作品紹介

『Dr.コトー診療所』

©山田貴敏 ©2022映画 「Dr.コトー診療所」製作委員会

イントロダクション

 2003年フジテレビの木曜10時枠で放送された連続ドラマ「Dr.コトー診療所」。累計発行部数1200万部を超える山田貴敏の同名漫画を元に、平均視聴率19%、最高視聴率22.3%の大ヒットとなった。続く2006年に放送されたシーズンは、前シーズンを上回る平均視聴率22.4%、最高視聴率25.9%という驚異の高視聴率を記録。医療ヒューマン・ドラマの原点として語り継がれているシリーズが16年ぶりに新たな物語を紡ぐ。
 東京から僻地の離島に赴任してきた外科医“Dr.コトー”こと五島健助を演じるのは、吉岡秀隆。日本を代表する俳優のひとりである吉岡が、自身の代表作であり代表役ともいえる“コトー”を、16年ぶりに演じる。そして、診療所を支える看護師であり、コトーの妻となった五島彩佳を演じるのは柴咲コウ。さらには時任三郎、大塚寧々、大森南朋、朝加真由美、泉谷しげる、筧 利夫、小林 薫という日本を代表する名優たち、さらに一度は俳優を引退した富岡 涼が本作のためだけに復帰、再集結した。加えて、診療所にやってくる新米医師に髙橋海人、彩佳の背を追う看護師として生田絵梨花が出演。歴史ある「コトー」の世界に新たな風を吹き込む。
 本作の監督を務めるのは、ドラマ・シリーズでも演出を務めた中江 功。脚本は、同じく連続ドラマ全作を執筆してきた吉田紀子。そして主題歌はシリーズの代名詞とも言える、中島みゆき「銀の龍の背に乗って」。さらにはカメラマンや美術チームをはじめスタッフ陣も本作のために再結集。名作ドラマ・シリーズを世に贈り出したオリジナルキャスト(&新キャスト)&スタッフが、「Dr.コトー診療所」の“今”を描く。放送から16年。世界はめまぐるしく変化してきた。
 蒼い空と美しい海に囲まれ、雄大な自然を内包する島で、今もなお、そこに生きている人々。時を経て変わるもの、変わらないもの、そして何よりも尊い人と人とのつながりを丁寧に、大切に描く。そんな「Dr.コトー」は今、この世界に、何を届けるのか。

ストーリー

 日本の西の端にぽつんと在る美しい島・志木那島。本土からフェリーで6時間かかるこの絶海の孤島に、19年前東京からやってきた五島健助=コトー(吉岡秀隆)。以来、島に“たったひとりの医師”として、島民すべての命を背負ってきた。長い年月をかけ、島民はコトーに、コトーは島民に信頼をよせ、今や彼は、島にとってかけがえのない存在であり、家族となった。数年前、長年コトーを支えてきた看護師の星野彩佳(柴咲コウ)と結婚し、彩佳は現在妊娠7ヵ月。もうすぐ、コトーは父親になる。二人と共に暮らす彩佳の両親・正一と昌代、漁師の原剛利、ご意見番の重雄や漁師仲間、スナックを営む茉莉子、診療所を手伝う和田らが、今日もそこで静かに暮らしている。
 2022年現在、日本の多くの地方がそうであるように、志木那島もまた過疎高齢化が進んでいる。現実を前にしながらも、コトーの居る診療所があればまあ大丈夫だろうと、皆心のどこかで思っていた。16年間経った今も蒼く広がる海や水平線、波の音、夜空の星の輝きは変わらないが、島は少しずつ変化している。そんな診療所の穏やかな日常にもある変化が忍び寄っていることを、誰もまだ気づいてはいない――。

 (2022年、日本)

キャスト&スタッフ

原作:山田貴敏「Dr.コトー診療所」(小学館)
監督:中江 功
脚本:吉田紀子
主題歌:中島みゆき『銀の龍の背に乗って』
   (ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス/ヤマハミュージックコミュニケーションズ)
キャスト:吉岡秀隆、柴咲コウ
     時任三郎、大塚寧々、髙橋海人(King & Prince)、生田絵梨花
     蒼井 優、神木隆之介、伊藤 歩、堺 雅人
     大森南朋、朝加真由美、富岡 涼、泉谷しげる、筧 利夫、小林 薫

ギャラリー

オフィシャル・サイト

 https://coto-movie.jp/(外部サイト)

公開表記

 配給:東宝
 2022年12月16日より全国東宝系にてロードショー

(オフィシャル素材提供)

関連作品

Translate »
タイトルとURLをコピーしました