塩原・東京支部みたいな感じに思っています!」、川岡は「ぜひつぶやいてください。監督から“いいね”がつきます」と場内を笑わせていた。


 舞台挨拶は終始和やかな雰囲気で行われ、本作同様に温かい空気に包まれながら幕を閉じた。

登壇者:松本享恭、前田亜季、杉山嘉一監督、川岡大次郎プロデューサー

(オフィシャル素材提供)

公開表記

 配給:株式会社コンセント
 11月11日(金) フォーラム那須塩原にて先行上映
 11月25日(金)より池袋シネマ・ロサ、シモキタ-エキマエ-シネマ K2他にて全国順次公開中

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました